[カプノス]たばこ情報サイト

IQOS ILUMA(アイコスイルマ)の使い方を詳しく紹介

アイコスイルマ3

フィリップ・モリスから新しく発売された加熱式たばこ「IQOS ILUMA(アイコスイルマ)」

アイコス初の非ブレード型デバイスとして話題になっていますね。

本記事では加熱式たばこが初めての人でも分かるよう、詳しくアイコスイルマの使い方について紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

IQOS ILUMA(アイコスイルマ)概要

アイコスイルマ

従来のアイコスではブレード型の加熱方式を採用していました。

これは、たばこスティックを加熱する時にブレードを刺し、内部から加熱するものです。

一方、アイコスイルマのような非ブレード型のデバイスでは、穴内部の側面からたばこスティックを加熱します。

ブレードをなくすことでアイコスの悩みの種だったブレード折れから解放され、クリーニングも不要となりました。

テリア

なお、アイコスイルマには「TERIA(テリア)」という専用銘柄が用意されており、そちらを使います。

アイコス3以前のデバイスでは、マールボロ・ヒートスティックかヒーツという専用銘柄がありますが、こちらとは互換性がないので注意しましょう。

コンビニで注文する時に間違えないように注意しないといけませんね。

アイコスイルマの基本的な使い方

それでは、さっそくですがアイコスイルマの使い方を紹介します。

ここでは「たばこを吸う」という点にフォーカスし、基本的な使い方を紹介します。

アイコスイルマ独自の機能については後述します。

チャージャーを充電する

購入後、ある程度は充電がありますが、チャージャー本体に充電する必要があります。

アイコスイルマ10

本体底部にUSBケーブル用の穴があります。

なお、アイコスイルマ購入時に箱の中に充電ケーブル一式は同梱されています。

アイコスイルマ3

フル充電に要する時間は約135分。

一度のフル充電で20回喫煙することができます。

チャージャー側面のボタンを押すと、バッテリー残量を確認することができます。

ホルダーを充電する

チャージャー本体の充電が完了したら、次はホルダーの充電をします。

アイコスイルマ9

ホルダーをチャージャー本体にセットすると、自動で充電が開始します。

向きを間違えないように注意しましょう。(向きを間違えると入らない設計になっていますが)

本体上部の2個のLEDランプが点灯すれば、ホルダーの充電は完了です。

チャージャーのボタンを押すことでホルダーへの充電具合が確認できます。

専用銘柄をセット

ホルダーの充電が完了すれば、さっそく喫煙開始です。

アイコスイルマ11

先述したように、アイコスイルマは専用銘柄のテリアを使います。

ホルダーにグッと差し込んで行きます。

アイコスイルマ18

ちょうどフィルター部分にラインがあるので、そこまで押し込むのが目安です。

どちらが上下か分からなくなりそうですが、「TEREA」の文字が読める向きが正しい向きとなります。

たばこスティックを差し込めば、自動で加熱が開始します。

喫煙開始

加熱が完了するとホルダーが振動するのが喫煙OKの合図。

通常のたばこを吸うのと同じように、口に含み吸い込みます。

肺に入れて吐き出す方法が一般的な吸い方ですが、自身の好きな吸い方を楽しみましょう。

喫煙の終了

終了間際になるとホルダーが再度、振動します。

吸い終わる場合は、たばこスティックを抜けば自動で加熱は終了します。

アイコスイルマ19

吸い殻はそのままゴミに捨てて問題ありません。

シガレット(紙巻たばこ)と違い、火を使わないので失火の心配がありません。

 

以上がアイコスイルマの基本的な使用方法の流れとなります。

アイコスイルマの新機能

ここからはアイコスイルマから備わった新機能について紹介します。

アイコスイルマではアイコス3DUOにはなかった新機能が実装されています。

スマートジェスチャー リフトアップ

アイコスイルマ1

使用していない時にホルダーを手前に傾けるとホルダーのライトが点灯し、残りの使用可能回数が表示されます。

向きはどちらでもよくて傾ければ内部のセンサーが反応し、LEDランプが使用可能回数分に点灯します。

スマートジェスチャー ダブルタップ

アイコスイルマ2

使用中にホルダーをダブルタップ(軽く2回タップ)すると、バイブレーションで残りの使用時間が通知されます。

ホルダーの側面をトントンとタップすると、バイブレーションが複数回振動します。

吸い始めの振動回数は4~5回ほどですが、喫煙が進むに連れて振動回数が減っていきます。

振動が1回になると、残り時間も少ないというわけです。

トラブルシューティング

アイコスイルマを使用していく上で、「もしかして故障かも?」というケースに遭遇するかもしれません。

以下ではアイコスイルマのトラブルシューティングをまとめます。

ホルダーのライトが黄色く点滅している

バッテリーがなくなった状態で充電する必要があります。

あわせて、チャージャーにも十分に充電されているか確認しましょう。

ホルダーのライトが白く2回点滅し使用できない

動作温度範囲(0℃〜40℃)を超えています。

アイコスイルマを含む加熱式たばこは、極端に暑い場所や寒い場所では動作しないので適温に戻しましょう。

特に夏場、車のダッシュボードに入れたままにしておくと遭遇するケースが多いです。

ホルダーのライトが赤く点滅し使用できない

なんらかの事情で故障している可能性があります。

まずは、後述するポケットチャージャーのリセットを試してみてください。

それで改善されなければ、アイコスカスタマーセンターに問い合わせてください。

アイコスカスタマーセンター:0120-190517

アイコスイルマのリセット方法

ホルダーに不具合が生じた場合、リセットすることで直るケースがあります。

アイコスイルマ3

ホルダーをチャージャーに装填し、チャージャーのボタンをランプが消えるまで10秒間長押しして、離してください。

全てのライトがオフになる→2回点滅する→ゆっくりライトが点灯する

この状態になればリセットは成功です。

 

【関連記事】

IQOS ILUMA(アイコスイルマ)専用銘柄「TERIA(テリア)」おすすめをタイプ別に紹介

アイコス派ならアイコス互換機という選択肢も

商品紹介new

互換機なら色々なモデルから選べます。

  • 連続50本使用可モデル
  • 超コンパクトモデル
  • 液晶表示付きモデル
  • 温度&時間設定機能
  • 自動クリーニング機能

など、純正品には無い機能やコスパの良さが互換機の魅力です。

 
CAPNOS[カプノス]編集部

タバコの総合情報サイト「CAPNOS(カプノス)」 加熱式タバコや煙草全般に関する情報を配信します。

Twitterではたばこ業界の最新情報を発信しています。ぜひフォローして最新情報をチェックしてください!

→Twitterをフォローする

特集


ニュース


喫煙具を知る