Capnos

電子タバコ総合情報メディア「カプノス」

電子タバコ(VAPE)の抵抗値とは?違いで味わいや煙に変化も

VAPE(ベイプ)の抵抗値とは?

VAPE(ベイプ )を始めたばかりの初心者からすると、聞き慣れない言葉かもしれません。

しかし、VAPE(ベイプ )を楽しむ上で抵抗値の意味や違いを抑えておくと、よりVAPE(ベイプ )ライフを楽しむことができます。

今回はVAPE(ベイプ )初心者向けに抵抗値の意味や違いについて詳しく解説します。

VAPE(ベイプ )の抵抗値とは?

f:id:mutant-tetsu:20190830100334j:plain

抵抗値とは簡単に説明すると、「電流の流れにくさの値」です。

VAPE(ベイプ )はバッテリーから電流を流し、アトマイザー内のコイルを通じてコットンを温め水蒸気を発生させます。

電流の流れにくさ、つまり抵抗値によって発生する煙の量や味に変化をつけることができます。

 

VAPE(ベイプ )を美味しく吸えるのは高い or 低い抵抗値?

f:id:mutant-tetsu:20190522104458j:plain
それでは、どの抵抗値だとVAPE(ベイプ )は美味しく吸えるのでしょうか?

せっかく吸うなら1番美味しい状態で吸いたいですよね。

一般的には抵抗値が高いほどリキッドの味を十分に引き出し美味しく吸えると言われています。

これは抵抗値高めでじっくり加熱した方がリキッドの味が乗りやすいためでです。

逆に抵抗値を低め(電力を高めにする)と煙の量は増えますが、リキッドの味は飛びやすくなると言われています。

 

爆煙仕様の抵抗値

一方で抵抗値を低めに設定するユーザーもいます。抵抗値を低めに設定すると高電力でVAPE(ベイプ )を使うことになるわけですが、煙量が増大するため、いわゆる「爆煙」を楽しむことができます。

VAPEトリックを楽しむユーザーのVAPE(ベイプ )は爆煙仕様に設定されています。

youtu.be

 

抵抗値の計算方法

f:id:mutant-tetsu:20190830101448j:plain

ここまで紹介した抵抗値ですが、Ω(オーム)と呼ばれます。

オームの法則というのを学校で聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

V=IR

電圧(V)=電流(I) × 抵抗値(R)

こちらがオームの法則です。ここから抵抗値を導き出すためには、

R = V / I

という計算式になりますね。

つまり、抵抗値を導き出すためには電圧(V) ÷ 電流(I)で導き出すことができます。

オームの法則についてはこちらの記事で詳しく解説されていますので、気になる人はチェックしてみてください。

オームの法則公式覚え方や計算のやり方!電流や抵抗を自在に求めよう | Studyplus(スタディプラス)

 

抵抗値設定の注意点

スターターキットなど本体で抵抗値の設定が出来るVAPE(ベイプ )なら使用に問題はありませんが、自分で好みの抵抗値にカスタマイズする場合は注意が必要です。

過度の調整をした場合にバッテリーに負荷がかかり、爆発する危険性があるからです。

バッテリーの限界値を超える抵抗値を設定しないように正しい知識を持って運用することをおすすめします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回、電子タバコの抵抗値について紹介しました。

基本的には低抵抗値であればリキッドの味わいが美味しく変化しますが、度を過ぎた設定は事故の原因にもなりますのでご注意を。