myblu(マイブルー)を購入して早3日。

シンプルな作りなので、使用方法で迷うことはないと思いますがmyblu(マイブルー)の使い方も慣れてきたので備忘録を兼ねて紹介していきます。

 

電子たばこ口コミサイトVape Hunt

myblu(マイブルー)を充電する

f:id:mutant-tetsu:20180607150911j:plain

購入したばかりのmyblu(マイブルー)は少しだけ充電されているので、そのままでも吸うことができます。

念のため充電方法を共有すると、マイクロUSBの穴が本体し型にあるので付属のケーブルを差します。

 

もう一方の穴は普通のUSBの大きさになるので、パソコンなどに差し込みましょう。

スマホの充電器などでもOKです。

 

充電が開始されるとマイクロUSBの穴側になる赤いランプが点灯します。この赤ランプが消えたら充電完了のサインです。

なお、フル充電するための時間は20分ほどとなります。

 

myblu(マイブルー)にリキッドポッドを差し込む

f:id:mutant-tetsu:20180607150915j:plain

次にリキッドポッドを差し込みます。

myblu(マイブルー)ではリキッドの注入作業は必要なく、リキッドポッド一体型で販売されています。

 

表裏は関係なくどちらの向きでも入るので、カチッと音がなるまで差し込みます。力は全然必要なくすっと入ります。

f:id:mutant-tetsu:20180607150919j:plain

 

myblu(マイブルー)を吸ってみる

リキッドポッドを差し込んだ後はさっそく吸ってみます。

吸うとプルームテックのように先端部分のランプが青色に点灯します。

これは充電バッテリーの残量を表しており、

  • 青色:20-100%残
  • オレンジ:5-19%残
  • :0.4%残

という印になります。残存表示が赤になったらまた充電をしましょう。

 

ちなみにmyblu(マイブルー)は充電中でも吸うことができるので、一秒でも早く吸いたい!(あまりないと思いますが)という場合でも吸うことが可能です。

 

myblu(マイブルー)の日頃のケアで注意すべきことは?

最後にmyblu(マイブルー)の使用についての注意点を。

全てのVAPEに共通しますが、吹き込む行為はやめましょう。あくまで吸う専門です。

 

また、自動安全オフ機能というものがあり、一度に10秒以上吸い込み続けた場合は自動でオフになる設計になっています。

万一、飲み込んだ場合や液漏れした場合はすぐに水で洗い流し病院に行きましょう。

 

普段通り、吸っていれば何も問題ありませんが念のため。

ちなみに掃除や手入れの必要性ですが、マイブルーにはアイコスのような細かいメンテナンスは必要ありません。これも魅力の1つですね。

myblu(マイブルー )に手入れや掃除は必要? – Capnos

 

おわりに

myblu(マイブルー)の使い方を紹介しました。

発売されたばかりでまだ知名度も低い商品ですが、VAPE市場の牽引役になればいいなと思っています。

今までコンビニで気軽に買えるVAPEはありませんでしたからね。今後の展開が楽しみです。

 

【関連記事】

VAPE愛用者がmyblu(マイブルー)を初めて吸ってみた感想

【全11種】myblu(マイブルー)フレーバーのおすすめは?ランキングで紹介! – Capnos

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonで本家のアイコスをおさえて人気なのがHiTaste P6 miniというアイコス互換機。

  • 連続23本吸いが可能
  • 液晶パネルで温度調整・残り時間確認可能
  • アイコス3DUOのおよそ1/3の低価格

アイコスマルチでも連続吸いは10本までですが、P6 miniは23本。さらに重量はアイコス3の1/4と最軽量です。

タバコスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!

実機レビューはこちらで紹介しています。

  【レビュー】アイコス互換機HiTaste P6 miniを使ってみた感想

【関連記事】

アイコス互換機のおすすめはこれ!2019年のおすすめモデルを紹介
電子たばこ口コミサイトVape Hunt