[カプノス]たばこ情報サイト

アイコスの新フレーバー「ユーゲン」を試してみた

アイコス ディメンションズ ユウゲン

2020年5月15日から発売が解禁されたアイコスのディメンションシリーズ「YUGEN(ユーゲン)」を購入し、試してみました。

ユーゲンを吸ってみた感想を詳しく紹介します。

 

ディメンションシリーズ「ユーゲン」

アイコス ディメンションズ ユウゲン

実は海外では先行発売されている新シリーズのディメンション。

一箱あたり530円と通常のヒートスティックより10円ほど高く、パッケージも心なしか高級感があります。

味覚のエキスパートであるミクソロジストのルネ・ソフナー氏と世界的に認められたシェフのホワン・アマドア氏がタッグを組んで開発したフレーバーとのこと。

アイコス ディメンションズ ユウゲンのパッケージ上側

公式のユーゲンの説明を引用します。

宇宙の神秘をイメージした風味。強い個性を放つ味わいは、いくつもの香りが重なることで生まれた。

 

いやー、全然分からないですね!

ディメンションシリーズはハーブ系を中心にしたフレーバーということで、既存のフレーバーとは一線を画す印象です。

さっそく喫煙してみます。

 

開封

開封したアイコス ディメンションズ ユウゲン

さっそく開封してみます。

ハーブ系と言えど匂いは強烈ではありません。むしろメンソールフレーバーに近い香り。

さらに鼻を近づけると、花系のハーブを思わせる独特な香りが。

 

この時点で言えば、期待値が上がる美味しそうな香りです。

 

喫煙開始

アイコス ディメンションズ ユウゲンのタバコスティック

さっそく本体にセットして喫煙してみます。

一口目吸った時に既視感が。

 

どこだろう、どこかで吸ったことがあるような・・・

 

続けて吸って記憶を探ってみると分かりました。

ユーゲンはニコレスのミント味に似ています。

アイコス3とニコレス

ちなみにニコレス知らない人のために補足すると、紅茶の茶葉を使ったニコチンゼロのアイコス互換スティックです。

【レビュー】ニコチン0の加熱式たばこ、ニコレス ミント味を吸ってみた

 

主体はメンソールですが、茶葉のような渋みをかすかに感じるフレーバー。

花を思わせる香りもかすかに感じます。

 

結論から言うと全然美味しいです。余計な雑味もなくメンソール好きなら嫌いという人は少ないフレーバーではないでしょうか。

 

ディメンションシリーズは2ヶ月限定?

カレンダー

タバコ屋で購入した時に店主の方と話したのですが、どうもディメンションシリーズは2ヶ月間の限定発売のようです。

だったのですが、その後状況が変わったようです。

と言うのも、2020年8月現在コンビニでもアイコスオンラインショップでも販売されています。オンラインサイトでは限定販売の文言はなし。

レギュラー銘柄に格上げでしょうか?

 

まとめ

アイコス ディメンションズ ユウゲンを試す

ディメンションシリーズのユウゲンを紹介しました。

期間限定ということもあり、アイコスユーザーなら一度は試したいフレーバー。

メンソール × ハーブの組み合わせの珍しいフレーバーなのでぜひ参考にしてみてください。

 

関連記事

アイコスのフレーバーの種類を総まとめ!おすすめフレーバーも紹介

 

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

アイコス互換機の人気ブランドHitaste P8という最新モデルが発売されました。
  • 連続25本吸いが可能
  • 温度調整が可能
  • 液晶ディスプレイでの操作
アイコスマルチでも連続吸いは10本ですが、Hitaste P8は25本。 ヒートスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!     アイコス互換機のおすすめはこれ!おすすめモデルを紹介  
CAPNOS[カプノス]編集部
タバコの総合情報サイト「CAPNOS(カプノス)」編集部。 当サイトでは加熱式タバコや煙草全般に関する情報を発信します。

特集


喫煙具をもっと知る