iQOS3とiQOSマルチが2018年11月15日に発売されて、多くの方が利用するようになった現在。

3シリーズから2タイプ選べるようになったので、どちらを購入しようか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

実際に両方使ってみた感想を交えて、使いやすさやそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。

 

iQOS3とiQOSマルチはどっちがオススメ?

まずは結論から言うと、アイコス3マルチをおすすめします。

人それぞれ使い心地があるので、「こっちの方ががいい!」と断定するのは難しいですが、当記事では「iQOS3マルチ」をオススメします。

アイコス 3マルチをオススメする理由については、この後で詳しくご紹介いたします。

まずはそれぞれのメリットやデメリットを見ていきましょう。

 

iQOS3のメリット

アイコス3

  • ポケットチャージャーフル充電で吸える本数が20本
  • 充電コネクタがUSB「Type C」になった
  • 収納が楽になった

 

ポケットチャージャーフル充電で吸える本数が20本

アイコスのタバコスティック

こちらは、連続吸いはできませんが、ポケットチャーをジャーフル充電しておけば20本はホルダーを充電しながら使えます。

 

充電コネクタがUSB「Type C」になった

これは従来のiQOSと比べてになりますが、差込口の方向を考えずに差し込めるタイプの充電コネクタになりました。

以前は台形のような形だったので方向を考える必要がありましたけど、楽になりましたね。

 

収納が楽になった

サイドオープン式になったため、従来のiQOSのように蓋が閉まらないトラブルが激減しました。

また、マグネット式になっているので、開けたまま逆さまにしても落ちない設計になっており、どんな方向でホルダーを差し込んでも充電できる仕組みになっています。

 

iQOS3のデメリット

  • マルチより値段が高い
  • マルチより重量が重い
  • 毎回充電する必要がある
  • フル充電までの時間がマルチの2倍

 

IQOS3 IQOS3 multi
金額 10,980円(税込) 8,980円(税込)
デバイスの重さ 103g 50g
充電時間 チャージャーでホルダー充電:約120分
チャージャー充電:約120分
約75分

 

iQOSマルチのメリット

アイコスマルチ

  • iQOS3より金額が安い
  • デバイスが軽い
  • 充電時間がアイコス3の半分
  • 連続吸いができる(10本)
  • 充電コネクタがUSB「Type C」になった

 

先ほどの表で記載したように上記のメリットがあります。これまでのiQOSを考えると、マルチで改善されたところがたくさんありますね。

 

片手で操作できる点や、連続で吸えるという点は従来のiQOSだけでなくiQOS3にはなかったので、かなり画期的です。

iQOS3マルチのデメリット

  • ブレードが折れやすい

 

iQOS3マルチのブレードが折れやすいという話しで、その他の機能が優れているだけに残念ですね。
「掃除をしている時に、特に力も入れていないのに折れてしまった。。」方も多数います。

 

ただ、私が使用している範囲ではブレード折れしたことはありません。

掃除など日頃の使い方に注意すれば防ぐことができますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?今回は「iQOS3とiQOSマルチの違いやどっちがオススメなのか」という観点から詳しくご紹介しました。

 

最終的にはユーザーがどこを優先するかですが、アイコス3マルチもおすすめですよ。

さらに最近ではアイコス3の後継モデルとしてアイコス3DUOという最新モデルが発売されています。

こちらは連続吸いが可能で、充電時間も半分と様々な面でアップデートされています。こちらもぜひチェックしてみてください。

 

 

【関連記事】
アイコスのフレーバーの種類を総まとめ!おすすめフレーバーも紹介

 

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonで本家のアイコスをおさえて人気なのがUWOO Y1という最新のアイコス互換機。

  • 連続40本吸いが可能
  • 温度調整が可能
  • 最大13分の喫煙時間(アイコスは6分)

アイコスマルチでも連続吸いは10本ですが、UWOO Y1は驚異の40本。

ヒートスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!

   

【関連記事】

アイコス互換機のおすすめはこれ!2020年のおすすめモデルを紹介
 

おすすめ記事