[カプノス]たばこ情報サイト

アイコスイルマの新銘柄「テリア・フュージョン・メンソール」レビュー

teria-fusion1

 

アイコスイルマの専用銘柄として新しく「テリア・フュージョン・メンソール」が発売されました。

複数のフレーバーを組み合わせた複雑な味わいの銘柄。

さっそく試してみたので、味の感想をレビューしていきます。

テリア・フュージョン・メンソール

teria-fusion2

アイコスイルマの専用銘柄として12番目に発売された銘柄。

以前からアイコスを使用していた人は「おや?」と気づいたかもしれません。

アイコス3シリーズで使う、マールボロシリーズで発売されていた銘柄ですね。

アイコス3とアイコスイルマではスティックに互換性がないので、移植フレーバーが多く発売されています。

複数のフレーバーを文字通り「融合(フュージョン)」させた銘柄で、複雑な香りが特徴の銘柄。

さっそくアイコスイルマでも試していきたいと思います。

開封

teria-fusion3

淡い紫が印象的なパッケージ。

開封すると、スミレの花を思わせる芳香が漂います。

一応、メンソール銘柄に分類されますが、加熱前の時点では清涼感は弱めな印象です。

加熱することで、どう香りが開いていくのか続けて検証していきます。

喫煙開始

teria-fusion4

アイコスイルマにセットして喫煙を開始していきます。

一口目に感じたのは、以前のフュージョンメンソールと同じ香水のような印象の香り。

続いて、ハーブを感じさせる青草のような風合いもあります。

加熱前に感じたように、メンソールの清涼感は控えめな印象です。

テリアにはレギュラー味やメンソール味、フルーツ味と一通りのフレーバーが揃っています。

ですが、フュージョンメンソールのような花やハーブのニュアンスがある銘柄はありません。

現状、テリアの中では似た銘柄はないので、独特な味わいの銘柄と言えます。

teria-fusion5

ただ、この独特な味わいは人によっては好みの別れる銘柄だと感じました。

好きな人はハマりそうですが、花や香水を思わせる独特なニュアンスは苦手と思う人もいるかもしれません。

以前のフュージョンメンソールとの味わいの違いは?

フュージョンメンソール

以前、発売されていたアイコス3の同じ銘柄と吸い比べをしてみました。

全体としては大きな違いはありません。

アイコスイルマの方がどちらかと言えば、吸いやすい気もします。

もし、アイコス3でフュージョンメンソールを好んで吸っていた人は味がそこまで変わってないので、テリアでもおすすめします。

フュージョンメンソール購入方法

フュージョンメンソールの価格は1箱20本入りで580円(税込)となります。

他銘柄と同じ価格ですね。

アイコスストアや全国の主要たばこ店では11月1日から発売されています。

アイコスオンラインストアでは11月2日から。

全国のコンビニ(セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなど)では11月9日からとなります。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

【関連記事】

IQOS ILUMA(アイコスイルマ)専用銘柄「TERIA(テリア)」おすすめをタイプ別に紹介

アイコス派ならアイコス互換機という選択肢も

商品紹介new

互換機なら色々なモデルから選べます。

  • 連続50本使用可モデル
  • 超コンパクトモデル
  • 液晶表示付きモデル
  • 温度&時間設定機能
  • 自動クリーニング機能

など、純正品には無い機能やコスパの良さが互換機の魅力です。

 
CAPNOS[カプノス]編集部

タバコの総合情報サイト「CAPNOS(カプノス)」の編集部。 加熱式タバコや煙草全般に関する情報を配信します。


特集


ニュース


喫煙具を知る


20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。