[カプノス]たばこ情報サイト

2022年のたばこ代値上げはどうなるのか?

tobacco-women

たばこ代は年々、値上げされています。

直近では2020年、2021年と毎年のようにたばこ代の値上げが実施されました。

では、2022年はたばこ代の値上げは実施されるのでしょうか?

本記事では2022年のたばこ代値上げについて紹介します。

2022年もたばこ代の値上げは実施される(ただし、加熱式たばこのみ)

2022年もたばこ代の値上げは実施される見通しです。

時期は例年と同じく10月に実施予定です。

たばこを管轄する財務省ホームページでは令和4年10月の値上げについて言及されています。

tobacco-price

引用:たばこ税等に関する資料 | 財務省公式HP

ただし、注目したいのが加熱式たばこに限定していること。

2022年のたばこ代値上げには紙巻きたばこは含まれません。

アイコス、プルーム、グローの加熱式たばこ製品の価格が上昇する見込みです。

たばこスティックはいくらになるのか?

過去の値上げ額から推察すると、30円〜50円の値上げが予想されます。

アイコス 580円→610円?
プルーム・テック
プラス
580円→610円?
グロー 540円→570円?

とうとう加熱式たばこも1箱600円台の時代に突入するわけですね。

2018年から実施されてきた加熱式たばこの値上げは2022年で5回目を迎えます。

その後の値上げ実施については、今のところ言及されていません。

2023年は久しぶりに値上げが実施されない年になるかもしれません。

しかし、今後もたばこ代値上げの議論は出ていることから、これからも増税されるのは確実と見て間違いないでしょう。

たばこ代の節約意識は高まっていく

たばこ代の値上げに伴い喫煙者の意識も変化しています。

  • 値上げを機に禁煙に挑戦する
  • たばこ代が節約できる電子タバコに乗り換える
  • たばこ代が節約できるシャグに乗り換える

値上げを機に禁煙に挑戦したり、たばこ代が節約できる代替品に乗り換えたりする人が増えています。

喫煙者のニーズの変化に合わせて電子たばこや禁煙商品も多く登場しています。

 

例えば、普段のたばこにセットして喫煙しながら禁煙に挑戦できる離煙パイプ。

離煙パイプ16

【レビュー】離煙パイプで禁煙に挑戦してみた1ヶ月の記録

 

他にも、液体リキッドを加熱して発生した蒸気を吸う電子たばこ。

ドクターベイプモデル2-9

Dr.VAPE(ドクターベイプ)モデル2のレビュー。試してみた感想や口コミを詳しく紹介

 

たばこ葉を自分で巻く手巻きたばこも注目を浴びています。

 

今後もたばこ代が値上がりすることは、ほぼ確定しているので自分のスタイルを見つけながらうまく付き合っていきたいものですね。

 

【関連記事】

【特集】タバコ代を50%以上節約する2つの方法

CAPNOS[カプノス]編集部

タバコの総合情報サイト「CAPNOS(カプノス)」の編集部。 加熱式タバコや煙草全般に関する情報を配信します。


特集


ニュース


喫煙具を知る


20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。