[カプノス]たばこ情報サイト

IQOS3DUOとIQOS3マルチの違いまとめ

アイコス本体

アイコスにはIQOS3DUOとIQOS3マルチという製品があります。

一見すると同じように見える製品。いったいどこが違うのでしょうか?

IQOS3DUOとIQOS3マルチの違いをレビューします。

 

IQOS3DUOとIQOS3マルチの最大の違い

アイコス3DUOとアイコスマルチ大きな違いは二つあります。

一つは連続吸いの回数の違い。

アイコス3DUO→2回

アイコス3マルチ→10回

アイコス3マルチの方が旧モデルですが、連続吸い10回という高スペックとなります。

 

そして、もう一つは形状の違い。

アイコス3DUO1

アイコス3DUOはチャージャーとホルダーの分離型。

 

アイコス3マルチ1

アイコス3マルチはチャージャーホルダー一体型になります。

 

IQOS3とIQOS3マルチの重さの違い

上記、形状の違いでも述べたように分離型と一体型はそれぞれの重さが異なります。

実際に手に取り重さを比べてみましたが、

IQOS3DUOチャージャー > IQOS3マルチ > IQOS3DUOホルダー

の順になります。

つまり、全体的な重さはアイコス3DUOが重いものの、ホルダーだけで考えると分離型のアイコス3DUOに軍配が上がります。

とは言っても、軽微な違いなのでここら辺は好みが分かれると思います。

 

IQOS3DUOとIQOS3マルチの大きさの違い

全体的にはIQOS3DUOの方が大きいです。

しかし、ホルダー単体で比べるとIQOS3マルチの方が大きいですね。

 

IQOS3DUOとIQOS3マルチどっちがおすすめ?

ここからが本題。

アイコス3DUOとアイコス3マルチ、どちらがおすすめなのでしょうか?

個人的な所感になりますが、私はIQOS3マルチをおすすめします。

  • 連続吸いの本数がDUOより多い(2本→10本)
  • サイズも小さくポケットに入りやすい(DUOはポケットに入れるには大きい)
  • 価格が安い

以上のような理由になります。価格が安いのも大きな魅力ではないでしょうか。

DUOが9980円に対して、マルチは6980円。性能が劣っているわけでもないのに、3000円安いのは非常に魅力的です。

 

おわりに

今回、IQOS3DUOとIQOS3マルチの違いについてレビューしました。

個人的にはマルチ推しですが、どちらも使いやすく、そしてスタイリッシュに進化しています。

アイコスストアでは試し吸いもできるので、実際に持った感じなどを使ってみるのも良いですね。ぜひ参考にしてみてください。

 

関連記事

IQOS3の使い方まとめ。さっそく試してレビューしてみる – Capnos

IQOS3マルチの使い方まとめ。さっそく試してレビューしてみる – Capnos

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

アイコス互換機の人気ブランドPluscigから最新モデルのS9が発売されました。
  • 連続50本吸いが可能
  • 温度調整が可能
  • 液晶ディスプレイでの操作
アイコスマルチでも連続吸いは10本ですが、Pluscig S9は驚異の50本。 ヒートスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!  
アイコス互換機 Pluscig S9
created by Rinker
Pluscig
 
CAPNOS[カプノス]編集部

タバコの総合情報サイト「CAPNOS(カプノス)」 加熱式タバコや煙草全般に関する情報を配信します。

Twitterではたばこ業界の最新情報を発信しています。ぜひフォローして最新情報をチェックしてください!


特集


ニュース


喫煙具を知る