マイブルー 本体

myblu(マイブルー)のリキッドポッドは何回吸えるのか?タバコとどっちが高い?

著者画像

たばこの総合情報サイトを運営。最新製品の発売情報やプレゼント企画をツイートしています。
→公式Twitter

コンビニで買える電子タバコのmyblu(マイブルー)。

リキッドポッドという独自のシステムを採用しており、気軽にリキッドをコンビニで買えるのもありがたいですね。

このmyblu(マイブルー)のリキッドポッドは一つで何回まで吸えるのかを紹介します。

 

myblu(マイブルー)のリキッドポッドとは?

myblu アイスベリー

myblu(マイブルー)のリキッドポッドとは、電子タバコでいうリキッドが詰まったアトマイザーのことです。

本体の先端にあるものがカートリッジでこの中にリキッドが充填されています。

myblu

通常の電子タバコと違うのはリキッドを本体に注入する必要がなく使い切り型になっていることです。

最近ではPOD型のVAPEが流行っていますね。

 

myblu(マイブルー)は、カートリッジを換装するだけで味を気軽に変えることができるのがメリットの1つではないでしょうか。

 

リキッドポッドは何回吸えるのか?

ここからが本題。

myblu(マイブルー)のリキッドポッドは一つ何回吸えるのか?という点について。

 

公式の発表でリキッドポッド一つで300回吸うことができます。

サイズは小さめですが、結構な量が吸えますね。

 

タバコとどちらが高い?

タバコ

コンビニやオンラインで販売されているmyblu(マイブルー)のパッケージには一箱で二つ入っていますので、600回吸える計算。

価格が1080円(税込)なので、タバコより少し高いくらいでしょうか。

 

ここら辺は考え方の違いになってきますので、気軽に吸えるVAPEと考えれば決して高くない金額だとも思います。

 

おわりに

今回、myblu(マイブルー)のリキッドポッドで何回吸えるかを紹介しました。

一つのポッドでおよそ300回。オンラインでコンビニで買えるパッケージは二箱入りなので合計600回ほどでしょうか。

ニコチン0、タール0、タバコの臭い0の電子タバコ

ドクターベイプモデル2-9
健康増進法の改正に伴い屋内での喫煙はますます厳しいものに。

そうした背景から注目を集めているのが、ニコチン・タール・タバコの臭いがゼロの電子タバコ「Dr.VAPE(ドクターベイプ) 」です。

累計1,500万本を売り上げた人気商品で以下のような方に人気です。

  • 禁煙に挑戦しようと考えている
  • たばこ代の節約をしたい
  • 健康を気にし始めた

現在、先着3万名限定で3箱無料のキャンペーンが展開されています。

>>DR.VAPE公式サイトを見る



ニュースレターの詳細はコチラ

タバコをもっと知る
もっと楽しむ

CAPNOSでは、タバコのニュースレターを配信中。毎週1回、新製品情報や業界ニュースがあなたのメールに届きます。登録は無料でいつでも解約可能です。

無料で購読する
ニュースレター

Related Post

20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。