IQOS

2020年からアイコスは製品登録解除不可に

  1. HOME >
  2. 加熱式タバコ >
  3. IQOS >

2020年からアイコスは製品登録解除不可に

アイコスは購入すると自動的に製品登録がされます。

友人・知人に譲渡する際は製品登録を解除して渡すのが一般的でしたが、2020年からルールが変更されてアイコスの製品登録は解除不可になりました。

 

これまでの製品登録解除に関する取り扱い

アイコスの製品登録削除に関する取り扱いは年々変化しています。

〜2017年:ユーザーが自身でマイページから削除可能

2018年〜:マイページからの削除はできず電話での対応

2020年〜:製品登録の削除自体不可

 

以前まではユーザー自身がマイページから削除可能でした。そこから電話対応のみになり、最終的には製品登録自体が削除不可になりました。

 

取り扱い変更の理由を推察

製品登録削除不可の背景に転売ヤーの存在もあるように思います。

転売屋はアイコスショップで購入した製品をメルカリやフリマアプリで販売するわけですが、その度にカスタマーに解除の連絡が行けば、通常業務に支障が出てきますよね。

 

そもそも、知らない第三者に譲渡する状況というのはそうそうあるわけではないので、製品登録を解除することはあまりありません。

親族にプレゼントした場合でも、自分名義の登録のままでコントロールできるわけですから。

 

また、アイコス自体が販売の方針を大きく変更しており最近ではレンタルプランを打ち出すなど方針を変更している背景もあるでしょう。

 

アイコスを譲渡する時に注意すること

アイコス

ルールが変更されたことで状況が今までと異なることを認識しましょう。

現状、アイコスを譲渡したり譲り受ける時には製品登録は解除できずサポートを受けれないと考える方が妥当です。

 

アイコス自体も製品価格を値下げしたり、レンタル制を導入するなど以前に比べてデバイスは格段に入手しやすくなっています。

他人から譲受してトラブルになるよりも最初から公式ショップで購入するのが賢いやり方です。

 

まとめ

ルールが変更されアイコスの製品登録解除はできなくなりました。

アイコスは購入時にデバイス登録は自動でされるので、他人から譲り受けたアイコスで製品未登録のものはなかなか入手し辛くなったのではと思います。

アイコスの製品登録削除が出来なくなった!という人はぜひ参考にしてみてください。

 

 

JTから最新の加熱式タバコが販売開始

プルームエス2の感想

日本たばこ産業(JT)から最新の加熱式タバコが販売されました。

Ploom S 2.0という製品でメンソールに特化した最新モデル。

  • メンソールの清涼感とキック感がアップ
  • 長い喫煙時間でゆっくり楽しめる
  • 連続20本吸いが可能

アイコスよりも手頃な価格で販売されているのも◎。

乗り換えや2台目としてもオススメ!

関連記事 【レビュー】Ploom S(プルームエス)2.0 メンソール特化型デバイスを試してみた  

あなたにオススメ

×
  • この記事を書いた人
CAPNOS[カプノス]編集部

CAPNOS[カプノス]編集部

電子タバコの総合情報メディア「CAPNOS(カプノス)」編集部。 当メディアでは加熱式タバコや電子タバコに関する情報を毎日発信します。

特集

喫煙する男性 1

国内では様々な加熱式タバコが販売されています。 普段、紙巻きタバコを利用している人で以前から加熱式タバコが気になっていた人という人もいるでしょう。   当記事では、下記のようなユーザーに向け ...

テレワーク 2

コロナウイルスの影響で仕事がオフィスワークからテレワークに変わった人も多いのではないでしょうか。 新しい働き方として注目される一方で、在宅ワークゆえに喫煙に関する問題も浮上しています。 テレワーク環境 ...

ニコレスとアイコス 3

アイコスで使える互換スティック「ニコレス 」 ニコチンゼロで吸える製品ですが、ニコレスで禁煙生活は可能なのでしょうか? 実際に2週間試してみた感想を紹介します。   ニコレスで禁煙生活 ニコ ...

タバコ 4

年々、タバコ代は上がっておりタバコの出費も増えてきている昨今。 1箱1000円まで上げるという話しも政府内から出たりしています。喫煙者にとっては肩身が狭い状況ですが、毎月のタバコ代の出費もばかになりま ...

-IQOS

© 2020 CAPNOS[カプノス]