glo

VAPEとグローを徹底比較!特徴やメリットも紹介するよ

  1. HOME >
  2. 加熱式タバコ >
  3. glo >

VAPEとグローを徹底比較!特徴やメリットも紹介するよ

電子たばこがヒットし大分経ちましたが、実に様々な種類のデバイスが販売されています。

今回は数ある電子デバイスの中でも「グロー」と「VAPE」に着目し、その違いや特徴、メリットについて詳しくご紹介していきます!

 

VAPEとグローを比較してみよう

VAPEとグロー、同じ電子タバコというカテゴリになりますが、一体どのような違いがあるのでしょうか。

私はどちらも使用したことがありますが、実際に利用して感じた部分もご紹介していきますね。

大きく分けるとVAPEとグローには3つの違いがあります。

VAPE グロー
ニコチン含有の有無
毎月のランニングコスト 3000円ほど 13800円ほど
匂い ほぼなし 独特な匂いあり

 

ニコチンの含有量

タバコ

VAPEはニコチンが一切含まれていないのに対し、グローはニコチンが入った電子タバコです。

グローはタバコ葉を高温で加熱して使用しますが、VAPEはニコチン0のリキッドを電力で温めて水蒸気として吐き出すものです。

 

ちなみに日本では法律上VAPEにニコチンを入れていませんが、海外ではニコチン入りのVAPEが主流となっています。

どうしてもニコチン入りのリキッドを使いたい人は海外から個人輸入をするか、国内でも販売しているショップで購入することもできます。

 

ランニングコスト

貯金箱

そして毎月のランニングコストですが、表を見ていただいても分かるように、圧倒的にVAPEがお得ですよね。

例えば460円のスティックを毎日1箱使用すると仮定すると、13800円の支出となります。

しかしVAPEは約4分の1ほどの金額で済んでしまいます。

これは毎月のたばこ代が苦しい方には嬉しい内容ですね!

 

匂い

タバコの煙

VAPEとグローは匂いが全く違います。グローはたばこ葉を高温加熱し煙を出すのですが、この時に独特な匂いを発生させます。

ただ、高温で加熱すると言っても、グローは外側を温める仕様だからなのか、中から加熱するアイコスに比べると匂いは少なく感じます。

 

一方、VAPEは煙がたくさん出ますが煙独特の燃焼するような匂いはほぼ無臭です。

グローもこれまでの紙タバコに比べると匂いは少ないですが、さらにVAPEは軽減しています。

あとは使用するリキッドによります。例えば、フルーツ系のリキッドを吸えばフルーツの香りが、クリーム系のリキッドを吸えば甘い香りが、といった具合です。

 

VAPEとグローに共通する点

ここまでVAPEとグローの違いについてご紹介しましたが、逆にVAPEとグローの共通点は何なのでしょうか?

個人的には、下記のような共通点があると思います。

  • 電子タバコ
  • 機械なので故障することがある
  • クリーニングが必要
  • 紙タバコより害は少ない

上記で記載したように、VAPEもグローも電子デバイスですので、充電して利用する電子機器であることが互いに共通している点です。

 

また、電子機器のため不具合が起こることがありますし、定期的にお手入れをしてあげる必要性もあります。紙巻たばこは使ったら捨てていたため、ここは面倒かもしれません。

そして、従来の電子タバコに比べるとどちらも体に対する負担は確実に軽減されているところも共通しているといえますね。

 

VAPEの特徴

VAPE

VAPEはフレーバーの種類が100種類以上ということで、実に様々な味が用意されています。

自分好みのフレーバーを見つける楽しみもありますし、喫煙者でなくとも、リラックス効果を求めてハーブ系のリキッドを使用する方もいます。

【2020年】電子タバコVAPE(ベイプ)のリキッドおすすめをタイプ別に紹介 - Capnos

 

また、先ほどお伝えしたニコチン0であることや、コスパの良さ、匂いがほとんどないという点も特徴として挙げられます。

 

ただ、VAPEを使う際にはメンテナンスが少し面倒です。

具体的にはリキッドを自分で注入したり、掃除の手間などがあります。

メンテナンスを怠ってしまうと故障に繋がったり、液漏れする原因となるため注意しましょう。

VAPEとは?ベイプを使うことのメリットやデメリットもあわせて紹介 - Capnos

 

グローの特徴

グロー

グローは電子デバイスの中でもバッテリーの持ちが良い商品です。

フル充電で20本連続使用できるので、ヘビースモーカーの方にはありがたい性能ですね。

またグローは、スティックを周りから加熱するタイプです。

その為汚れやカスが溜まりにくいのですが、メンテナンスしやすい商品にもなっています。

glo(グロー)の使い方を徹底解説!グローの完全マニュアルを説明するよ - Capnos

 

結局どっちがいいの?

最終的にVAPEとグロー、どちらを選ぶべきなのでしょうか?

VAPE:禁煙したい、もしくはファッション感覚で利用したい人

グロー:たばこ感を求める人、面倒くさがりな人

そもそもVAPEはニコチン0なのでたばこ感を優先したい人には向いていないことになりますが、禁煙したい方にはもってこいの商品です!

グローはたばこ感を優先するほか、お手入れの簡単さ、連続吸いできるスタミナがありますので、面倒くさがりな方にぴったりです。

 

まとめ

いかがでしたか?今回はVAPEとグローの違いについてご紹介いたしました。

同じ電子タバコという種別ですが、いろんな違いがありましたね。

是非参考にしてみてください。

 

関連記事

新製品のglo sens(グローセンス)とは?発売日や価格、機能を詳しく紹介 - Capnos

グローのフレーバーの種類を総まとめ!おすすめフレーバーも紹介 - Capnos

 

JTから最新の加熱式タバコが販売開始

プルームエス2の感想

日本たばこ産業(JT)から最新の加熱式タバコが販売されました。

Ploom S 2.0という製品でメンソールに特化した最新モデル。

  • メンソールの清涼感とキック感がアップ
  • 長い喫煙時間でゆっくり楽しめる
  • 連続20本吸いが可能

アイコスよりも手頃な価格で販売されているのも◎。

乗り換えや2台目としてもオススメ!

関連記事 【レビュー】Ploom S(プルームエス)2.0 メンソール特化型デバイスを試してみた  

あなたにオススメ

  • この記事を書いた人
CAPNOS[カプノス]編集部

CAPNOS[カプノス]編集部

電子タバコの総合情報メディア「CAPNOS(カプノス)」編集部。 当メディアでは加熱式タバコや電子タバコに関する情報を毎日発信します。

特集

喫煙する男性 1

国内では様々な加熱式タバコが販売されています。 普段、紙巻きタバコを利用している人で以前から加熱式タバコが気になっていた人という人もいるでしょう。   当記事では、下記のようなユーザーに向け ...

テレワーク 2

コロナウイルスの影響で仕事がオフィスワークからテレワークに変わった人も多いのではないでしょうか。 新しい働き方として注目される一方で、在宅ワークゆえに喫煙に関する問題も浮上しています。 テレワーク環境 ...

ニコレスとアイコス 3

アイコスで使える互換スティック「ニコレス 」 ニコチンゼロで吸える製品ですが、ニコレスで禁煙生活は可能なのでしょうか? 実際に2週間試してみた感想を紹介します。   ニコレスで禁煙生活 ニコ ...

タバコ 4

年々、タバコ代は上がっておりタバコの出費も増えてきている昨今。 1箱1000円まで上げるという話しも政府内から出たりしています。喫煙者にとっては肩身が狭い状況ですが、毎月のタバコ代の出費もばかになりま ...

-glo

© 2020 CAPNOS