glo ニュース

グローから新モデル「glo Hyper+(グローハイパー プラス)」が発売。グローハイパーとの違いは?

  1. HOME >
  2. 加熱式タバコ >
  3. glo >

グローから新モデル「glo Hyper+(グローハイパー プラス)」が発売。グローハイパーとの違いは?

2021年に入ってどこのたばこ会社が1番初めに新製品を発表するかな?と思っていたら、さっそくグローから発表されました。

「glo Hyper+(グローハイパー プラス)」というグローハイパー の後継機。

「glo Hyper+(グローハイパー プラス)」の発売日や価格、グローハイパーとの違いを紹介します。

 

glo Hyper+(グローハイパー プラス)概要

グローハイパープラス1

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンは先日、新機種のプレスリリースを発表しました。

「glo Hyper+(グローハイパー プラス)」という製品でグローハイパーの後継機にあたるデバイスです。

新しい加熱方式を採用し、ブーストモードではグローハイパーより10度高い加熱温度を実現しています。

 

グローハイパーとの違い

メーカーのホームページでグローハイパーとのスペック表を確認しましたが、重さやサイズ、バッテリー容量はほぼ変わりません。

グローハイパー比較表

使用時間や連続使用回数も変更ありませんね。

では、どういった点が変更しているのでしょうか?

変更点を以下に列挙してみます。

  • ブーストモード時の加熱温度が10度アップ
  • デザインのカスタマイズ性がアップ
  • 価格が780円→980円にアップ

価格がグローハイパーより200円高く設定されています。(どちらも安い金額ですが...)

 

選べるカラーの選択肢が増えた

グローハイパープラス2

デザインのカスタマイズについて補足すると、選べるカラーの選択肢が最大で24種類あるということです。

本体カラーはブラック、ゴールド、ブルー、ホワイトの4種類。

本体側面に付けるパネルカラーは6種類。

4×6の計24種類をユーザーの好みで選択することができます。

 

グローハイパープラスに見る2021年度の考察

グローハイパープラス3

グローハイパープラスの特徴で目を引いたのがブーストモード時の加熱温度が10度高いこと。

一般的にたばこ葉は加熱温度が高いほどキック感や喫味がアップします。

反対に温度が低ければ喫味やキック感は少なくなり、着香されたフレーバーの味わい(メンソールやフルーツ)が増します。

 

2020年以前はメンソールやフルーツ系銘柄がたくさん発売されましたが2021年度はこの流れが少し変わるのでは?と予想しています。

先日、アイコスからレギュラー系銘柄のヒーツ・ピュア・ティークが発売されました。

ヒーツピュアティーク6

以前は新銘柄の発売ではメンソール系やフルーツ系が目立っていましたが、2020年後半くらいからレギュラー系銘柄の発売が各社目立つようになりました。

アイコスを販売するフィリップモリス社もプレスリリースでメンソール派とレギュラー派のユーザーは半々と言っていましたしね。

 

2021年度はそういった背景もありたばこ本来の喫味を重視した原点回帰の流れになるのではないでしょうか。

そういった意味で加熱温度の高い喫味重視のデバイスがグローから発売されたのは何らかの布石かもしれません。

 

glo Hyper+(グローハイパー プラス)発売日

グローハイパープラスの発売日は2021年1月12日。

全国のグロー ストア及びグローオンラインストアで発売されます。

価格が980円と非常に安いのでグローユーザーの買い替えや紙巻きたばこからの転向組はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

画像引用:グロー公式サイト

 

【2021年1月13日追記】

グローハイパープラスをゲットしたので、さっそくレビューしました。前モデルとの違いも詳しく紹介しています。

【レビュー】グローハイパープラスを試してみた。グローハイパーとの違いも紹介

 

ニコチン0、タール0、タバコの臭い0の電子タバコ

ドクターベイプモデル2-9
健康増進法の改正に伴い屋内での喫煙はますます厳しいものに。

そういった背景から注目を集めているのが、ニコチン・タール・タバコの臭いがゼロの電子タバコ「Dr.VAPE(ドクターベイプ) 」です。

楽天市場で売り上げ記録3冠を達成した人気のデバイスで、人気の秘密は美味しさにこだわったフレーバー。

  • 禁煙に挑戦しようと思っている
  • 電子タバコを始めようと思う
  • 肺や喉の健康が気になる

こういった人にはおすすめの電子タバコです。ぜひチェックしてみてください。

>>DR.VAPE公式サイトを見る



加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

アイコス互換機の人気ブランドHitaste P8という最新モデルが発売されました。
  • 連続25本吸いが可能
  • 温度調整が可能
  • 液晶ディスプレイでの操作
アイコスマルチでも連続吸いは10本ですが、Hitaste P8は25本。 ヒートスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!     アイコス互換機のおすすめはこれ!2020年のおすすめモデルを紹介  

あなたにオススメ

×
  • この記事を書いた人
CAPNOS[カプノス]編集部

CAPNOS[カプノス]編集部

電子タバコの総合情報メディア「CAPNOS(カプノス)」編集部。 当メディアでは加熱式タバコや電子タバコに関する情報を毎日発信します。

特集

ニコレスメンソールとミント 1

アイコスなどの加熱式たばこで使えるノンニコチンのタバコスティック市場が熱いです。 たばこのような喫味でありながらニコチンゼロという製品。気になっている人も多いのではないでしょうか? 今回は加熱式たばこ ...

喫煙する男性 2

国内では様々な加熱式タバコが販売されています。 普段、紙巻きタバコを利用している人で以前から加熱式タバコが気になっていた人という人もいるでしょう。   当記事では、下記のようなユーザーに向け ...

ニコレスとアイコス 3

アイコスで使える互換スティック「ニコレス 」 ニコチンゼロで吸える製品ですが、ニコレスで禁煙生活は可能なのでしょうか? 実際に2週間試してみた感想を紹介します。   ニコレスで禁煙生活 ニコ ...

タバコ 4

年々、タバコ代は上がっておりタバコ代が支出を圧迫していると感じる人も多いのではないでしょうか。 今後、タバコ代は継続して値上がりされることがほぼ確定で政府内では1箱1000円まで値上げするなんて話も。 ...

-glo, ニュース

© 2021 CAPNOS[カプノス]