アメリカで大人気の電子タバコJUUL。その人気の秘密とは何なのでしょうか?

 

電子たばこ口コミサイトVape Hunt

JUULとは?

JUULとはJUUL Lavs, Inc社が開発した電子タバコで、アメリカで75%のシェアを誇るまでに成長しています。

youtu.be

電子タバコ後発でありながらシェア1位をとった理由

海外で75%超えという驚異的なシェア率を誇るJUULですが、電子タバコメーカーとして後発組です。

海外では先行する電子タバコメーカーはたくさんいました。

では、なぜJUULはここまでの成長を遂げたのでしょうか?

1つにはSNSユーザーによって爆発的に拡散された背景もあります。

若者をメインユーザーとして取り込むことに成功したわけですね。

しかし、インスタグラムを使ったマーケティングを展開したからと言ってすぐに流行するわけではありません。

JUULが支持された背景には従来のVAPEとは少し異なった仕掛けが施されていました。

 

直感的な操作性

f:id:mutant-tetsu:20190726130415j:plain

先ほどの動画でも説明されていましたが、JUULの魅力は直感的な操作性。

タップで起動することができるので、スマホのように直感的に操作することができます。

(中にはタッチ式の電子タバコもありますが)多くの電子タバコはボタン式を採用しています。

もちろん、ボタン式でも問題なく使用できるのですがスマホに慣れ親しんだ若年層ユーザーからすると、直感的な操作ができるJUULは若者に受けた理由と言えいます。

 

取り替え簡単なJUULポッド

f:id:mutant-tetsu:20190726130425j:plain

電子タバコを使ったことがないユーザーからすると、電子タバコのリキッドは複雑難解。

それがVAPEの醍醐味でもあるのですが、リキッドの充填や味変したい時のアトマイザーの入れ替えなどは面倒なものです。

リキッドの液漏れも嫌ですよね。JUULでは専用のポッドを差し替えるだけで、別のフレーバーを楽しむことができます。

 

ニコチンソルトという独自技術

JUULの1番の利点はニコチンソルトという独自技術。

ニコチンを結晶化させる技術で、従来のリキッドニコチンにはないキック感を実現しています。

 

JUULとVAPEの違いまとめ

従来の電子タバコに比べると、簡易的に扱いやすい設計になっています。

今まで電子タバコに興味があったけど、ハードルが高いと感じていたユーザーをうまく取り込んでる印象です。

JUUL VAPE
ニコチン ニコチンソルト
(従来のニコリキよりキック感アップ)
ニコチンリキッド
デバイス タップ式で直感的に操作可能 ボタン式
リキッド ポッド交換式 リキッド充填式

JUULを日本で購入する方法

海外で大人気のJUULですが、国内でも購入することができます。

国内の販売代理店で購入した場合は、ノンニコチンのポッドになります。

ニコチン入りのポッドが吸いたい場合は、個人輸入で購入する流れとなります。

個人輸入の場合、輸入できるニコチンリキッドの容量が1ヶ月120mlと色々制限があるため注意しましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

JUULとVAPEの違いについて紹介しました。電子タバコという大きなカテゴリでは同じ製品ですが、操作性やニコチンソルトの採用など細かい点で異なります。

大人気の製品ですが、日本でも購入することができるので興味のある人は試してみてはいかがでしょうか。

JUUL(ジュール)はどこで購入できる?購入方法を詳しく紹介 – Capnos

 

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonで本家のアイコスをおさえて人気なのがHiTaste P6 miniというアイコス互換機。

  • 連続23本吸いが可能
  • 液晶パネルで温度調整・残り時間確認可能
  • アイコス3DUOのおよそ1/3の低価格

アイコスマルチでも連続吸いは10本までですが、P6 miniは23本。さらに重量はアイコス3の1/4と最軽量です。

タバコスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!

実機レビューはこちらで紹介しています。

  【レビュー】アイコス互換機HiTaste P6 miniを使ってみた感想

【関連記事】

アイコス互換機のおすすめはこれ!2019年のおすすめモデルを紹介
電子たばこ口コミサイトVape Hunt