Capnos

電子タバコ総合情報メディア「カプノス」

アイコスのニコチン量や有害物質の影響は?研究結果を交えてアイコスの危険性を検証

アイコスのニコチン量や有害物質について気になる人も多いのではないでしょうか?

「アイコスは紙巻きタバコに比べてニコチンや有害物質が少ない」

「アイコスは紙巻きタバコと危険性は同程度。いや、それ以上だ」

アイコスが発売されてから、ずっと議論が分かれているところですよね。

今回はアイコスのニコチン量や有害物質の有無など、公式の研究結果を交えて紹介していきます。

アイコスは有害で当然。なぜならタバコだから

f:id:mutant-tetsu:20190628092619j:plain

初めに当記事のスタンスについて断りを。

アイコスは火を使わない加熱式タバコとして多くのユーザーに使用されるようになりましたが、分類はタバコであり健康を損なうリスクがある製品であることに変わりはありません。

アイコスのニコチンや有害物質が気になる人はスパッと禁煙するのが1番です。

しかし、アイコスは火を使わない点などからタールなどの物質が削減されており、通常の紙巻タバコに比べると有害物質は少ないとされています。

意見としてアイコスの有害無害がごっちゃになって議論されているので、先にアイコスは健康を損なうリスクがある製品であることは明示しておきます。

以下では実際の研究結果を元に、アイコスと紙巻きタバコのニチコン量や有害物質の量について比較していきます。

 

フィリップモリスインターナショナル研究開発センターの主張

f:id:mutant-tetsu:20190810112532j:plain

フィリップモリスインターナショナル研究開発センターは公式HPで以下のような加熱式タバコのリスク低減に関する評価を主張しています。

煙の出ない革新的な加熱式たばこシステムに関する評価は、急速に進んでいます。

加熱式タバコに完全に切替えた成人喫煙者は、紙巻たばこを喫煙し続けた場合に比べて、害のリスクが少なくなることが見込まれています。

加熱式タバコは燃焼を伴わず、煙も出ません。

非臨床試験の結果によると、加熱式タバコのベイパー(蒸気)は、紙巻たばこの煙に比べて、発生する有害および有害性成分 の量が大幅に低減され、毒性も大幅に低減されています。

また、弊社の調査によると、成人喫煙者が加熱式タバコに完全に切替える可能性は高く、製品の非対象者である非喫煙者や禁煙に成功した人の、加熱式タバコ使用意向はごくわずかということが分かっています。

フィリップモリス社の主張を要約すると、従来の紙巻タバコに比べて健康リスクが低減され、発生する有害成分も大幅に削減されているということです。

同社が自信を持ってそう主張する根拠となるデータも開示されていたので、見ていきましょう。

 

アイコスと紙巻きタバコの成分比較

この実験では加熱式タバコのレギュラースティックとメンソールスティック、そして通常の紙巻タバコの3つが比較対象として検証されています。

  アイコス 紙巻きタバコ
パフ 12 10
水分 36.5mg 15.8mg
グリセリン 4.63mg 2.42mg
ニコチン 1.32mg 1.89mg

表で分かるようにニコチンの量は紙巻タバコとほぼ変わりませんね。 

 

アイコスと紙巻きタバコの有害物質の比較

一方でアイコスと紙巻タバコの有害物質を比較したのが、下記表となります。

3〜10倍位のレンジで、アイコスの方が有害物質の量が軽減されているのが分かります。

  アイコス 紙巻きたばこ
アンモニア 14.2μg 39.3μg
アクリルアミド 1.73μg 4.8μg
ピリジン 7.54μg 36.1μg
アセトアミド 4.02μg 13.9μg
ブチルアルデヒド 26.1μg 88.4μg
スチレン 0.608μg 24.5μg
ピレン <5.00ng 87.3ng
カテコール 16.3μg 91.4μg
ホルムアルデヒド 5.53μg 56.5μg
酸化プロピレン 0.148μg 1.32μg
N-ニトロソアナバシン <3.15ng 33.7ng
ベンズ[a]アントラセン 1.45ng 28.0ng
N-ニトロソノルニコチン 17.2ng 309ng
アセトアルデヒド 219μg 1555μg
プロピオンアルデヒド 14.5μg 125μg
ベンゾ[a]ピレン <1.00ng 14.2ng
フェノール 1.16μg 13.6μg
N-ニトロソアナタビン 20.5ng 318ng
ヒドロキノン 8.10μg 83.1μg
アクロレイン 11.30μg 154μg
4-(メチルニトロサミノ)
-1-(3-ピリジル)
- 1-ブタノン
6.7ng 266ng
メチルエチルケトン 7.18μg 187μg
アセトン 40.7μg 736μg
一酸化窒素 16.8μg 491μg
窒素酸化物 17.3μg 537μg
トルエン 2.59μg 188μg
o-クレゾール 0.069μg 4.47μg
o-トルイジン 1.260ng 85.5ng
一酸化炭素 0.531mg 32.8mg
アクリロニトリル 0.258μg 31.9μg
ベンゼン 0.649μg 97.6μg
1,3-ブタジエン 0.294μg 63.8μg
イソプレン 2.35μg 798μg

 

どうしても健康リスクが気になる人は、VAPEという選択肢も

f:id:mutant-tetsu:20190730090805j:plain

アイコスの健康リスクがどうしても気になる人は、電子タバコ(VAPE)がオススメです。

液体状のリキッドを加熱してその水蒸気を吸引するという製品で、ニコチンは含まれていません。

火を使わないので当然、タールもなし。

禁煙目的で電子タバコに乗り換える人も近年増えていますし、何よりランニングコストが安いのでタバコ代を節約することができます。

電子たばことは?アイコス との違いを絡めて紹介 - Capnos

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、アイコスのニコチン量や有害物質の有無について紹介しました。

データが示している通り、ニコチンの量は紙巻きタバコとあまり変わりませんが、有害とされる物質はかなり軽減されていますね。

とは言え、ニコチンを含む製品であることに変わりはありません。

健康リスクを孕んだものであることは認識しておきましょう。

禁煙を検討している人は、ノンニコチン・ノンタールの電子タバコを検討してみるのもありです。

ぜひ、参考にしてみてください。