電子タバコという言葉は一般的になってきました。

ところで海外では電子タバコはどのように言われるのでしょうか?

アメリカ、英語での事例を交えて紹介します。

 

電子たばこ口コミサイトVape Hunt

電子タバコを英語で言うと?

電子タバコは海外ではelectronic cigaretteと発音されます。

というか、海外から国内に入ってきた際に「electronic→電子  cigarette→タバコ」と直訳されたのでしょうね。

略して、e-cigarette / e-cig / e-smokeとも言われます。

 

VAPEの意味

一方で電子タバコのスラングでVAPEという言葉もあります。

日本では電子タバコと言えば、VAPEと呼ばれることが多いですね。

 

電子タバコをe-cigという人は国内ではほぼ見かけません。

 

VAPEには名詞と動詞2つの使い方があります。

 

なお、VAPEを利用する人をVAPER (ベイパー)とも言いますね。

 

【関連記事】

【2020年版】電子タバコVAPE(ベイプ)のリキッドおすすめをタイプ別に紹介

【2020年版】VAPE(ベイプ )のおすすめはコレ!おすすめモデルを紹介

 

ニコチン0、タール0、タバコの臭い0の電子タバコ

健康増進法の改正に伴い屋内での喫煙はますます厳しいものに。

そういった背景から注目を集めているのが、ニコチン・タール・タバコの臭いがゼロの電子タバコ「ドクターベイプ 」です。

楽天市場で売り上げ記録3冠を達成した人気のデバイスで、人気の秘密は美味しさにこだわったフレーバー。

  • 禁煙に挑戦しようと思っている
  • 電子タバコを始めようと思う
  • 肺や喉の健康が気になる

こういった人にはおすすめの電子タバコです。ぜひチェックしてみてください。

>>DR.VAPE(ドクターベイプ)公式サイトを見る