チョイスシリーズのシャグ 、ダブルメンソール味を吸ってみた感想になります。

メンソール系のシャグが好きで普段から色々なものを吸っていますが、今回は評判の高いチョイスダブルメンソール(CHOICE DOUBLE MENTHOL)をレビューします。

 

電子たばこ口コミサイトVape Hunt

チョイス ダブルメンソールのスペック

生産国 デンマーク
価格 760円
内容量 30g

 

開封

シャグ チョイスダブルメンソール

まずはチョイス ダブルメンソールの開封から。

開封してシャグに鼻を近づけてみます。

 

最初に感じたのは紙巻タバコのメンソール味と同じような香りがすること。アメスピメンソールやマルメンを嗅いだ時の感覚です。

 

「いや、メンソール味なんで同じでしょ」と思うかもしれませんが、シャグのメンソール味ってメンソールの清涼感にプラスしてタバコ葉特有の柑橘を思わせるような香りがするんですよね。

かすかにタバコ葉の香りはするのですが、それにメンソールの香りが勝っている感じです。

 

これは期待してよいものかどうか・・・

 

FENIX+で吸ってみた

FENIX+とチョイスダブルメンソール

さっそくチョイスダブルメンソールをヴェポライザーで吸っていきます。

今回、ヴェポライザー のFENIX+で試してみました。

 

190度くらいからスタートして吸っていきます。

 

・・・

 

開封時の香りがあまりにも紙巻タバコと酷似していたので心配していましたが、美味しいです。

一言で言うと、雑味の少ないメンソール系シャグといった感じでしょうか。

 

良い意味で紙巻タバコのメンソール味と同じような感じで気軽に吸える。

悪い意味でシャグ特有のタバコ臭さが少なく、物足りなさを感じるといった感じでしょうか。

 

ただ、メンソール系好きな筆者としては非常に吸いやすくレギュラーメンバーに入れたいシャグと感じました。

 

温度を上げて吸ってみる

次に温度を190度→220度に上げてみます。

一般的に温度が高くなると喫味は増しますが、メンソールの爽やかさが失われないか心配です。

 

・・・

 

温度をマックスに上げてもメンソールの清涼感は失われていません。

喫味が増した分、より吸いごたえを感じます。

 

通常、温度を上げた場合はタバコ葉の喫味が目立ち着香しているフレーバーは薄れる傾向にありますが、チョイスダブルメンソールは温度を上げてもしっかりメンソールの味わいが残っていました。

 

温度を下げて吸ってみる

次にフェニックスプラスで最も低い温度170度で吸ってみます。

 

・・・

 

全体的に味がまろやかになり、ライトな味わいに。喫味強めが好きな人は温度高めで、マイルド系な人は温度低めで設定すると良いかと思います。

 

チョイス ダブルメンソールの感想

チョイスダブルメンソールをヴェポライザーで吸う

コルツ メンソールチェ緑とも比較しても吸いやすいと感じたシャグでした。

改めて言うと、雑味の少ない爽やかなメンソール系シャグです。

 

値段も手頃なので普段遣いにちょうどよいシャグではないでしょうか。

個人的には中間くらいの温度で楽しむのがおすすめです。ぜひ参考にしてみてください。

 

【関連記事】

【2020年版】ヴェポライザーのおすすめシャグ。自分に合ったシャグ を見つけよう

 

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonで本家のアイコスをおさえて人気なのがUWOO Y1という最新のアイコス互換機。

  • 連続40本吸いが可能
  • 温度調整が可能
  • 最大13分の喫煙時間(アイコスは6分)

アイコスマルチでも連続吸いは10本ですが、UWOO Y1は驚異の40本。

ヒートスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!

   

【関連記事】

アイコス互換機のおすすめはこれ!2020年のおすすめモデルを紹介
 

おすすめ記事