新しく発売されたIQOS3とIQOS3マルチですが、いきなり2つも新製品が発売されて「どう違うの?」と思う人も多いと思います。

ちょうどIQOS3とIQOS3マルチが手元に届いたので、IQOS3とIQOS3マルチの違いをレビューします。

 

IQOS3とIQOS3マルチの最大の違い

IQOS3とIQOS3マルチの違いは、ホルダー一体型と分離型であることです。

IQOS3は従来通り、ホルダーとチャージャーが分離しており、使うたびにホルダーをチャージャーに差し、充電する必要があります。

しかし、IQOS3マルチの場合はホルダーとチャージャーが一体化しており、ホルダーの充電という作業が不要になります。

つまり、今までIQOSで出来なかった連続吸いが出来るようになっています。

 

IQOS3とIQOS3マルチの重さの違い

f:id:mutant-tetsu:20181209180228j:plain

実際に手に取り重さを比べてみましたが、

IQOS3チャージャー > IQOS3マルチ > IQOS3ホルダー

の順になります。実際はIQOS3はチャージャーとホルダーを足した重さなので、持ち運びの点からするとIQOS3はマルチよりも重いですね。

 

IQOS3とIQOS3マルチの大きさの違い

f:id:mutant-tetsu:20181209180223j:plain

画像での比較になりますが、全体的にはIQOS3の方が大きいです。

 

しかし、ホルダー単体で比べるとIQOS3マルチの方が大きいですね。

f:id:mutant-tetsu:20181209180233j:plain

 

IQOS3とIQOS3マルチどっちがおすすめ?

個人的な所感になりますが、私はIQOS3マルチの方がおすすめだと思います。

連続吸いができるので、ホルダーとチャージャーが一体型なのでシンプルなところも気に入っています。

 

価格もIQOS3マルチの方が安く購入しやすいのではないでしょうか。

ホルダー単体で比べるとIQOS3マルチの方が大きく重いですが、気にならない人にはIQOS3マルチをお勧めします。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今回、IQOS3とIQOS3マルチの違いについてレビューしました。

個人的にはマルチ推しですが、どちらも使いやすく、そしてスタイリッシュに進化しています。

さらに現在ではアイコス3DUOという新製品が発売されています。

こちらは、2回の連続吸いが可能で充電時間も従来の半分に削減されたモデル。

購入する機会があれば、参考にしてみてください。

 

 

【関連記事】

IQOS3の使い方まとめ。さっそく試してレビューしてみる – Capnos

IQOS3マルチの使い方まとめ。さっそく試してレビューしてみる – Capnos

 

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonで本家のアイコスをおさえて人気なのがHiTaste P6 miniというアイコス互換機。

  • 連続23本吸いが可能
  • 液晶パネルで温度調整・残り時間確認可能
  • アイコス3DUOのおよそ1/3の低価格

アイコスマルチでも連続吸いは10本までですが、P6 miniは23本。さらに重量はアイコス3の1/4と最軽量です。

タバコスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!

実機レビューはこちらで紹介しています。

  【レビュー】アイコス互換機HiTaste P6 miniを使ってみた感想

【関連記事】

アイコス互換機のおすすめはこれ!2019年のおすすめモデルを紹介