VAPE

DR.VAPE(ドクターベイプ)とグローの違いとは?

  1. HOME >
  2. VAPE >

DR.VAPE(ドクターベイプ)とグローの違いとは?

300万本を売り上げた電子タバコのDR.VAPE(ドクターベイプ)。

一方で国内で加熱式タバコとして知名度のあるglo(グロー)。タバコという大カテゴリは共通する製品でうが、ドクターベイプとグローにはどういった違いがあるのでしょうか?

 

ドクターベイプとグローは全く違う商品

結論から先に言うと、ドクターベイプとグローは全く違う商品です。

ドクターべいぷは電子タバコと呼ばれる製品で、グローは加熱式タバコと呼ばれる製品。混乱してきましたね・・・

以下では両製品の特徴を紹介しながら、それぞれの違いについても紹介します。

 

ドクターベイプの特徴

ドクターベイプ

ドクターベイプは電子タバコと呼ばれるジャンルの商品。

リキッドと呼ばれる液体状のものを電気の力で温めて、発生したミスト(蒸気)を吸う製品になります。

VAPEとも呼ばれる製品ですね。

以前、電子タバコ業界の人と「電子タバコってタバコと名前は付いているけど、実際は吸うアロマだよね」なんて話したこともありますが、あながち外れてないと思います。

 

海外では電子タバコのリキッドにはニコチンが添加されているのが一般的ですが、国内では法律の関係上ニコチンなしになります。

ドクターベイプも例外ではなく、ニコチンが含まれていない製品になります。

 

グローの特徴

グロー

一方でグローは加熱式タバコと呼ばれる製品。国内ではアイコスなども有名ですね。

ドクターベイプはリキッドを暖めてミスト発生させる仕組みですが、グローはタバコスティックと呼ばれるタバコ葉が詰まったスティックを加熱して煙を発生させます。

直接、火を使わずに煙を発生させる点が従来の紙巻タバコと異なります。

 

もちろんタバコ葉を使っているのでニコチンはしっかり入っています。紙巻タバコに比べると煙の量が少ないのもグローの特徴と言えます。

 

ドクターベイプとグローの決定的な違い

ドクターベイプとカートリッジ

ドクターベイプとグローの決定的な違いはどういったものがあるのでしょうか?

両製品の違いは「ニコチンの有無」と「味わい」にあるでしょう。

先ほども紹介したようにドクターベイプはニコチンゼロの製品です。一方でグローはタバコ葉がしっかり使われており、ニコチンも含まれています。

 

また、味わいの違いも大きなポイントです。ドクターベイプはリキッドを加熱して発生した蒸気を吸引します。

タバコ葉を加熱して煙を発生させるわけではないので、タバコのような喫味やスモーキーさといったものはありません。

一方でグローは加熱方式の違うタバコといった具合で、紙巻タバコと喫味は少し異なるもののタバコ本来の味に近いものがあります。

 

ドクターベイプ最大のメリット

ドクターベイプとカートリッジ

ドクターベイプは電子タバコというジャンルではありますが、ある意味「タバコ」と考えない方がしっくりする製品かもしれません。

なので、ドクターベイプにタバコと同じような喫味やスモーキーさを求めている人はガッカリするかもしれません。

 

ドクターベイプに求めるべきはそこではなく、健康や受動喫煙に配慮された製品であること。

ニコチンゼロ、タールゼロ、タバコの嫌な臭いゼロというのがドクターベイプの真骨頂。

ドクターベイプのコンセプトは公式サイトでも触れられていますが、

「世界一おいしくて健康な電子タバコ」

 

禁煙をしたい人や健康的な理由でタバコを辞めようかと検討している人に最適な商品と言えます。

 

コストの違い

次にドクターベイプとグローにかかるコストの違いを見ていきましょう。

両製品の本体価格や消耗品(タバコスティックとフレーバーカートリッジ)の価格や単価をそれぞれ比較し、ランニングコストの違いを検証します。

 

なお、比較に際しての条件は以下の通りです。

  • ドクターベイプの本体は割引後の価格を適用(8500円→3500円)
  • ドクターベイプのカートリッジも割引後の価格を適用(2700円→2000円)
  • パフ回数(吸引)はタバコ1本あたり10パフで想定

 

ドクターベイプ グロー
本体価格 3500円 1980円
消耗品(タバコ部分) 666円(2000円で3セット入り) 460円
喫煙本数 50本分(500パフ) 20本分
1本単価 13.3円 23円

ドクターベイプのランニングコストはグローに比べて、およそ4割減といったところでしょうか。

仮に毎日、タバコ一箱分(20本)のタバコを吸うと仮定するとグローは1万3800円、ドクターベイプは7980円となり5820円ほどタバコ代を節約することができます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ドクターベイプとグローの違いについて紹介しました。

タバコという括りでは似たような製品に見えますが、両者は似て非なる製品と言って差し支えないでしょう。

吸いごたえ、ニコチンの有無、煙の臭い、コストなど様々な面で異なります。

ドクターベイプの購入を検討している人は、公式サイトからの5000円割引の特典を受けることできるので、公式サイトからの購入をおすすめします。

>>DR.VAPE(ドクターベイプ)公式サイトを見る

 

【関連記事】

ドクターベイプの口コミや評判は?実際に使った感想を交えてレビュー

 

ニコチン0、タール0、タバコの臭い0の電子タバコ


健康増進法の改正に伴い屋内での喫煙はますます厳しいものに。

そういった背景から注目を集めているのが、ニコチン・タール・タバコの臭いがゼロの電子タバコ「ドクターベイプ 」です。

楽天市場で売り上げ記録3冠を達成した人気のデバイスで、人気の秘密は美味しさにこだわったフレーバー。

  • 禁煙に挑戦しようと思っている
  • 電子タバコを始めようと思う
  • 肺や喉の健康が気になる

こういった人にはおすすめの電子タバコです。ぜひチェックしてみてください。

>>DR.VAPE(ドクターベイプ)公式サイトを見る



あなたにオススメ

×
  • この記事を書いた人
CAPNOS[カプノス]編集部

CAPNOS[カプノス]編集部

電子タバコの総合情報メディア「CAPNOS(カプノス)」編集部。 当メディアでは加熱式タバコや電子タバコに関する情報を毎日発信します。

特集

喫煙する男性 1

国内では様々な加熱式タバコが販売されています。 普段、紙巻きタバコを利用している人で以前から加熱式タバコが気になっていた人という人もいるでしょう。   当記事では、下記のようなユーザーに向け ...

テレワーク 2

コロナウイルスの影響で仕事がオフィスワークからテレワークに変わった人も多いのではないでしょうか。 新しい働き方として注目される一方で、在宅ワークゆえに喫煙に関する問題も浮上しています。 テレワーク環境 ...

ニコレスとアイコス 3

アイコスで使える互換スティック「ニコレス 」 ニコチンゼロで吸える製品ですが、ニコレスで禁煙生活は可能なのでしょうか? 実際に2週間試してみた感想を紹介します。   ニコレスで禁煙生活 ニコ ...

タバコ 4

年々、タバコ代は上がっておりタバコの出費も増えてきている昨今。 1箱1000円まで上げるという話しも政府内から出たりしています。喫煙者にとっては肩身が狭い状況ですが、毎月のタバコ代の出費もばかになりま ...

-VAPE

© 2020 CAPNOS[カプノス]