[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】マニトウ・ブルーをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

特にたばこにうるさいユーザーの間でも、かなり評価が高いMANITOUシリーズ。

化学添加物なし、香料添加物なし、保存添加物なしで、高級バージニア葉を中心にブレンドしたもの。過去に出ていたMANITOUよりも現在は含水率が3~4%下げられているようです。

今回試すマニトウ・ブルーは、シリーズのメイン商品マニトウ・ゴールドのライト版に当たるもの。

しかし、マニトウ・ブルーは100%バージニア葉で構成されており、マニトウ・ゴールドのようなオリエント葉のアクセントはありません。

これだけでも十分のコクと甘みを味わえるよう繊細に作られたシャグとのことで、自ずと期待が高まります。

余談ですが、ここのところフレーバー系シャグ、火力乾燥のコク強めのシャグばかり吸っていた筆者。久々にシンプルかつゴージャスな王道シャグを試せることが素直に嬉しく思います。

マニトウ・ブルーのスペック

  • 生産国 ドイツ
  • 価格 870円
  • 内容量 30g

開封

さっそく開封していきます。

さすが化学添加物なし、香料添加物なし、保存添加物なしの100%高級バージニア葉だけのブレンド。

「いかにもたばこ!」を感じる、香ばしい香りが鼻をつきます。

もちろん喫煙者であれば決してイヤなものではないはずであり、酸味、苦味を優しく覆うかのように漂う甘みから「これは絶対美味しい」ことを確信する筆者でした。

葉の感じ

冒頭で触れた通り、旧世代のMANITOUシリーズよりも含水率が3~4%下げられているようで、極めて乾いたたばこ葉です。

明確な根拠はないものの、筆者の経験上、「乾いたたばこ葉の喫味は辛いことが多い」ことから一瞬少々の不安もよぎりましたが、仮に辛かったとしても、評価の高いMANITOUなら、たばこ本来の喫味をダイナミックに感じさせてくれることでしょう。

それではさっそく、ヴェポライザー、手巻き双方で試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染み、扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

ーーー

前述のような「辛さ」は杞憂に終わり、ホワッと口の中に広がるのはバージニア葉特有の豊かな甘み。

一口目にして「うまい」の一言で、ヴェポライザーとの相性はかなり高いと思いました。

ボディもありますが、決して吸いにくいわけではなく、豊かな甘さと、その奥に微かに感じる苦味が実に良いバランス。

多くのユーザーのMANITOU支持に大いに納得する筆者でした。

190度で十分完成度の高い喫味を味わうことができましたが、温度を上げることでどんな変化があるのでしょうか。次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PRO220度に設定。

190度で感じたかなり良いバランスが、1パフ目ではやや崩れた印象を受けました。

しかし、2パフ、3パフするうちにバランスが整ってきて、より複雑な喫味が口の中、そして喉奥に響いてきます。

これはこれでアリな感じですが、190度と220度で、喫味にかなりの差が出るのもマニトウ・ブルーの特徴と言って良いかもしれません。

いずれにしても天然素材の高級バージニア葉ならではのコクを感じることができますので、このように温度を変えて様々な喫味を味わえるのもマニトウ・ブルーの面白い点のようにも思いました。

手巻きで吸ってみた

ヴェポライザーではかなり美味しく吸うことができたマニトウ・ブルー。

手巻きにして吸ってみると……急に辛さが強まりました。1パフ、2パフ、3パフの大差もなく、とにかく辛い。

ただし、この辛さがダメというわけではありません。

喫煙を好む人にとっては誰にでも受け入れられるであろうな豊かな喫味であり、シンプルなブレンドが持つ強さを十分感じることができます。

もちろん筆者も苦手ではなく、「ザ・たばこ」という喫味を味わいたい際に、マニトウ・ブルーの手巻きは最適のようにも思いました。

マニトウ・ブルーの感想

これまでのご紹介の通り、ヴェポライザーとの相性は極めて抜群のマニトウ・ブルーでしたが、さらに温度によって喫味に変化が起こることや、手巻きにするとまた違った辛い喫味を楽しめることからも、様々な喫煙環境で「味変」できる柔軟性の高いシャグのように思いました。

また、マニトウ・ブルーのバージニア葉の豊かな風合いは、「これ苦手」という人はまずいないであろう、実に優れたシャグです。

後味も素晴らしく、どことなくカラッと爽やかな味わいが口の中に残ります。

MANITOUシリーズに対し、多くのユーザーが太鼓判を押す理由がよくわかりました。

今後、筆者も指定銘柄にしたいと思いました。まず損することはない銘柄ですので、是非一度お試しいただければと思います。

ヴェポライザー評価:5/5

手巻き評価:5/5

 

【おすすめ記事】

手巻きたばこ用のおすすめシャグ20選。RYOを楽しもう

ヴェポライザーのおすすめシャグ20選

松田義人
松田義人(まつだ・よしひと) ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。

特集


ニュース


喫煙具を知る