VAPE

ドクターベイプとアイコスの違いは?実機を交えて違いを紹介

  1. HOME >
  2. VAPE >

ドクターベイプとアイコスの違いは?実機を交えて違いを紹介

300万本を売り上げた電子タバコのDR.VAPE(ドクターベイプ)。

一方で国内で加熱式タバコのシェアトップを誇るアイコス。この二つはどのような違いがあるのでしょうか?実際に両商品を比較した違いを紹介します。

 

ドクターベイプとアイコスは全く違う商品

結論から先に言うと、ドクターベイプとアイコスは全く違う商品です。

電子タバコという大カテゴリは同じように感じますが、味わいや使用方法などの面で大きく異なります。(アイコスは正確には加熱式タバコ)

 

以下でドクターベイプとアイコスの特徴や両者の違いを詳しく解説していきます。

 

ドクターベイプの特徴

ドクターベイプを使用

ドクターベイプは電子タバコと呼ばれるジャンルで、その中でも密封型に分類されます。

日本で電子タバコと呼ばれる製品は、自身でリキッドをアトマイザーと呼ばれる部分に充填します。

このリキッドをバッテリー本体から供給する電力によって加熱し、発生した蒸気(ミスト)を吸引するものです。

 

ドクターベイプもこの構造と同じですが、一般的な電子タバコと異なるのはすでにリキッドが充填されているフレーバーカートリッジを使用する点。

ボトルフィルされたフレーバーカートリッジを使うので、自分でリキッドを充填する手間も少なくメンテナンスもすごく楽です。

 

アイコスの特徴

アイコス3

一方でアイコスは加熱式タバコと呼ばれる非リキッドタイプの製品。

ドクターベイプはリキッドを暖めてミスト発生させる仕組みですが、アイコスはヒートスティックと呼ばれるタバコ葉が詰まったスティックを加熱して煙を発生させます。

直接、火を使わずに煙を発生させるのは従来の紙巻きタバコとは違う点です。直接、火を使わずに間接的な熱で煙を発生させる「燻製」をイメージすると分かりやすいでしょう。

 

直接、火を使わないと言ってもタバコのスモーキーさはしっかりとあり紙巻きからアイコスに移行するユーザーも多いです。

 

ドクターベイプとアイコスの決定的な違い

ドクターベイプ本体とカートリッジ

それではドクターベイプとアイコスの決定的な違いはどういったものがあるのでしょうか?

両者の一番の違いは「味」の違いにあります。

アイコスは紙巻きタバコを別の切り口で加熱し煙を発生させる製品。紙巻きタバコに比べると落ちますが、タバコ本来の喫味・スモーキーさがあります。

一方でドクターベイプはリキッドにメンソール 味やフルーツ味、タバコ味を添加し水蒸気を吸引するもの。吸いごたえやスモーキーというのはアイコスに比べると落ちてしまいます。

 

ドクターベイプ最大のメリット

ドクターベイプのカートリッジ

アイコスの方が吸い応えがあるならば、アイコスでいいじゃないかという話しになりますが、それもまた違います。

ドクターベイプは電子タバコというジャンルではありますが、タバコと考えない方がしっくり来ます。

 

ニコチンゼロ、タールゼロ、タバコの嫌な臭いゼロというのがドクターベイプの最大の特徴。

ドクターベイプのコンセプトは公式サイトでも触れられていますが、

「世界一おいしくて健康な電子タバコ」

 

禁煙をしたい人や健康的な理由でタバコを辞めようか検討している人に最適な商品と言えます。

 

コストの違い

次にドクターベイプとアイコスのコストの違いを見ていきましょう。

両者の本体価格や消耗品(タバコスティックとフレーバーカートリッジ)の価格や単価をそれぞれ比較します。

なお、比較に際しての条件は以下の通りです。

  • ドクターベイプの本体は割引後の価格を適用(8500円→3500円)
  • ドクターベイプのカートリッジも割引後の価格を適用(2700円→2000円)
  • アイコス本体は最新のDUOを比較
  • パフ回数はタバコ1本あたり10パフで想定

 

ドクターベイプ アイコス
本体価格 3500円 9980円
消耗品(タバコ部分) 666円(2000円で3セット入り) 520円
喫煙本数 50本分(500パフ) 20本分
1本単価 13.3円 26円

数値上での計算ですが、アイコスに比べてランニングコストはおよそ5割減といったところでしょうか。

ドクターベイプは1カートリッジで500パフ吸えるので、アイコスに比べてコストを抑えることができます。

 

本体価格がアイコスの1/3程度で購入できるのも魅力ですね。

ただし、この金額はドクターベイプの公式サイトから購入した場合だけ適用される特典なので注意してください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ドクターベイプとアイコスの違いについて紹介しました。

電子タバコ、加熱式タバコと似たような印象を受けますが、両者は全く異なる製品と言っても差し支えないでしょう。

吸いごたえ、ニコチンの有無、煙の臭い、コストなど様々な面で異なります。

自身のニーズに合った製品を探す際の材料にしてください。

ドクターベイプの購入を検討している人は、公式サイトからの購入がおすすめですよ。

>>DR.VAPE(ドクターベイプ)公式サイトを見る

 

【関連記事】

ドクターベイプの口コミや評判は?実際に使った感想を交えてレビュー

 

ニコチン0、タール0、タバコの臭い0の電子タバコ

ドクターベイプモデル2-9
健康増進法の改正に伴い屋内での喫煙はますます厳しいものに。

そういった背景から注目を集めているのが、ニコチン・タール・タバコの臭いがゼロの電子タバコ「Dr.VAPE(ドクターベイプ) 」です。

楽天市場で売り上げ記録3冠を達成した人気のデバイスで、人気の秘密は美味しさにこだわったフレーバー。

  • 禁煙に挑戦しようと思っている
  • 電子タバコを始めようと思う
  • 肺や喉の健康が気になる

こういった人にはおすすめの電子タバコです。ぜひチェックしてみてください。

>>DR.VAPE公式サイトを見る



あなたにオススメ

×
  • この記事を書いた人
CAPNOS[カプノス]編集部

CAPNOS[カプノス]編集部

電子タバコの総合情報メディア「CAPNOS(カプノス)」編集部。 当メディアでは加熱式タバコや電子タバコに関する情報を毎日発信します。

特集

ニコレスメンソールとミント 1

アイコスなどの加熱式たばこで使えるノンニコチンのタバコスティック市場が熱いです。 たばこのような喫味でありながらニコチンゼロという製品。気になっている人も多いのではないでしょうか? 今回は加熱式たばこ ...

喫煙する男性 2

国内では様々な加熱式タバコが販売されています。 普段、紙巻きタバコを利用している人で以前から加熱式タバコが気になっていた人という人もいるでしょう。   当記事では、下記のようなユーザーに向け ...

ニコレスとアイコス 3

アイコスで使える互換スティック「ニコレス 」 ニコチンゼロで吸える製品ですが、ニコレスで禁煙生活は可能なのでしょうか? 実際に2週間試してみた感想を紹介します。   ニコレスで禁煙生活 ニコ ...

タバコ 4

年々、タバコ代は上がっておりタバコの出費も増えてきている昨今。 1箱1000円まで上げるという話しも政府内から出たりしています。喫煙者にとっては肩身が狭い状況ですが、毎月のタバコ代の出費もばかになりま ...

-VAPE
-

© 2020 CAPNOS[カプノス]