アイコスで禁煙ができる互換スティックのニコレス。

このニコレスにはカフェインは含まれているのでしょうか?

 

ニコレスにカフェインは含まれている?

ニコレスはタバコ葉を紅茶の茶葉に差し替えた製品です。

見た感じは加熱式タバコのスティックなのですが、中身がタバコ葉ではないためニコチンゼロ。

最近、新しい禁煙商品として注目されています。

 

紅茶の茶葉を使っているためニコチンが含まれているのか?という点がきになるのですが、実際どうなのでしょうか。

ニコレス公式サイトや商品パッケージにはカフェインに関する記載がないため推測にはなりますが、ニコレスにはカフェインが含まれていない、仮に含まれていたとしても微量だと考えます。

 

ニコレスの仕組み

ニコレスには加熱式タイプで茶葉を加熱することで煙を発生させ、その煙を吸引します。

ちょうど燻製のようなものイメージすると分かりやすいのですが、着火式ではなく加熱することで煙を発生させるタイプ。

紅茶の茶葉自体にカフェインは含まれており、発生する煙を吸うのだからカフェインが含まれるのでは・・・と思いますが、コーヒーや紅茶でカフェインが発生するのは液体による抽出が想定されることがほとんどです。

ニコレスは茶葉を液体に通して使用する製品ではないので、そもそもカフェインが抽出される前提が違うというわけです。

 

カフェインを気化する技術はある

それではカフェインは全く気化しないのでしょうか?

これに関してはNO。カフェインを気化する技術はあります。

 

カフェインをあえて気化させ、蒸気に添加する技術は2001年にアメリカで特許が出願されています。

VAPEなどの電子タバコでコーヒーフレーバーに実際に気化させたカフェインを添加する商品に使われています。

JTでも「吸うカフェイン」というコンセプトの商品が最近、発売されました。

ston(ストン)公式サイト

 

カフェインを気化するのは容易ではない

ここで注目したいのは、カフェインを気化する技術があることと、コーヒー豆や紅茶の茶葉を加熱して煙を発生させてもそこに十分なカフェインがあるか否かはイコールではないということです。

特許を出願しているものなので、単に燃焼や加熱して発生させた煙には十分なカフェインが含まれていないことは容易に想像できます。

 

長野の教育機関がカフェインを気化させて抽出する方法の研究をまとめたものですが、レポートにはカフェインの結晶を単純に燃焼させただけではカフェインを回収するのは困難だと触れられています。

カフェインの抽出はできるのか?

その際にはクロロホルムを使い抽出した方が成果が挙げられるとも。

 

上記のレポートやアメリカでの特許の経緯から、カフェインを気化させて抽出するには特殊なステップを踏むことが必要なのが分かります。

 

ニコレスを使用してみて

実際にニコレスを購入し使用してみました。

就寝前にニコレスを使用することもあるのですが、これにより眠れなくなるような症状が出たことはありません。

 

ニコレスの煙に含まれるカフェインの含有率は0.000gというわけではないかもしれませんが、カフェインを気化するには特殊な技術が必要であることから、カフェインはほぼ含まれていないと思います。

ただし、ニコレスのパッケージには妊娠中などの使用は避けることが明記されているので、使用の際は注意しましょう。

>>ニコレス公式サイトを見る

 

【関連記事】

ニコチン0の「ニコレス」レビュー!感想や口コミ・評判まとめ

 

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonで本家のアイコスをおさえて人気なのがHiTaste P6 miniというアイコス互換機。

  • 連続23本吸いが可能
  • 液晶パネルで温度調整・残り時間確認可能
  • アイコス3DUOのおよそ1/3の低価格

アイコスマルチでも連続吸いは10本までですが、P6 miniは23本。さらに重量はアイコス3の1/4と最軽量です。

タバコスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!

実機レビューはこちらで紹介しています。

  【レビュー】アイコス互換機HiTaste P6 miniを使ってみた感想

【関連記事】

アイコス互換機のおすすめはこれ!2020年のおすすめモデルを紹介