海外で75%以上のシェアを誇る「JUUL」と、日本で人気な商品の「アイコス」ですが、似たような製品ですよね。

しかし、両者には細かい部分で異なる点があります。

当記事ではJUULとアイコスの機能や価格などの違いについて詳しく紹介します。

 

電子たばこ口コミサイトVape Hunt

JUULとは

JUULは、JUULポッドと呼ばれるカートリッジを本体にカチッと差し込んで使用する電子タバコです。

JUULポッドの中にはリキッドが入っており、リキッドには独自技術で開発された「ニコチンソルト」という特殊なニコチン成分が入っています。

ニコチンソルトを使用することにより、紙巻きたばこを吸った瞬間の「ガツンと感」とほぼ同じ感覚を味わうことができます。

つまり、ニコチン摂取満足度が非常に高い電子タバコなんです。

JUUL(ジュール)とは?アメリカでシェア75%を誇る電子タバコを紹介 – Capnos

 

アイコスとは

f:id:nepiawwf:20190801112935p:plain
一方のアイコスですが、充電したホルダーにヒートスティックと呼ばれるタバコ葉を差し込み、高温で加熱させて吸引する加熱式タバコです。

従来の紙巻きタバコと比較すると、燃やしているわけではないためタールが少ないというメリットがあります。

また、紙巻きタバコと非常に近い吸い心地なため、従来の紙巻きタバコから移行しやすい加熱式タバコと言えます。

IQOS3の使い方まとめ。さっそく試してレビューしてみる – Capnos

 

JUULとアイコスはそもそものタイプが違う

f:id:nepiawwf:20190801114643j:plain

JUULとアイコスは、大きい括りでは電子タバコのカテゴリですが全く違うタイプの製品と言えます。

JUULは、ニコチンが含まれたリキッドを水蒸気として吸引する製品です。

一方、アイコスはヒートスティックと呼ばれるタバコが詰まったものを高温で加熱し、その煙を吸引するというものです。

 

アイコスは紙巻きタバコのように燃焼はしませんが、結局「ヒートスティック」という葉っぱを高温加熱しているため、液体を水蒸気に変えて吸引するJUULとは大きく異なります。

タバコとしての吸いごたえ、キック感はアイコス に軍配が上がります。

 

JUULとアイコスの違いまとめ

f:id:nepiawwf:20190802134729j:plain

JUULとアイコスは、タイプが異なる電子タバコということが分かりましたね。

ここで、JUULとアイコスの比較を簡単に表でまとめてみました。

JUUL アイコス3
本体価格 $34.99
(3747円/2019年7月時点の為替)
10980円
カートリッジの価格 ※1ポッドあたり約$4
(428円/2019年7月時点の為替)
1箱あたり500円
タイプ ニコチン入りリキッドを加熱し、水蒸気を吸引 タバコスティックを加熱し、煙を吸引
ニコチン あり
※ただし、国内販売ではニコチンなし
あり

※JUULの1ポッド=タバコ1箱分に相当する

本体価格は、圧倒的にJUULがお買い得ですね。

また、カートリッジに関しては若干JUULが安いという結果になりました。

ランニングコストで比較した場合、両者に大きな開きはありません。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はJUULとアイコスの違いについて詳しくご紹介しました。
同じ電子タバコでありながら、全く違う吸い心地の商品ということでした。

それぞれの特徴がありますので、好みは別れそうですね。

アイコスユーザーでJUULの購入を検討している人は参考にしてみてください。

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonで本家のアイコスをおさえて人気なのがHiTaste P6 miniというアイコス互換機。

  • 連続23本吸いが可能
  • 液晶パネルで温度調整・残り時間確認可能
  • アイコス3DUOのおよそ1/3の低価格

アイコスマルチでも連続吸いは10本までですが、P6 miniは23本。さらに重量はアイコス3の1/4と最軽量です。

タバコスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!

実機レビューはこちらで紹介しています。

  【レビュー】アイコス互換機HiTaste P6 miniを使ってみた感想

【関連記事】

アイコス互換機のおすすめはこれ!2019年のおすすめモデルを紹介
電子たばこ口コミサイトVape Hunt