[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】ペペ・ナチュラル・イージーグリーンをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

創業1770年のドイツの名門たばこメーカー、フォン・エイキン社が展開するシャグブランド、Pepe。

現在、ペペ・ナチュラル・イージーグリーン(Pepe Natural Easy Green)、ぺぺ・ナチュラル・リッチグリーンの2銘柄をラインナップしていますが、いずれも無添加で100%のバージニア葉をブレンドしたもので、ナチュラル系シャグを好むユーザーの間ではコアな支持があるようです。

筆者も最近はフレーバー系よりも、純粋なたばこ葉の喫味を感じられるナチュラル系を好んで吸っており、気になっているブランドでもありました。

どことなく奥ゆかしさを感じるパッケージのグリーンもシブくてカッコ良いです。

そんなPepeシリーズのうち、今回試すのはペペ・ナチュラル・イージーグリーンです。

事前に調べた情報によると、吸いやすく軽い口あたりが魅力とのこと。ナチュラル系のライトは継続的に吸いたいたばこでもあるので自ずと期待感が高まります。

それではさっそくペペ・ナチュラル・イージーグリーンを細かくチェックし、ヴェポライザー、手巻き双方で試していきたいと思います。

ペペ・ナチュラル・イージーグリーンのスペック

  • 生産国 ドイツ
  • 価格 750円
  • 内容量 30g

開封

さっそく開封していきます。

匂いはきつくなく、よく嗅いでみないと「たばこ臭」を感じられないほどです。

ただし、鼻を近づけ意識的に深く匂いを嗅いでみると、うっすらと苦味、甘みに加え、やや香ばしい風合いが複雑に入り組んだバージニア葉ならではの香りを感じることができます。

この薄い香りこそがナチュラル系ライトのゆえんなのかもしれませんが、この時点での実際の喫味を想像することは難しいです。

次に葉の感じも見ていきましょう。

葉の感じ

葉は細かく刻まれており、葉脈や茎のようなものが絡み合っています。

芯は強く、この辺に後の喫味で強いアタックを感じさせてくれるのではないかと想像します。

また、葉全体には、うっすらと湿度を感じつつも、触ってみても指先に粘度が移るほどではありません。

これらを総合して考えると、一見没個性のような葉に感じなくもないですが、実はとんでもないポテンシャルを生み出してくれるように思います。

果たしてどんな喫味を味わせてくれるのでしょうか。さっそく次にヴェポライザーから吸っていきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染み、扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。

190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

ーーー

前述の開封時や葉の感じを見た際には、全く想像できなかったのですが、バージニア葉の甘みを強く感じる喫味であり、ナチュラル系を好むユーザーならまず美味しく感じるであろう風合いです。

また確かに強い甘みではあるのですが、甘みの奥底にうっすらと辛味と苦味、そしてさらに薄めの酸味を感じることができ、総合的に感じる口あたりは実にまろやかです。

ナチュラル系シャグの中でも特に上品な喫味で、ガッツリというよりスマートな喫煙を楽しみたい方にはもってこいではないかと思いました。

なかなかポテンシャルの高さを感じるペペ・ナチュラル・イージグリーンですが、次にヴェポライザーの温度を220度に上げて吸い直してみたいと思います。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PRO220度に設定。

190度よりも辛味が強まった印象を受ける一方、鼻に抜けていくナチュラル感は独特の風合いで、これはこれで贅沢な喫味です。

燃焼温度を上げると、シャグによっては荒っぽい喫味になったり、やたらと辛くなったりするものもありますが、Pepe NATURAL EASY GREENの場合はこういったブレがなく、純粋に190度の喫味を、220度にしたことでやや深みを与えているかの印象でした。

190度で感じたスマートな喫味には変わりがなく、これまた上品に思う筆者でした。

いずれにしてもペペ・ナチュラル・イージーグリーンとヴェポライザーとの相性はかなり良く、ヴェポライザーユーザーの方には特にお勧めしたい銘柄だとも思いました。

ということでペペ・ナチュラル・イージーグリーンをかなり気にいってしまった筆者ですが、手巻きで吸った際、印象がどう変わるかを次に試してみます。

手巻きで吸ってみた

ヴェポライザーで吸った際とは打って変わって苦味と辛さが際立ち、いかにも「たばこ」な印象です。

ヴェポライザーで感じた豊かな甘さ、スマートで上品な感じはむしろなく、ナチュラル系ライトと謳われているのに結構ガツンとくる喫味でした。

ただし、これが美味しくないというわけでは決してなく、たばこ本来の味わいを楽しむには十分すぎるほどの風合いです。

総じて考えると、かなり良いシャグのように思いました。

ペペ・ナチュラル・イージーグリーンの感想

スマートかつ上品に味わいたい場合は、ヴェポライザー。ガッツリたばこ感を味わいたい場合は、手巻き。

こんな風に吸い分けることができるのもペペ・ナチュラル・イージーグリーンの特徴で、なかなか贅沢で豊かなシャグだと思いました。

ヴェポライザーユーザー、手巻きユーザー双方とも楽しめるシャグだと思います。

是非一度お試しされてみてはいかがでしょうか。

ヴェポライザー評価:5/5

手巻き評価:4/5

【おすすめ記事】

 

手巻きたばこ用のおすすめシャグ20選。RYOを楽しもう

ヴェポライザーのおすすめシャグ20選

松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る