電子たばことは、どういった製品でしょうか?

特に喫煙者で電子たばこに挑戦してみたい人や、アイコス に興味がある人からよく聞かれます。

禁煙の流れもあいまって電子タバコが注目を浴びている昨今ですが、詳しく電子タバコについて紹介します。

 

電子たばこ口コミサイトVape Hunt

電子たばこってなに?

そもそも、電子たばこってどういったものなのでしょうか?

国内で言う電子タバコとは、リキッドと呼ばれる液体を専用の機械で気化して、その煙を楽しむものです。

電子たばこという名称よりもVAPEという名称の方が一般的かもしれません。

VAPE=電子タバコですね。

 

一方で国内でユーザーを伸ばしているアイコスは電子タバコではなく、加熱式タバコに分類されます。こちらは後述しますね。

電子たばこはリキッドと本体があれば楽しむことができるので、そういった手軽さも支持される理由の1つでしょう。

 

自分好みのリキッドが選べるのもVAPEの魅力

f:id:mutant-tetsu:20190522103850p:plain

このリキッドには様々なフレーバーがあり、自分好みのフレーバーを充填することで味を変えることができます。

メンソールなどお馴染みのフレーバーから、マンゴー、アップルなどフルーツフレーバー。

変わり種にはエナジードリンク系のフレーバーなどがあります。

 

さらに!複数のフレーバーを混ぜて自分好みのフレーバーを作り上げるという上級者もいます。

タバコにはない、無限のカスタマイズ性もVAPEの魅力と言えます。

ちなみに国内の電子たばこ(のリキッド)にはニコチンは含まれていません。

海外の電子たばこではニコチン入りのリキッドがあるものも販売されています。

 

ペン型、ボックス型、POD型シーンに応じて本体を選ぶ

f:id:mutant-tetsu:20190625102551j:plain

リキッドと同じくVAPEを構成する重要な要素のVAPE本体。

本体にリキッドをセットし、煙を楽しむことができます。

ボックス型や持ち運びのしやすいペン型など様々なタイプがあり、自分のスタイルに合った本体を探すのも魅力です。(商品があり過ぎて迷うという問題もありますが・・・)

デザイン重視でファッション感覚で選ぶのも選択肢の1つでしょう。

 

最近ではリキッドの交換も可能なPOD型の人気があります。

POD(ポッド)型のVAPEってなんだ?メリット・デメリットを紹介

 

VAPE上級者ともなると、爆煙を楽しめるかどうかで選ぶ人もいます。

youtu.be

電子たばこは有害なのか?

ここで気になるのは、電子たばこ(VAPE)は有害であるのか?という点。

リキッドの主成分はプロピレングリコールと植物性グリセリンで構成されています。食品添加物などにも使われている成分となります。

 

元々は中国の薬剤師が考案したと言われるリキッドですが、何分歴史が浅いため全く人体に影響がないのか?という研究や文献はまだ不十分と言えます。

しかし、国内で販売されているリキッドにはニコチンは含まれていないため煙草に比較すると健康リスクは低いと言えます。

VAPE=禁煙になる、という認識が広まっているのもそのためですね。

 

電子タバコとアイコスの違い

f:id:mutant-tetsu:20190625102826j:plain
一方で電子タバコ=アイコスという認識もあるようですが、アイコスは正確には加熱式タバコに分類されます。

タバコのフィルターにブレードと呼ばれるセラミックの金属片を差し込み、温め吸引します。

 

火を使わずに鉄芯の熱だけで煙を吸引するというスタイルになります。

一方でVAPEはリキッドを温めて、その煙を吸い込むスタイルです。

VAPE アイコス
ニコチン なし あり
スタイル リキッドを温めて蒸気を吸い込む タバコ葉をブレードで温めて煙を吸う

電子たばこ(VAPE)はどこで購入できる?

f:id:mutant-tetsu:20190522104458j:plain

「よし、VAPEデビューしてみよう!」と思っても、どこで購入すれば良いのか悩んでしまいますよね。

VAPEを購入する選択肢は2つです。

  1. ネットショップで購入する
  2. 専門店など実店舗で購入する

 

ネットショップでは他の人のレビューを見ながら、じっくり検討することができます。商品の多さも魅力ですね。

一方、実店舗の場合はリキッドの試し吸いが出来たりとネットショップにはない魅力もあります。

人によっては入り辛い印象がある、という人もいますが自分次第といった感じでしょうか。

ネットショップ 実店舗
メリット ・たくさんの商品から選ぶことができる
・レビューから良い商品を探すことができる
・リキッドの試し吸いができる
・VAPE初心者はスタッフに質問ができる
デメリット ・試し吸いができない
・サクラレビューなどで粗悪品を購入してしまうリスクがある
・全国各地どこでも店舗があるわけではない
・人によっては入りづらいと感じることも

まとめ

いかがでしたでしょうか。

電子タバコとは?という点からアイコスとの違いを絡めて紹介しました。

電子タバコ=アイコスというわけではなく、ニコチンありなし・加熱方式などで色々と違ってきますね。

アイコス・VAPE両方を使用している筆者ですが、同じようで異なる商品だと感じています。

 

それぞれに、それぞれの良さや楽しみ方があります。VAPEに挑戦してみようかな?と考えている人はぜひ参考にしてみてください。

 

【関連記事】

【2019年】VAPE(ベイプ)リキッドのおすすめをタイプ別に紹介 – Capnos

VAPEとは?ベイプを使うことのメリットやデメリットもあわせて紹介 – Capnos

 

 

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonで本家のアイコスをおさえて人気なのがHiTaste P6 miniというアイコス互換機。

  • 連続23本吸いが可能
  • 液晶パネルで温度調整・残り時間確認可能
  • アイコス3DUOのおよそ1/3の低価格

アイコスマルチでも連続吸いは10本までですが、P6 miniは23本。さらに重量はアイコス3の1/4と最軽量です。

タバコスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!

実機レビューはこちらで紹介しています。

  【レビュー】アイコス互換機HiTaste P6 miniを使ってみた感想

【関連記事】

アイコス互換機のおすすめはこれ!2019年のおすすめモデルを紹介
電子たばこ口コミサイトVape Hunt