2019年1月29日から新しく発売されたプルームエス。

実際に私も使用してみましたが、なかなか良い感じの製品です。

プルーム初の加熱式スティック採用ということもあり、面白い製品だと思います。

新しいプルームエスの使い方が気になる人もどうぞ。

 

スティックをプルームエスに挿入する

f:id:mutant-tetsu:20190118161932p:plain

プルームエスは従来のプルームテック のカプセル型と異なりスティック型を採用しています。

IQOSやgloのようなものを想像してもらえると分かりやすいと思います。

特徴としては従来のカプセル型にはない吸い応えの実現となります。

上部のカバーをスライドしてスティックを挿入します。

 

プルームエスに電源を入れて使用する

f:id:mutant-tetsu:20190118161934p:plain

電源ボタンを長押しし、加熱を開始します。LEDランプが点滅から点灯に変わると使用を開始することができます。

 

電源ボタンの上にある4つのLEDボタン全て点灯すれば準備OKの合図です。

f:id:mutant-tetsu:20190120093205j:plain

 

プルームエスの使用終わり

使用終わり間近になるとバイブレータがブルっと鳴り終わり直前であることを知らせてくれます。この辺もIQOSと同じですね。

 

使用が終わればスティックを抜いて終了。電源は自動で切れます。

ちなみにプルームエスは連続使用が出来るのですが、スタッフさんによるとスティック10本分は連続使用可能とのことです。

 

同じように連続吸いができる製品で言うと、アイコス3マルチでしょうか。

f:id:mutant-tetsu:20190704170628j:plain

こちらもオススメの製品です。

IQOS3マルチの使い方まとめ。さっそく試してレビューしてみる – Capnos

 

プルームエスのバッテリー残量を確認する方法

電源ボタンを押すことでバッテリー残量を確認することができます。

こちらも加熱時のLEDと同じです。電源ボタンを押してLEDのランプ点灯の数で充電残量を確認できます。

 

例えば4つのLEDが点灯していればフル充電されているという状態です。

f:id:mutant-tetsu:20190120093205j:plain

 

実際にプルームエスを使用してみた感想

f:id:mutant-tetsu:20190120093202j:plain

公式ホームページで写真を見た時はモッサリした印象を持っていましたが、実際に手に取ってみると手のひらにすっぽり収まるデザインもいい感じです。

 

カバー部分など全体的に作りがしっかりしており、作り込まれたデバイスという印象を受けました。

肝心の味ですが、プルームエスではスティック型、高温加熱型が採用されていることもあり吸い応えはアイコスと比肩します。

あとは銘柄の好みで選んでもいいのかなと思います。プルームエスおすすめですよ!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、新型プルームエスのレビューや使い方を紹介しました。

同じ製品にプルームテックプラスもあります。こちらはリキッド型で吸いごたえが前モデルから大幅に改善されています。

気になる人はこちらの記事もどうぞ。

新型プルームテックプラスを購入する方法は?最新のプルームテックプラスを入手する方法を紹介

 

【関連記事】

プルームエスを2ヶ月使ってみた感想。メリット・デメリットを詳しく紹介 – Capnos

 

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonで本家のアイコスをおさえて人気なのがHiTaste P6 miniというアイコス互換機。

  • 連続23本吸いが可能
  • 液晶パネルで温度調整・残り時間確認可能
  • アイコス3DUOのおよそ1/3の低価格

アイコスマルチでも連続吸いは10本までですが、P6 miniは23本。さらに重量はアイコス3の1/4と最軽量です。

タバコスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!

実機レビューはこちらで紹介しています。

  【レビュー】アイコス互換機HiTaste P6 miniを使ってみた感想

【関連記事】

アイコス互換機のおすすめはこれ!2019年のおすすめモデルを紹介