こんにちは、カプノス編集部です。

IQOS(アイコス)は人体に有害なのか?それともIQOS(アイコス)が有害というのはデマなのか?

IQOS(アイコス)を吸っている人やこれから移行しようという人は気になる所ですよね。

そこで今回、IQOS(アイコス)が有害なのかどうなのか?という国内外の情報をまとめてみました。(公式の見解も含む)

 

IQOS(アイコス)は有害なのか?

f:id:mutant-tetsu:20180620123730j:plain

まず先に抑えておきたい点ですが、IQOS(アイコス)は健康リスクが0というわけではありません。

そこは分かりつつも、こう感じる人も多いのではないでしょうか?

「それでも紙巻タバコに比べると煙も少ないし、健康被害も少ないのでは?」

 

しかし、2017年7月にある一つの記事がアメリカで公開され議論を巻き起こします。

「IQOS(アイコス)は通常のタバコに比べて10倍の発ガン性物質を含んでいる」

 

IQOS(アイコス)有害説の事の顛末

f:id:mutant-tetsu:20180801114009j:plain
上記の文章だけを切り取るなら

「え?アイコスって健康リスク高いの?」

って不安になりますよね。

 

海外のメディアで取り上げられた内容を要約すると、

  • アイコスから放出される煙には通常の84%ものニコチンが含まれていた
  • アイコスはガンに関連する化学物質を放出していた
  • スイスのベルン大学が調べたところによると、従来よりも高い濃度で化学物質の放出が確認された

元記事:https://www.reuters.com/article/us-health-tobacco-heatnotburn-idUSKBN18M2JB

 

この最後の部分が国内メディアでも大きく取り上げられ

「実はアイコスって健康被害が大きいらしいよ」

という世論を形成していくことになります。

 

公式が大きく反論

f:id:mutant-tetsu:20180620123748j:plain

これに対してIQOSの販売元であるフィリップモリス社が猛反論。

そもそも博士達が行った実験は前提が間違っているとも指摘。

フィリップモリス社の反論声明を要約すると、

  1. 研究は目的に合った有効な方法を用いて実施すべきである
  2. 調査結果は、適切かつ誤解を招くことなく解釈されるべきである

と記事で反論しています。

 

つまり、研究者達が用意した喫煙の実験装置に関する詳細な説明がなければ研究結果の妥当性を確認するのは困難なことであると。

 

「有害だったと結果だけの説明をするんじゃなくて、その結果に至った研究過程や実験装置の詳細を明らかに説明しなさいよ

ということですね。

元記事:https://www.pmiscience.com/news/comments-on-the-article-entitled-heat-not-burn-tobacco-cigarettes-smoke-by-any-other-name

 

IQOS(アイコス)の研究結果を公表した記事でも、もっと精査する必要があると科学者自身も記載しています。

そこから、海外の大手ニュースメディアに転載されセンセーショナルな部分だけが大々的に切り取られたことが今回のIQOSって実は有害っぽいよという論調になったと推測されます。

 

2018年になってまた新しい研究結果がアメリカで報告される

上記の騒動は2017年のものでしたが、年が明けて2018年に好意的な研究結果が公表されます。

「iQOSは有害度が低い」、米当局が暫定報告 | ロイター | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

記事を要約すると、

アイコスから発生するエアゾールは健康被害を及ぼす物質だが、通常の製品よりも全体的に深刻度は低い

 

ちなみに、この研究結果は米食品医薬品局(FDA)によるものです。

一方でこうした意見もあります。

健康への影響がわかるデータがそろうまで20~30年かかった。アイコスの健康リスク云々を論じるにはまだ研究が足りない」

「IQOS」有害物質9割減は本当か | 最新の週刊東洋経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

米国ではアイコス解禁の動きも

f:id:mutant-tetsu:20180620123304j:plain

様々な意見があるアイコスですがアメリカでは発売されていませんでした。

実は世界でアイコスユーザーが多い国は日本で、次いで韓国です。

 

アメリカは日本よりも人口が多いわけですが、アメリカ市場には進出していませんでした。正確に言うと、許可が下りずに進出出来ていませんでした。

ヨーロッパでも販売されているんですけどね。

 

しかし、2019年になってアイコスのアメリカ販売の許可がおりたようで、今後アイコスはアメリカでも販売されます。

 

まとめ:加熱式タバコはまだ十分な調査データがない

いかがでしたでしょうか。今回、IQOS(アイコス)は有害?それともデマ?という点について紹介しました。

紙巻タバコ、アイコスどちらが健康被害が大きいか?という点が論点になっていますが、大なり小なりどちらも健康に害を及ぼすものに変わりはありません。

 

アイコスは最近、出てきた製品なので健康リスクを判断するに十分な調査データがないのも意見が割れている部分ですね。

 

アイコスの健康リスクが心配な人には、2つのオプションをおすすめします。

 

1つはニコレスというニコチンなしのお茶っぱで作ったヒートスティックに変えること。

茶葉を使った加熱式タバコ専用スティックでニコチン0の喫煙を楽しむことができます。

茶葉といえど喫味はタバコに近いものがあるので、十分吸えますよ。

ニコチン0の「ニコレス」レビュー!感想や口コミ・評判まとめ

>>ニコレス公式サイトを見る

 

そして、もう1つはニコチン0・タール0のVAPEに変えること。

タバコ代もかなり浮くのでおすすめですよ。ぜひ参考にしてみてください。

アイコスとVAPE(ベイプ)を徹底比較!それぞれの特徴やメリット、デメリットを紹介 – Capnos

 

 

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonで本家のアイコスをおさえて人気なのがHiTaste P6 miniというアイコス互換機。

  • 連続23本吸いが可能
  • 液晶パネルで温度調整・残り時間確認可能
  • アイコス3DUOのおよそ1/3の低価格

アイコスマルチでも連続吸いは10本までですが、P6 miniは23本。さらに重量はアイコス3の1/4と最軽量です。

タバコスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!

実機レビューはこちらで紹介しています。

  【レビュー】アイコス互換機HiTaste P6 miniを使ってみた感想

【関連記事】

アイコス互換機のおすすめはこれ!2020年のおすすめモデルを紹介