[カプノス]たばこ情報サイト

ドクターベイプとドクタースティックを徹底比較。どちらがおすすめ?

drvape_drstick1

ニコチンを含まないリキッドタイプの電子たばこは、国内でユーザーを増やしています。

よくテレビCMやウェブ広告で見かけるのは、Dr.VAPE(ドクターベイプ)とDr.Stick(ドクタースティック)の2製品。

これから電子たばこを始めようと考えている人は、それぞれの製品の特徴や価格など気になるのではないでしょうか?

本記事ではドクターベイプとドクタースティックを価格・性能・味わいなど様々な点から比較していきます。

購入の判断材料にぜひご活用ください。

電子たばことは?

喫煙する男性

そもそも「電子たばこ」とは、どういった製品なのでしょうか?

電子たばことは、液体リキッドを電気の力で加熱して発生した蒸気を吸い込む製品です。

この液体リキッドは植物性グリセリンなどで構成されており、医薬品や食品添加物にも使われる安心な成分。

ドクターベイプのカートリッジ。内部には液体リキッドが充填されている

たばこと違い、嫌な匂いやタール、ニコチンが発生しないことから年々ユーザーを増やしています。

昨今の嫌煙・禁煙ブームも相まって多くの支持を集める製品です。

以下では、その電子たばこで人気のある「ドクターベイプ」と「ドクタースティック」の特徴や違いを紹介します。

Dr.VAPE(ドクターベイプ)

ドクターベイプモデル2-9

ドクターベイプは株式会社ロックビルが販売する電子たばこ。

インターネット販売をメインにユーザーを伸ばしているデバイスです。

ドクターベイプモデル2カートリッジ

ドクターベイプの専用カートリッジ

リキッドが詰まったカートリッジを取り替えるタイプの電子たばこで、簡単に交換することができます。

初期はモデル1を販売していましが、現在は改良されたモデル2が販売されています。

初期型のドクターベイプモデル1

ドクターベイプモデル2メンソール味

ドクターベイプモデル2

Dr.Stick(ドクタースティック)

ドクタースティック8

DR.STICK(ドクタースティック)は、株式会社HALが販売する電子たばこ。

こちらもインターネット販売がメインでユーザーを伸ばしているデバイスです。

グロー_ドクタースティック5

ドクタースティックの専用カートリッジ

ドクターベイプと同じくカートリッジ交換型のデバイスで、カートリッジを交換するだけで味を変えることができます。

 

両製品を見ると、仕組みや外観もほぼ同じように感じますが、どのような点が違うのでしょうか?

以下ではさらに掘り下げて、スペックや価格、ランニングコスト、味わいの違いを多角的に比較・検証します。

外観の違い

drvape_drstick2

外観やサイズに関しては、ほぼ同じような見た目です。

両製品を手に取ってみましたが、さほど重さの違いも感じません。

ドクターベイプがシリコンのような素材に対し、ドクタースティックはアルミの手触りです。

どちらもペン型のサイズ感で、手のひらに収まります。

サイズ感に関してはどちらも持ち運びしやすいデバイスと言えます。

吸引回数

次に吸引回数の違いについて見ていきましょう。

吸引回数とは、1回のカートリッジで何回吸えるのか?という値です。

ドクターベイプが1カートリッジで600パフ(たばこ2箱分)喫煙可能です。

(注:パフとは1吸引のこと。紙巻きたばこ1本で平均10パフ前後)

ドクタースティックは1カートリッジで290パフ(たばこ1.5箱分)となります。

吸引回数
DR.VAPE 600回
DR.Stick 290回

吸引回数については、ドクターベイプに軍配が上がりますね。

つまり、ドクターベイプの方がカートリッジを交換する手間が少ないということです。

操作方法の違い

次に操作方法(扱いやすさ)について見ていきましょう。

結論から言うと、どちらも操作感については同点と言えます。

カートリッジは抜き差しするだけで簡単に交換できます。

ドクターベイプモデル2-6

ドクターベイプのカートリッジ交換

ドクタースティック1

また、両製品とも電源ボタンはありません。

吸引すると自動的に煙が出る仕組みです。

どちらもシンプルな作りで操作しやすいデバイスです。

よって、操作感・扱いやすさは同点と言えます。

価格、ランニングコストの違い

次に価格やランニングコストを見ていきましょう。

なお、両製品とも定価での販売ではなくキャンペーン適用後の価格で比較します。

ドクターベイプのスターターキット

ドクターベイプモデル2セット

【内容物】

  • 本体
  • カートリッジ2箱(ポッドは4つ)

【価格】

8,800円→4,980円(送料込み)

ドクタースティックのスターターキット

ドクタースティック2

【内容物】

  • 本体
  • カートリッジ1箱(ポッドは5つ)

【価格】

9,980円→980円(送料込み)

 

金額だけを比較すると、ドクタースティックの方が安く感じます。

ただ、内容物のカートリッジ数や容量が違う点も見逃せません。

つまり、金額ではなく喫煙可能回数やコスパの良さを詳しく見ることで、どちらが本当にお得か?ということが分かると思います。

それぞれのスターターキットに同梱されているカートリッジの総吸引回数は以下の通りです。

  • ドクターベイプ:合計2,400回
  • ドクタースティック:合計1,450回

ドクターベイプの方が吸引回数が1,000回ほど多いです。

それぞれの価格や吸引回数の違いを表にまとめてみます。

DR.VAPE DR.Stick
内容 本体

カートリッジ×2

本体

カートリッジ×1

吸引回数 2,400回 1,450回
価格 4,980円 980円

ランニングコストの違い

豚の貯金箱

ランニングコストについても詳しく見ていきましょう。

と言うのも、それぞれの製品で1カートリッジ当たりの吸引回数や価格が違うからです。

さらに、1箱に入っているカートリッジの数も違うため計算が少し複雑になります。

結論から言うと、ドクターベイプの方がランニングコストは良いです。

カートリッジの価格、吸引回数、ランニングコストを以下の表で比較します。

Dr.VAPE Dr.Stick
1箱の価格 1,650円 3,000円
カートリッジ数 2個 5個
カートリッジ単価 825円 600円
吸引回数

(1カートリッジあたり)

600回 290回
吸引回数

(1箱あたり)

1,200回 1,450回
1吸引単価 約1.37円 約2.06円

表から分かるようにドクターベイプの方が、若干1吸引単価が安くなります。

微々たる違いですが、コスパはドクターベイプの方が良いと言えます。

ちなみに、紙巻きたばこは1本あたり10~14回の吸引回数と言われています。

1箱20本入り600円の紙巻きたばこでは、1吸引単価は3円ほどになるので、電子たばこの方がコスパに優れていると言えます。

味わいの比較

vapeを吸う男性

両製品ともフレーバーを複数種類展開しています。

ドクターベイプは9種、ドクタースティックは4種となります。

選べる種類で言うと、ドクターベイプの方が種類は豊富です。

ドクターベイプのフレーバー

ドクターベイプのフレーバー

それでは、肝心の味わいはどうでしょうか?

味はそれぞれ好みがあると思いますが、編集部で試したところドクターベイプのメンソール フレーバーが1番人気でした。

好みもありますが、ドクターベイプの方が味わいの種類も多く、人気のフレーバーが揃っています。

ドクターベイプとドクタースティックどちらがおすすめ?

様々な面から両製品を比較しました。

それぞれの比較項目を表にすると以下のようになります。

Dr.VAPE Dr.Stick
スターターキット

の価格

4,980円 980円
スターターキット
の総吸引回数
2,400回 1,450回
1吸引あたりの単価 約1.37円 約2.06円
使いやすさ
コスパ
味わい

以上の比較から、以下のような結論になります。

 

フレーバーの味わいを重視したい人はドクターベイプがおすすめ。

初期費用を抑えたい方はドクタースティックがおすすめ。

 

電子たばこの購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

>>DR.VAPE公式サイトを見る

>> Dr.Stick公式サイトを見る

ニコチン0、タール0、タバコの臭い0の電子タバコ

ドクターベイプモデル2-9
健康増進法の改正に伴い屋内での喫煙はますます厳しいものに。

そういった背景から注目を集めているのが、ニコチン・タール・タバコの臭いがゼロの電子タバコ「Dr.VAPE(ドクターベイプ) 」です。

楽天市場で売り上げ記録3冠を達成した人気のデバイスで、人気の秘密は美味しさにこだわったフレーバー。

  • 禁煙に挑戦しようと思っている
  • 電子タバコを始めようと思う
  • 肺や喉の健康が気になる

こういった人にはおすすめの電子タバコです。ぜひチェックしてみてください。

>>DR.VAPE公式サイトを見る



CAPNOS[カプノス]編集部

タバコの総合情報サイト「CAPNOS(カプノス)」の編集部。 加熱式タバコや煙草全般に関する情報を配信します。


特集


ニュース


喫煙具を知る


20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。