[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】STANLEY(スタンレー)ラズベリーをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

STANLEYRasberry_01

2004年創業と比較的新しいベルギーのツイスト・タバコ社で生産されているシャグブランド、STANLEY(スタンレー)シリーズ。

フレーバー系シャグを展開するブランドは複数ありますが、そのラインナップが特に多いことから日本では「遊び系」シャグブランドの象徴のようにも捉えられています。

また、本レビューではこれまでにこれまでSTANLEY(スタンレー)シリーズの複数のフレーバーを試してきましたが、いずれも香料の精度の高さ、表現力の高さを感じてきました。

この辺も「遊び系」シャグとして絶大な支持を受ける所以と言って良いでしょう。

このSTANLEYシリーズのうち、今回ヴェポライザー、手巻き双方で試すのは、Rasberry(ラズベリー)というフレーバー。

フレーバー系シャグはパッケージ開封前から香料の匂いが外部に漂い、火をつけた後も副流煙などでプンプン漂い、周囲に何かと気を使うといった難点もありますが、STANLEY(スタンレー)ラズベリーの匂いはさほど強くありません。

開封前にはパッケージに鼻を近付けてみないと確認できないほどです。

赤いパッケージと商品名からラスベリーをイメージしたフレーバーであることは認識しつつも、喫味が全く想像できないのも正直なところ。まずはパッケージを開封し、細部を確認していきたいと思います。

STANLEY(スタンレー)ラズベリーのスペック

  • 商品名 STANLEY(スタンレー)ラズベリー
  • 生産国 ベルギー
  • 価格 780円
  • 内容量 30g
  • グラム単価 26円 / 1gあたり

開封

STANLEYシリーズ共通のやや簡素とも思えるパッケージを開けると、モサモサと細かい葉が入り組んでいるのを確認できます。

同時に鼻に強くついてくるのがラズベリーを模した香料の甘い匂い。

いちごともぶどうとも違う、ラズベリー特有の酸味と甘味が入り組んだ香りで、インドの甘いお香の匂いにも似た感じです。

鼻を近づけたばこ葉の香りを確かめようとしましたが、ラズベリーの酸味ある香りが壁となり、葉の風合いは感じることができませんでした。

葉の感じ

STANLEYシリーズ共通の細かくカットされた葉は、モサっと入り組んでいながらも柔軟で、どことなく同シリーズの他フレーバーよりも柔軟な印象です。

この辺は香料の影響もあると思いますが、ヴェポライザー、手巻き双方とも仕込みやすい印象を受けました。

ただし、やはり粘度と湿度を感じる葉ですので、しっかりほぐしてバランス良く仕込むことを怠ってはいけません。

特にSTANLEY(スタンレー)アップルで感じたような「香料ムラ」が起きないとは言えないので、ここは慎重にほぐして仕込むほうが良いでしょう。

この点に注意を払いながら、さっそくヴェポライザーで試してみたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

フレーバー系はもちろん、あらゆるシャグのポテンシャルを引き出す性能に優れたヴェポライザー・FENiX MINI PROで試すことにしました。まずは190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

ーーー

キック感は弱めで、口当たりは極めて軽め。ラズベリーのまろやかな甘味と酸味が口の中に広がっていく感じで、苦味なども特に感じません。

これはこれでアリと思いながらも、たばこ特有の喫味がかなり弱い点は、正直物足りなさを感じました。

この辺のことがヴェポライザーの温度を上げることで多少解決すると良いのですが……次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PRO220度に設定。

ーーー

依然として弱めのキック感と、柔くも感じるボディ。そこにラズベリーのまろやかな甘味と酸味だけが広がっていく感じで、たばこ感は190度からさらに弱まった印象です。

筆者のようなヘビースモーカーにとっては「とにかく物足りない!」の一言ですが、逆に言うと、たばこに不慣れな方、これから吸い始めようとする方にとってのゲートウェイシャグとしては最適であり、この辺はユーザーによって感想が大きく分かれるようにも思いました。

このようにヴェポライザーではたばこ感の弱さばかりを感じた筆者でしたが、手巻きにすると印象が変わるのでしょうか。次に試してみたいと思います。

手巻きで吸ってみた

モサモサの葉を綺麗にほぐした後、クルクル巻いて吸ってみます。

ーーー

ヴェポライザー同様、たばこ感は極めて薄いです。

キック感、ボディとも弱めであり、本当に吸えているのか疑問に思うほどで、何度も深く吸ってみましたが、その度にたばこの先の火が強まり減っていくばかりでした。

軽いわけでもなく、喫味が弱いわけでもなく、単に「薄い」たばこのように感じました。

その「薄さ」の中に感じる風合いは、苦味と同等にあるラズベリーに酸味と甘味。ヴェポライザーの項でも触れた通り、本当に喫煙初心者でないと満足できないようなシャグでした。

STANLEY(スタンレー)ラズベリーの感想

ヴェポライザーでは「まぁ初心者の方ならアリかな」と思うほどたばこ感の弱いシャグでしたが、手巻きではさらにその「薄さ」に驚きました。

これまで数十種のシャグを試してきている筆者ですが、中でも一番の薄さのように思いました。

ラズベリー感も確かにありますが、全体的にボヤけた印象のシャグです。

初心者の方以外は、もどかしい思いをしそうに感じましたが、これらはあくまでも筆者の感想です。是非あなたの口でも試してみてはいかがでしょうか。

ヴェポライザー評価:2/5

手巻き評価:1/5

ヴェポライザーと手巻きたばこのおすすめシャグ。自分に合ったシャグ を見つけよう

松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る