Capnos

電子タバコ総合情報メディア「カプノス」

タバコで歯が黄ばむ原因と対策とは?

「歯」というのはその人の印象を大きく左右します。

歯が黄ばんでいると、あまり清潔なイメージは持てませんよね?

「歯の黄ばみ」の原因の1つとしてタバコが挙げられますが、悩んでいる方も多いのでは?

当記事は、タバコで歯が黄ばむ原因と対策について詳しく紹介します。

 

タバコで歯が黄ばむ原因

f:id:mutant-tetsu:20190628092250j:plain

歯の黄ばみを気にしている人は結構多いはずです。

まずは原因を確認していきましょう。

タバコで歯が黄ばむ原因はタール(ヤニの成分)です。

タールというのはネバネバした粘着力が高い成分でできており、歯を黄ばませる作用があります。

そして、こびりついたヤニ(タール)が付着すると中々歯磨きでは汚れが取れなくなってしまいます。

 

ステインよりもヤニの方が歯を黄ばませる

f:id:mutant-tetsu:20190811145650j:plain

 ステインとは、食べ物や飲み物に含まれるポリフェノールなどが唾液の中のタンパク質と結合した汚れのことです。

色が濃く、酸性度が高い飲食物が原因で、ワイン・コーヒー・紅茶・キムチ・カレーなどを摂取するとステイン汚れがつきやすくなります。

しかし、タバコの「ヤニ」はこのステイン以上に歯を黄ばませる作用があり、一度付着すると中々除去できないものです。

つまり、自分はコーヒーやワインなど飲まないから歯が黄ばまないだろうと考えていても喫煙者であれば、そちらの方がより歯の黄ばみ原因を作っているということになります。

 

なぜ一度黄ばんだ汚れを落とすことが難しいのか

タバコのヤニが歯の黄ばみの大きな原因であることが分かりましたね。

では、なぜ一度付着した黄ばみは簡単に落とすことができないのでしょうか?

それは、ステインやヤニ汚れは時間が経つと、歯のエナメル質の中まで浸透してしまうからです。 

 

 

歯の黄ばみが気になる人が取る対策

f:id:mutant-tetsu:20190811145954j:plain

「気になる歯の黄ばみを何とかしたい」ときにはどのような対策を取るべきなのか。

歯医者さんに行く方法もありますが、まずは自分でできることからやってみましょう。

 

ホワイトニング用の歯磨き粉を使用する

ホワイトニング用の歯磨き粉は、汚れを直接落とすのに効果的です。

研磨剤は入っていないので歯を傷つけず、汚れを浮かして落とす薬用成分が入っているためホワイトニング効果が高いです。

 

正しいブラッシング

ヘッドの小さな歯ブラシで1歯ずつ丁寧に磨きましょう。

また、かみ合わせ部分、歯と歯の隙間、歯と歯肉の隙間を重点的に磨きましょう。

 

歯磨きが難しい場合はうがいをする

こまめな歯磨きが大事なのは分かっていても状況的に難しい時がありますよね。

そんな時はタバコを吸った後にうがいで口をゆすぎましょう。

うがいをするだけでも違ってきますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はタバコで歯が黄ばむ原因と対策について詳しく紹介しました。

歯が白くなることで笑顔に自信が持てたり、周りから明るい印象を持ってもらえます。

タバコを吸っている方は特に日頃のケアを大切にしたいですね。

ぜひ今後の参考にしてください。