[カプノス]たばこ情報サイト

アイコス2.4plusの加熱クリーニングは自動に変更された?おすすめの掃除方法も紹介

アイコス2.4

アイコス2.4から2.4plusに変わり加熱クリーニングが手動から自動に変更されました。

手動から自動に変更されたので一見、便利な変更に見えますが手動で好きにクリーニングをしていた人からすると改悪と感じる人も少なくないようです。

今回はアイコス2.4plusの加熱クリーニングについておすすめの掃除方法を絡めながら紹介します。

アイコス旧型は手動でクリーニングだった

アイコス旧型ではチャージャーにクリーニングボタンがあり、手動でクリーニングが可能でした。

これはこれで面倒だと感じる人もいると思いますが、汚れが溜まってきたなと感じれば加熱クリーニングを繰り返すことで効率的に汚れを浮かし掃除することができます。

しかし、IQOS(アイコス)新型では加熱クリーニングが手動から自動になったことで(良い変更だとは思いますが)20回に1回の頻度で加熱クリーニングが自動で行われるというものに変更されました。

アイコス2.4plusのおすすめ掃除方法

定期的にしっかり清掃してあげることで長く使うことができ、喫味も改善されます。

公式から案内されている方法は付属の綿棒を使って清掃する方法。

これは綿部分にエタノールが染み込ませてあり、効率的に汚れを落とすことができます。

また、付属のクリーナーブラシをカポッとはめて捻ることでも清掃できます。

アイコスクリーナー1

しかし、これらの方法は専用綿棒の購入費用がかかることやブラシの清掃では十分に汚れが落ちないという問題があります。

アイコスクリーナー2

アイコス2.4plusのおすすめ掃除方法

専用綿棒のコストが高いという問題に関しては、市販の綿棒を使うことで解消されます。

この時に注意したいのが一般的な太さの綿棒を使用すると、ブレード折れなどの故障に繋がるケースがあること。

専用綿棒を使ってみると分かると思いますが、先端部分が通常の綿棒よりも細くなっています。

なので、私は赤ちゃん用の先端の細い綿棒を使うなどして対応しています。

ベビー綿棒×加熱式タバコ専用クリーナーのコンボがコスパが良く汚れをごっそり取ることができます。

【レビュー】加熱式タバコ専用クリーナー「Clew(クリュー)」の感想。実力やいかに? – Capnos

さらに汚れを効率的に取りたい人は、IQOS(アイコス)専用の電動クリーナーもオススメです。

動画を見てもらうと分かるように電動クリーナーにホルダーを挿入するだけで自動で内部のブラシが回転し、汚れを掻き出してくれます。

私も同じ製品を愛用していますが、今までブレード折れなどの故障に繋がったことはありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アイコス2.4plusの加熱クリーニングについて紹介しました。

自動になったことで便利になった反面、自分のさじ加減でクリーニング回数をコントロールできないのでモヤモヤしている人も多いと思います。

そういった人にはアイコス専用の電動クリーナーもオススメですよ。

加熱式タバコ専用クリーナー Clew (クリュー) ® 28ml
created by Rinker
Clew Cleaning water for electric tobacco

 

【関連記事】

アイコス3の掃除は超重要!その必要性や掃除方法を紹介 – Capnos

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

アイコス互換機の人気ブランドPluscigから最新モデルのS9が発売されました。
  • 連続50本吸いが可能
  • 温度調整が可能
  • 液晶ディスプレイでの操作
アイコスマルチでも連続吸いは10本ですが、Pluscig S9は驚異の50本。 ヒートスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!  
アイコス互換機 Pluscig S9
created by Rinker
Pluscig
 
CAPNOS[カプノス]編集部

タバコの総合情報サイト「CAPNOS(カプノス)」 加熱式タバコや煙草全般に関する情報を配信します。

Twitterではたばこ業界の最新情報を発信しています。ぜひフォローして最新情報をチェックしてください!


特集


ニュース


喫煙具を知る