[カプノス]たばこ情報サイト

DR.STICK(ドクタースティック)のレビュー。ニコチンゼロの電子たばこを試してみた感想

ドクタースティック6

電子タバコで気になっていたDR.STICK(ドクタースティック)。

手に入れる機会がありさっそく試してみました。

DR.STICK(ドクタースティック)の購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

DR.STICK(ドクタースティック)とは?

ドクタースティック1

ポッド一体型の電子タバコで、ポッドにチャージされたリキッドを加熱して発生した蒸気(VAPE)を楽しむデバイス。

リキッドチャージは不要でポッドを入れ替えるだけで楽しむことができます。

味の変更も簡単に行うことができますね。

ドクタースティック9

以下ではさっそくDr.Stick(ドクタースティック)のレビューを行っていきたいと思います。

開封

ドクタースティック2

さっそくスターターキットを開封していきます。

キット内容は、

  • バッテリー(本体)
  • リキッド入り専用ポッド
  • USBアダプター

となります。充電ケーブルのみになるので、パソコンに接続するかスマホの充電器を流用して充電します。

充電口

ドクタースティック3

DR.STICK(ドクタースティック)の充電はUSBケーブルTYPE-B。

本体下部に充電の差込口があります。

ちなみに筆者が試した環境では開封した時に充電されていました。

ポッド

ドクタースティック4

DR.STICK(ドクタースティック)の肝というべきリキッドポッド。

スタートキットには一つ同梱されています。

このポッドを本体に差し込むだけでOK。

ドクタースティック5

ポッドを差し込む向きがあるのでその点だけ注意してください。

使用開始

ドクタースティック7

ポッドもセットし終えたのでさっそく使用開始。

よくよく見るとDR.STICK(ドクタースティック)には電源ボタンの類が一切ありません。

オートパフ機能を搭載しており、吸引している時だけ動作する仕組みになっています。

なので、加熱開始・喫煙終了などを意識する必要がありません。

自分が吸いたい時にさっと取り出して、吸引すれば煙が発生します。

ドクタースティック8

今回、試してみたのはストロングメンソール味。

吸い込んで鼻から抜ける時の清涼感が心地いいです。

なかなかの強メンソール感。

煙もけっこう発生するので吸いごたえがあります。

ちなみに1ポッドにつき290パフ 使用可能。

だいたい紙巻きたばこ1本につき7〜10パフと言われているので、1ポッドにつきたばこ36本前後といったところでしょうか。

総括

ドクタースティック6

まず本体の軽さに驚きました。

ポッド一体型の中でもかなり軽い部類に入るのではと。持ち運びもしやすそうです。

電子タバコというと、ゴツゴツしたデバイスをイメージしてしまいますが、DR.STICK(ドクタースティック)はその点かなり軽いです。

味は当たり前ですけど、VAPEそのまま。

たばこの嫌な匂いもなく、クリアなリキッドの味わいを楽しむことができます。

本体はコンパクトに設計されていますが、しっかり煙(水蒸気)も出て味も出ています。

個人的にはメンソール味が美味しいと感じました。

クセのないメンソールなのでダラダラと吸い続けてしまいそうです。

DR.STICK(ドクタースティック)公式サイトから購入することができるので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

>> Dr.Stick(ドクタースティック)公式サイトへ

CAPNOS[カプノス]編集部
タバコの総合情報サイト「CAPNOS(カプノス)」 加熱式タバコや煙草全般に関する情報を配信します。 Twitterではたばこ業界の最新情報を発信しています。ぜひフォローして最新情報をチェックしてください! ⇒Twitter

特集


ニュース


喫煙具を知る