人気電子タバコのDR.VAPE(ドクターベイプ)。購入を検討している人も多いのではないでしょうか?

実際に購入して使っていく中でどのくらいのコストがかかるものなのでしょうか?

今回はシミュレーションを交えてDR.VAPE(ドクターベイプ)のコスパについて解説します。

 

電子たばこ口コミサイトVape Hunt

DR.VAPE(ドクターベイプ)のコスパはタバコより安い?

結論から言うと、DR.VAPE(ドクターベイプ)のコスパは紙巻タバコと比べた場合、ランニングコストは安くなります。

アイコスやグローなどの加熱式タバコのコスパも紙巻タバコとほぼ同じなので、加熱式タバコと比べても安くなると言えます。

それでは実際にDR.VAPE(ドクターベイプ)を使用するとどのくらいのコストがかかるのでしょうか?

本体価格や、毎日使うカートリッジと詳しく掘り下げます。

 

DR.VAPE(ドクターベイプ)の本体価格

DR.VAPE(ドクターベイプ)にかかる本体価格は送料込みで8500円。

税抜きなので、最終的には9350円となります。

 

しかし、DR.VAPE(ドクターベイプ)公式サイトから購入した場合、5000円オフの割引が適用されるので実質3500円で購入することができます。(税込3850円)

 

アイコス などの加熱式タバコが8000円くらいなので定価での購入は割高ですが、キャンペーンを利用すればお得と言えるでしょう。

 

DR.VAPE(ドクターベイプ)のカートリッジ価格

次にカートリッジの価格を見ていきましょう。

カートリッジというのは加熱式タバコで言うと、タバコスティックの部分。紙巻タバコで言うとタバコの部分。

つまり、ドクターベイプの消耗品に当たる部分です。

1箱に3カートリッジ入っており、送料込みで3000円。こちらもキャンペーンを利用すると2000円で購入することができます。(税込2200円)

 

カートリッジ一つあたり733円で購入できる計算になります。

 

1カートリッジはタバコ何箱分?

1カートリッジにつき733円と聞くとタバコに比べると割高に感じますよね。

しかし、実際は1カートリッジでおよそタバコ1.7箱分吸うことができます。

 

1カートリッジあたり500パフ吸うことができます。見た目はスリムなサイズ感ですが、かなり大容量のパフ回数を実現しています。

 

ドクターベイプのコスパをシミュレーション

それでは実際に、毎日タバコ1箱を吸うと仮定してドクターベイプと比較してみましょう。

タバコ代は1箱500円で計算するものとします。

 

DR.VAPE タバコ
単価 733円 500円
使用回数 タバコ1.7箱分
30日使用したコスト 1万2900円 1万5000円
1年使用したコスト 15万4800円 18万円

 

タバコに比べると年間で2万5200円ほど安くなる計算になります。

タバコは年々、値上がりしているのでこの差は今後開いていくとものと思われます。

 

ドクターベイプ最大のメリットはコスパに非ず

ここまでドクターベイプのコスパに触れてきておいて何ですが、ドクターベイプでタバコ代が節約できるのは「副産物」と言っていいかもしれません。

ドクターベイプを利用する最大のメリットは、ニコチンゼロ・タールゼロ・タバコの嫌な臭いゼロという点にあります。

 

昨今、健康志向や分煙・禁煙が進行している中でますますドクターベイプのような健康志向な製品が支持を得るのではないでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ドクターベイプのコスパについて解説しました。

今吸っている紙巻タバコ(もしくは加熱式タバコ)をそのままドクターベイプに変えるだけでタバコ代の節約になります。

ニコチンもゼロなので禁煙を検討している人にもおすすめの製品ですね。ドクターベイプの購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

>>DR.VAPE(ドクターベイプ)公式サイトを見る

 

【関連記事】

ドクターベイプの口コミや評判は?実際に使った感想を交えてレビュー

 

ニコチン0、タール0、タバコの臭い0の電子タバコ

健康増進法の改正に伴い屋内での喫煙はますます厳しいものに。

そういった背景から注目を集めているのが、ニコチン・タール・タバコの臭いがゼロの電子タバコ「ドクターベイプ 」です。

楽天市場で売り上げ記録3冠を達成した人気のデバイスで、人気の秘密は美味しさにこだわったフレーバー。

  • 禁煙に挑戦しようと思っている
  • 電子タバコを始めようと思う
  • 肺や喉の健康が気になる

こういった人にはおすすめの電子タバコです。ぜひチェックしてみてください。

>>DR.VAPE(ドクターベイプ)公式サイトを見る