タバコを利用している人、喫煙者にとっては気になる法律が2020年4月1日から施行されます。

その名も、「改正健康増進法」

今回はこの改正健康増進法について詳しく解説します。

 

改正健康増進法とは?

2018年7月に成立し、2020年4月から施行される法律で簡単に言うと、今までの喫煙マナーを喫煙ルールに厳格化したものです。

 

望まない受動喫煙を防ぐため、そして2020年に開催されるオリンピックに向けて官民一体で喫煙に関するルールをしっかり運用していこうね、という話しです。

 

何が変わる?

今回、実施される法律ですが喫煙者にとってさほど大きな変更はないと思います。

どちらかと言うと、事業者(飲食店など)の方の負担が大きいかなと思います。

 

改正健康増進法の施行で何が変わるのかざっと挙げてみます。

  • 屋内の施設が全面禁煙
  • 喫煙室には表示を義務付け
  • 20歳未満の喫煙室の入室禁止

実際にこれを見て、なんだ今までとあまり変わらないじゃないかと感じた人も多いのでは?

かなり前から屋内全面禁煙の建物は多いですし、喫煙室を積極的に設置する事業者もたくさんいました。

 

ただ、今まではマナーとしてお願いしていたものがルールと明確化されたことにより、より一層運用に対して厳格化が求められると思います。

 

加熱式タバコも盛り込まれることに

今回の施行で面白いなと思ったのが、「加熱式タバコ」もルールの中に盛り込まれていること。

時代のニーズを反映させたということでしょうか。

加熱式タバコのアイコンがプルームテックプラスですよね。国内の加熱式タバコユーザーはアイコスの方が多いはずですが、JT(プルームテックの販売元)に忖度した形でしょうか。

 

改正健康増進法を違反した場合の対応

今までの喫煙マナーをルールへ、と標榜している改正健康増進法ですが、ルールを破った場合のペナルティはあるのでしょうか?

厚生労働省の公式サイトを確認しましたが、違反した場合の直接的な罰則はないようです。

てっきり罰金刑なんかが盛り込まれるかと思いましたが、違反者は都道府県知事に通報→改善が見られない場合は勧告→それでも改善が見られない場合は地裁に通知し過料となります。

ちなみに過料とは軽い禁令を犯したものに支払わせる金銭になります。

いくらの過料が課せられるのか?については明記されていませんでした。

 

改正健康増進法には賛成

今回の発表を受けて、今後どうなるかは予想できません。ちょっとパンチが弱いかなとも感じましたが、望まない受動喫煙を減らすという目的には賛成です。

筆者自身、バリバリの喫煙者ですがやはりタバコ=健康を害するものとデータが証明されています。

厄介なことに受動喫煙もその健康リスクを背負わされるわけですが、喫煙者・非喫煙者が納得できるかたちでルールが整備されていけばいいなと思います。

 

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonで本家のアイコスをおさえて人気なのがHiTaste P6 miniというアイコス互換機。

  • 連続23本吸いが可能
  • 液晶パネルで温度調整・残り時間確認可能
  • アイコス3DUOのおよそ1/3の低価格

アイコスマルチでも連続吸いは10本までですが、P6 miniは23本。さらに重量はアイコス3の1/4と最軽量です。

タバコスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!

実機レビューはこちらで紹介しています。

  【レビュー】アイコス互換機HiTaste P6 miniを使ってみた感想

【関連記事】

アイコス互換機のおすすめはこれ!2019年のおすすめモデルを紹介