[カプノス]たばこ情報サイト

iQOS3DUOとiQOSマルチの違いとは?どっちがオススメ?

アイコス本体

iQOS3DUOとiQOSマルチが2018年11月15日に発売されて、多くの方が利用するようになった現在。

3シリーズから2タイプ選べるようになったので、どちらを購入しようか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

実際に両方使ってみた感想を交えて、使いやすさやそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。

 

iQOS3DUOとiQOSマルチはどっちがオススメ?

結論から言うと、アイコス3マルチがオススメ。

人それぞれ使い心地が求める機能は異なりますが、当編集部ではアイコス3マルチの方をおすすめします。

 

アイコス3マルチをおすすめする理由

細かい要素は後述しますが、アイコス3マルチをおすすめする理由は以下の通りです。

  • 本体価格がアイコス3DUOに比べて安い
  • 連続10本吸いまで可能(DUOは2本)
  • ホルダー・チャージャーが一体型で持ち運びに便利

 

以下ではアイコス3DUOとアイコス3マルチそれぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

 

iQOS3マルチのメリット

アイコス3マルチ2

  • iQOS3より金額が安い
  • デバイスが軽い
  • 連続吸いができる(10本)

前モデル2.4plusに比べると様々な点で改良が加えられています。

 

特に片手で操作できる点や、連続で吸えるという点はかなり使い勝手がよくなっています。

 

iQOS3DUOのメリット

アイコス3DUO2

  • 連続2本吸いができる
  • アイコス3マルチに比べるとバッテリー容量が大きい

 

収納が楽になった

サイドオープン式になったため、従来のアイコス2.4plusのように蓋が閉まらないトラブルが激減しました。

 

また、マグネット式になっているので、開けたまま逆さまにしても落ちない設計になっており、どんな方向でホルダーを差し込んでも充電できる仕組みになっています。

 

iQOS3DUOのデメリット

  • マルチより値段が高い
  • マルチより重量が重い
  • 毎回充電する必要がある
  • フル充電までの時間がマルチの2倍
IQOS3DUO IQOS3 multi
金額 9,980円(税込) 6,980円(税込)
デバイスの重さ 130g
(ホルダーは22g)
50g
充電時間 チャージャーでホルダー充電:約120分
チャージャー充電:約120分
約75分

 

まとめ

「iQOS3DUOとiQOSマルチの違いやどっちがオススメなのか」という観点から詳しくご紹介しました。

 

最終的にはユーザーがどこを優先するかですが、当メディアではアイコス3マルチをおすすめします。

どちらを購入するか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

 

関連記事

アイコスのフレーバーの種類を総まとめ!おすすめフレーバーも紹介

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

アイコス互換機の人気ブランドHitaste P8という最新モデルが発売されました。
  • 連続25本吸いが可能
  • 温度調整が可能
  • 液晶ディスプレイでの操作
アイコスマルチでも連続吸いは10本ですが、Hitaste P8は25本。 ヒートスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!     アイコス互換機のおすすめはこれ!おすすめモデルを紹介  
CAPNOS[カプノス]編集部
タバコの総合情報サイト「CAPNOS(カプノス)」編集部。 当サイトでは加熱式タバコや煙草全般に関する情報を発信します。

特集


喫煙具をもっと知る