[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】プエブロ・ナチュラル(ベージュ)をヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

無添加シャグとして「ヨーロッパ・ナンバーワンブランド」の呼び名さえあるPUEBLO NATURALシリーズ。

ドイツ産で、シガレットでの展開もありますが、シガレットの場合はニコチン量で分類されているものの、シャグの場合、どのようにして吸うかによってニコチン量を計ることができないため、シガレットのようなニコチン量の容量表示がなく、シリーズで名称は同じとなり、パッケージのカラーリングのみで分けています。

このため、店頭でシャグを購入する際は「PUEBLO NATURALのベージュのやつ」「ブルーのやつ」と指定しないといけません。

これはちょっと厄介で名称を改めるなど、早めになんとかして欲しいと思っています。

このうち今回試すのはプエブロ・ナチュラル(ベージュ)です。

シガレットでは10mgタイプのもので、プエブロ・ナチュラル(ブルー)の6mgに対して格段にアップした喫味を味わうことができそうです。

無添加・自然栽培のアメリカン・バージニア葉の繊細なブレンドが喫味にどう影響を及ぼしているのかが楽しみです。

それではさっそく実際にプエブロ・ナチュラル(ベージュ)を細かくチェックし、ヴェポライザー、手巻き双方で試していきたいと思います。

プエブロ・ナチュラル(ベージュ)のスペック

  • 生産国 ドイツ
  • 価格 780円
  • 内容量 30g

開封

さっそく開封していきます。自然栽培のアメリカン・バージニア葉をメインにブレンドしているPUEBLOシリーズ。

「いかにもたばこ!」な甘味、辛味、酸味を感じる香りです。

この香りはプエブロ・ナチュラル(ブルー)と同様ですが、プエブロ・ナチュラル(ベージュ)では、この香ばしいような、たばこらしい香りがより強く出ている印象です。

プエブロ・ナチュラル(ブルー)では喫味のボディに、やや物足りなさを感じた筆者でしたので、この強い香りに期待感が膨らむ思いです。

葉の感じ

刻みの細かいバージニア葉が、極めて乾いた状態で絡まりあっており、プエブロ・ナチュラル(ブルー)とそう大差はありません。

しかし、プエブロ・ナチュラル(ブルー)の葉が黄色いものが多かったのに対し、プエブロ・ナチュラル(ベージュ)では、もう少し深い、焦げ茶色の葉が入り組んでいます。

この深い焦げ茶色い葉が、ガツンとしたキック感を感じさせてくれるのではないかと希望的観測をする筆者でした。

というわけで次に、まずはヴェポライザーで試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染みの扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

ーーー

1パフ目から「まさにこれ!」と思える、あまりに美味しいバージニア葉の喫味が口の中に広がります。そして、喉奥で感じるボディも十分。

プエブロ・ナチュラル(ブルー)で足りなかったキック感もきちんと味わうことができました。

「ヨーロッパ・ナンバーワンブランド」という呼び名に対し、プエブロ・ナチュラル(ブルー)では正直「そこまでじゃないだろ!」と思うところもありましたが、プエブロ・ナチュラル(ベージュ)では納得することができました。

他シャグではなかなか味わうことができない芳醇な喫味でした。

十分満足した筆者でしたが、次にヴェポライザーの温度を220度に上げることで、アタックや喫味にどんな変化があるかを試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

190度よりもアタックが強まったことに加え、全体の芳醇さも高まり、さらに贅沢な喫味に変化しました。

全体的には丸っとした風合いで、1パフ、2パフ、3パフと吸い進めていくうちに「もっと吸いたい!」と思えるほどのうまさです。

次に試す手巻きで、喫味にどう変化があるかにもよりますが、ここまでの時点ではヴェポライザーで十分楽しめる味であり、使うシャグの量の節約も合わせ持って考えると、ヴェポライザーでの喫煙にかなり適したシャグなのではないかと思いました。

手巻きで吸ってみた

ヴェポライザーで味わうことができた甘味、酸味、辛味の絶妙なバランスですが、手巻きでは辛苦さが前面に来る点はプエブロ・ナチュラル(ブルー)と同様です。

しかし、この辛苦さの奥に、微かな甘さを感じることもでき、大人っぽい喫味として味わえます。もちろんプエブロ・ナチュラル(ブルー)よりもキック感もあります。

なかなかのポテンシャルを見せてくれるプエブロ・ナチュラル(ベージュ)。筆者は今後指定銘柄にしたいと思いました。

プエブロ・ナチュラル(ベージュ)の感想

甘い芳醇な喫味を味わいたい場合はヴェポライザー、辛苦いしっかりとした喫味を味わいたい場合は手巻きと、味変できる楽しみがあるのはプエブロ・ナチュラル(ブルー)同様ですが、いずれにしてもプエブロ・ナチュラル(ベージュ)は贅沢な喫味を感じさせてくれました。

かなりうまいシャグであることは間違いなく、「ヨーロッパ・ナンバーワンブランド」の呼び名は十分すぎるほど納得した筆者でした。

たばこが好きな方なら損をすることはないはずです。是非一度お試しください。

ヴェポライザー評価:5/5

手巻き評価:4/5

 

【おすすめ記事】

手巻きたばこ用のおすすめシャグ20選。RYOを楽しもう

ヴェポライザーのおすすめシャグ20選

松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る