[カプノス]たばこ情報サイト

DR.VAPE(ドクターベイプ)はタバコ代の節約になるのか?

喫煙する男性

累計300万本を売り上げた人気電子タバコのドクターベイプ。

現在は最新モデルとしてドクターベイプ2が販売されています。

ドクターベイプ2ですが、タバコから乗り換えることでタバコ代の節約になるのでしょうか?

具体的な数値を交えながらドクターベイプ2がタバコ代の節約になるか否かについて検証します。

ドクターベイプ2はタバコ代の節約になる?

結論から言うと、紙巻タバコと同じペースでドクターベイプ2を喫煙した場合、タバコ代は1/2ほど節約することができます。

もし、あなたが毎月1万円のタバコ代を使っているとしたら、約5,000円に抑えられる計算になります。

タバコ代は毎年値上がりしているので、今後その差はますます開くばかりでしょう。

タバコ代の節約になるが注意点も

ドクターベイプモデル2-9

ドクターベイプ2に乗り換えることでタバコ代の節約にはなりますが、注意点が一つ。

それは、ドクターベイプ2がニコチンゼロの製品であるということ。

「とにかくニコチンを摂取しないとイライラする」

という人はオススメできる製品ではありません。

しかし、ニコチンを積極的に摂取したいわけではなく、手持ち無沙汰でなんとなくタバコを吸っていた人にはおすすめです。

タバコ代も浮き、健康面も改善される点が人気の理由です。

DR.VAPE(ドクターベイプ)の費用をシミュレーション

ドクターベイプ比較2

それでは、ドクターベイプ2にかかる毎月の費用をシミュレーションしていきましょう。

今回、ドクターベイプと紙巻タバコで比較します。

アイコスやプルームテックなどの加熱式タバコも紙巻きタバコとほぼ同じ値段なので、比較できると思います。

なお、ドクターベイプ2の費用は公式サイトのキャンペーン価格を基準に計算します。

消耗品 1,320円

(タバコ4箱に相当)

580円
喫煙本数 80本分 20本分
タバコ1本分の

喫煙単価

16.5円 29円

ドクターベイプ2のカートリッジ1箱はタバコ4箱分に相当します。

1箱1,320円(定期購入時)とタバコ1箱より高いですが、単価で計算すると安くなります。

味わいはタバコと全く同じではない

たばこに火を点ける男性

紙巻きタバコからドクターベイプ2に替えることで、タバコ代を大きく節約することができます。

しかし、タバコとドクターベイプ2の味わいは全く異なる点は注意が必要です。

ご存じの通り、タバコはタバコ葉に着火して発生した煙を喫煙します。葉を燃やしているためスモーキーな味わいが特徴です。

一方、ドクターベイプ2はリキッドを加熱して発生した蒸気を喫煙するため、スモーキー感はありません。

タバコのような喫味とは異なるので注意しましょう。

レギュラータバコが好きな人は、あまり向いてないと言えるかもしれません。

しかし、メンソールやフルーツ系の味わいが好きな人は向いていると言えます。

タバコ代を節約するなら

タバコからドクターベイプに切り替えることで、およそ半分のランニングコストで利用できます。

さらにニコチンゼロ、タールゼロ、タバコの嫌な臭いもゼロなので財布にも優しく、身体にも優しくの良いとこ取りです。

上記でシミュレーションした数値は、割引キャンペーン適用後の価格です。

ドクターベイプの購入を検討している人はぜひ公式サイトから購入してみてください。

>>DR.VAPE公式サイトを見る

ニコチン0、タール0、タバコの臭い0の電子タバコ

ドクターベイプモデル2-9
健康増進法の改正に伴い屋内での喫煙はますます厳しいものに。

そういった背景から注目を集めているのが、ニコチン・タール・タバコの臭いがゼロの電子タバコ「Dr.VAPE(ドクターベイプ) 」です。

楽天市場で売り上げ記録3冠を達成した人気のデバイスで、人気の秘密は美味しさにこだわったフレーバー。

  • 禁煙に挑戦しようと思っている
  • 電子タバコを始めようと思う
  • 肺や喉の健康が気になる

こういった人にはおすすめの電子タバコです。ぜひチェックしてみてください。

>>DR.VAPE公式サイトを見る



CAPNOS[カプノス]編集部

タバコの総合情報サイト「CAPNOS(カプノス)」の編集部。 加熱式タバコや煙草全般に関する情報を配信します。


特集


ニュース


喫煙具を知る


20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。