[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】チョイス・ドルチェ#22をヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

デンマークのパイプタバコメーカーの名門・マックバーレン社が展開するブランド・CHOICEシリーズ。

フレーバー系シャグを多く展開しており、その大半は番記で表示されています。

CHOICEシリーズのシャグはなかなか面白いフレーバーばかりを展開している点は好感を持つ一方、肝心のたばこ感が極めて薄いシャグが多いことなど、筆者個人的には疑問に思う点もあるブランドではあります。

このCHOICEシリーズから今回試すのはチョイス・ドルチェ#22という銘柄です。

このフレーバーは、ラテンアメリカの伝統的な糖菓、ドゥルセ・デ・レチェという液体キャラメルを模したもの。

日本人には馴染みの薄いものですが、要はキャラメルと思って、どんな表現がなされているか試していきたいと思います。

さっそくチョイス・ドルチェ#22の細部をチェックした後、ヴェポライザー、手巻き双方で試していきたいと思います。

チョイス・ドルチェのスペック

  • 生産国 デンマーク
  • 価格 800円
  • 内容量 30g

開封

さっそく開封していきます。

CHOICEシリーズの中で、キャラメルの要素を使った銘柄に、チョイス・オリジナル#1というものがありますが、その風合いよりも爽やかな甘さが優しく鼻をついてきます。

ケミカルな感じはなく、ごくごく自然でずっと嗅いでいたくなるのは、CHOICEシリーズに共通する香料のレベルの高さから来るものかもしれません。

他方、たばこ葉の香りも微かに感じることができ、これまたCHOICEシリーズのフレーバー系シャグの多くに採用されているバージニア葉、バーレー葉、オリエント葉のブレンドであることがよくわかります。

辛苦く、スパイシーでもあるたばこ葉のブレンドに対し、爽やかな甘味を持つキャラメルの風合いがどう喫味に反映されるのか期待が高まります。

葉の感じ

刻みの細かさも、CHOICEシリーズに共通するもので全体の均一感も実に綺麗。

言われなければ1つのたばこ葉で構成されているようにさえ思えるほどなのも、CHOICEシリーズの他のラインと同様です。

ただし、CHOICEシリーズのフレーバー系シャグはパンチがかなり弱いものもあるため、この点の不安もいつも通りです。

この先入観、チョイス・ドルチェは覆してくれるのでしょうか。

まずはヴェポライザーから試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染みの扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

ーーー

キャラメルの風味は甘さだけでなく、ビターな感じも再現しており、この繊細さは好印象を抱きました。

ただし、やはりCHOICEシリーズのフレーバー系シャグに多いスカスカ感はチョイス・ドルチェも同様で、たばこを吸っている印象は極めて薄いです。

おそらくヴェポライザーとの相性が悪いのだと思いますが、これは本当に残念。

燃焼温度をアップさせることで多少は改善してくれると良いのですが……次に試してみたいと思います。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

キャラメルの風味がよりまろやかとなり、全体を丸く覆ってくれる印象を抱きました。

この甘味と苦味が実に豊かで、CHOICEシリーズのフレーバー系シャグに採用されている香料のレベルの高さをチョイス・ドルチェでも実感することができました。

しかし、たばこ感で言えば、190度も220度も大差なくスカスカ。

ヘビースモーカーの方にはまずヴェポライザーでの喫煙はオススメすることができません。

このあまりに貧弱な喫味、手巻きにすることで改善してくれるのでしょうか。次に試してみたいと思います。

手巻きで吸ってみた

バーレー葉の苦味がグッと上がり、キャラメルの風合いが甘味で抑えるような印象の喫味です。

ボディは依然として弱めではありますが、ヴェポライザーでのスカスカ感とは打って変わって強い個性を感じることができ、やはりCHOICEシリーズのフレーバー系シャグは、手巻きに限るのではなかろうか、と思う筆者でした。

なかなか個性的で面白い味でした。

チョイス・ドルチェの感想

これまでの経験上、CHOICEシリーズのフレーバー系シャグはヴェポライザーとの相性がとにかく悪いという先入観がありましたが、チョイス・ドルチェでも全くその通りの感想を抱きました。

しかし、対する手巻きでの喫煙は、苦味と甘味が絶妙に入り混じるという、個性のある喫味を感じることができ、なかなかの満足感を得ることができました。

確かにクセは強いですが、チョイス・ドルチェの場合、手巻きであればヘビースモーカーの方にも、遊び系シャグとしてオススメできそうにも思いました。

もちろん軽めではあるので、ライトスモーカーの方にも。機会がありましたら是非一服、お試しください。

ヴェポライザー評価:1/5

手巻き評価:3/5

 

【おすすめ記事】

手巻きたばこ用のおすすめシャグ20選。RYOを楽しもう

ヴェポライザーのおすすめシャグ20選

松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る