[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】AMBER LEAF(アンバーリーフ)ブロンドをヴェポライザーと紙巻きで吸ってみた感想

AMBERLEAFBlonde_01

手巻きたばこの愛好家が多いイギリスで、圧倒的な支持を得ているAMBER LEAFシリーズ。

これまでにメイン銘柄AMBER LEAF、そしてオーガニック栽培によるバージニア葉を採用したAMBER LEAF ORGANIC BLENDを試しましたが、今回はその兄弟フレーバーとなるAMBER LEAF BLONDEをヴェポライザー、手巻き双方で試したいと思います。

事前に調べた情報によると、AMBER LEAFシリーズの中でも評価が高いフレーバーで「澄み切ったバージニアテイストを味わえる、バージニア葉を主体としたブレンド。後味はすっきりしている」とのこと。

これまで、こういったフレコミの通りの感想を抱けたことがあまりないひねくれ者の筆者ですが、しかし、「バージニア葉主体」というのは正しいはずで、バージニア葉が持つ芳醇な喫味を楽しめるかもしれないと思うと、自ずとワクワクしてきます。

AMBER LEAFシリーズに共通する格式高いロゴタイプの地には、「ブロンド」をイメージしてかうっすら黄身がかった白の地紋が敷かれています。

どことなく清楚で汚れのない印象を与えてくれますが、この点も純粋なバージニアテイストを感じさせる所以なのかもしれません。

それではまず、パッケージの開封から始めていきましょう。

AMBER LEAF(アンバーリーフ)ブロンドのスペック

  • AMBER LEAF(アンバーリーフ)ブロンド
  • 生産国 イギリス
  • 価格 660円
  • 内容量 25g
  • グラム単価 26.4円 / 1gあたり

開封

まず、AMBER LEAFシリーズ共通の一体型ビニールパッケージには、ジッパーが付帯されており、使いやすく壊れにくいのがありがたいです。

シャグの香りはさほどキツくないものの、鼻を近づけてみるとバージニアテイスト特有の苦味、酸味、甘味がついてきます。

これらが入り組んだ芳醇な香りは、経験上「間違いなくうまいシャグだ」と確信させるものでした。

葉の感じ

葉の色はAMBER LEAFシリーズ共通の濃いブラウンであり、ブランド側では、「この色が琥珀色なのだ」と謳っています。

ただし、この葉の色がAMBER LEAFシリーズだけのものなのか?と言えばそうではなく、他のブランドでも濃いブラウンの葉は無数にあるため、この点は疑問を持ち続けている筆者です。

また、葉そのものは柔軟でほぐれやすく、いかにも手巻きしやすそうな印象を覚えましたが、触ってみると微かに粘度があり、ファイアキュアード(火力乾燥)しているのであろうことが伝わってきました。

自然乾燥が好きな人もいると思いますが、筆者は火力乾燥のたばこが香ばしくて好きなので、ファイアキュアードが正しければこの点はありがたいです。

しかし、冒頭でも紹介した「澄み切ったバージニアテイスト」は火力乾燥によって生み出されるのかどうかはやや疑問も残ります。

まずはヴェポライザーで確認していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染みの性能抜群のヴェポライザー・FENiX MINI PROで試すことにしました。

まずは190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

ーーー

開封した際の想像通り、1パフ目からかなりうまいです。

程よいキック感とボディの間にある芳醇な甘味、酸味、苦味はまさにバージニア葉ならではの喫味で、もうこの時点で大満足で、何の不満も抱きません。

むしろこれから指定銘柄にしたいと思うほどのフレーバーで、筆者好みのシャグであると強く認識しました。

ただ、これで終わってしまってはレビューとして物足りないので、ヴェポライザーの温度を上げることで、どう喫味に変化があるのかを次に試してみたいと思います。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PRO220度に設定。

ーーー

190度での印象がさらに強まりながらも、バランスはキープされており、喫味に崩れはありませんでした。

言い換えれば燃焼温度によって左右されないほどよくできたシャグだとも表現できそうですが、これを手巻きにした際、どう変わってくるのでしょうか。

次に試してみたいと思います。

手巻きで吸ってみた

AMBER LEAF(アンバーリーフ)ブロンドの葉をクルクル巻いて吸ってみます。

ーーー

ヴェポライザーで感じたバランスに優れた喫味のうち、キック感と苦味が強く出ている印象を抱きながらもやはり全体的には「うまい」の一言。

口の中に広がる風合いは実に贅沢で、冒頭で触れた「澄み切ったバージニアテイスト」に嘘はないと思いました。

喫味バランスに優れ、その風合いも感じやすく、喫煙する環境によってのブレも小さいのがAMBER LEAF(アンバーリーフ)ブロンドであり、筆者個人的には今後の指定銘柄にしたいと思うものでした。

AMBER LEAF(アンバーリーフ)ブロンドの感想

ヴェポライザー、手巻きともに不満ゼロで、贅沢にバージニア葉ならではの芳醇な喫味を味わうことができました。

開封し、葉の感じを確認した時点で「ある程度うまいシャグだろう」ことは想像できましたが、正直ここまでうまいとは思いませんでした。

3フレーバーを展開するAMBER LEAFシリーズの中で最もうまく感じたのはもちろん、あまたあるシャグの中でも筆頭のうまさだと思いました。

本当にうまいシャグですので、機会がありましたら是非一度お試しいただきたいと思います。

ヴェポライザー評価:5/5

手巻き評価:5/5

ヴェポライザーや手巻きタバコのおすすめシャグ

松田義人
松田義人(まつだ・よしひと) ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。

特集


ニュース


喫煙具を知る

シャグブランド