2018年6月4日から新しくmyblu(マイブルー)というVAPEが発売されましたね!

さっそくカプスノ編集部でも実機をゲットできたので、使用感をレビューしたいと思います。

 

電子たばこ口コミサイトVape Hunt

myblu(マイブルー)とは?

myblu(マイブルー)とはイギリスの多国籍企業、インペリアルブランズが展開するVAPEです。

インペリアル・ブランズ – Wikipedia

2018年6月4日から国内でも販売が開始され購入できるようになりました。とは言ってもオンライン販売と福岡県内のファミリーマートだけと販売は限定的ですが今後、Amazonや楽天でも取り扱いがされるようです。

myblu公式サイト

 

そもそもVAPEとはフレーバーと呼ばれる蒸気を吸引するものになります。

煙が苦手な人や、若者のファッションの一つとしてじわじわユーザーを増やしています。

 

myblu(マイブルー)開封の儀

f:id:mutant-tetsu:20180607150901j:plain

さっそくmyblu(マイブルー)の現物を入手することができたので、開封の儀に進みます。

 

パッとみた感じはIQOSやプルームテックの箱より小さいですね。

f:id:mutant-tetsu:20180607150904j:plain

 

それもそのはずで同梱されている物が非常にシンプルです。スターターキットなので一通り揃っているんですけどね。

f:id:mutant-tetsu:20180607150907j:plain

プルームテックでいう本体やIQOSでいうホルダーと大きさはあまり変わらないのですが、いわゆる充電器というものが入っておらずUSBケーブルで充電をします。

ここら辺がコンパクトに収まっている要因かと。

 

1番右側のフィルムに包まれているのはリキッドポッドになります。これは、換装可能なリキッドを入れる箇所となります。

 

持ってみた感想

myblu(マイブルー)持ってみた重さはIQOSのホルダーと変わらない印象。

形が楕円形?平べったい感じなので最初持ちづらいかもと感じましたが、逆にこの形なので机の上でコロコロ転がらないなと考えを改めました。

プルームテックとか転がりまくりますからね笑

 

完全な丸ではないので、通常のように人差し指と中指の間に挟むことは出来ませんが持ってみて違和感を感じるほどではありません。

 

myblu(マイブルー)スターターキットを吸ってみた感想

次にmyblu(マイブルー)吸ってみた感想を。

一口吸った感想は既存の日本市場に出回っているVAPEと味は変わりません。

大きく吸うと煙の量も多くなるのも似ていますね。

 

味は既存のVAPEと遜色ありませんが、リキッドの補充が異なります。

myblu(マイブルー)ではリキッドがリキッドポッドという概念で、リキッドを入れ替えるという作業が必要ありません。

 

つまり、リキッドポッドは吸い切り型でリキッドが無くなれば新しいリキッドポッドを換装すれば味も変えることができます。

既存のVAPEだとリキッドを自分で注入していたと思いますが、この作業が不要で味を変えた時も最初だけ前のリキッドと味が混じっているということがありません。

myblu(マイブルー)の選べるフレーバー達

f:id:mutant-tetsu:20180607151424j:plain

myblu(マイブルー)で用意されているフレーバーは現時点では

  • メンソール
  • グリーンアップル
  • チェリークラッシュ
  • ノーマル
  • カフェラテ
  • アイスミント
  • マンゴーアプリコット
  • バニラ

こちらの全8種類。スターターキットではメンソールが同梱されているので、なくなり次第、次はどのフレーバーにしようかな〜という楽しみがありますね。

各フレーバーの評価はこちらの記事をどうぞ。

【全11種】myblu(マイブルー)フレーバーのおすすめは?ランキングで紹介!

 

おわりに

オンラインで先行発売されたmyblu(マイブルー)についてレビューしました。

日本ではIQOSなどの加熱式タバコは公式の商品が揃っていますが、VAPEの市場はまだこれといった商品がないのも事実。

並行輸入品のような商品が多くコンビニで気軽に購入できる商品はなかったのが現状です。

これをキッカケにVAPEの知名度もぐっと上がるかもしれませんね。

 

【関連記事】

myblu(マイブルー )の評判はどうなの?ネット上の悪い口コミと実際に使ってみた結果を比べる

myblu(マイブルー)の情報まとめ。使い方や価格、購入方法などをまとめて紹介するよ

 

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonで本家のアイコスをおさえて人気なのがHiTaste P6 miniというアイコス互換機。

  • 連続23本吸いが可能
  • 液晶パネルで温度調整・残り時間確認可能
  • アイコス3DUOのおよそ1/3の低価格

アイコスマルチでも連続吸いは10本までですが、P6 miniは23本。さらに重量はアイコス3の1/4と最軽量です。

タバコスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!

実機レビューはこちらで紹介しています。

  【レビュー】アイコス互換機HiTaste P6 miniを使ってみた感想

【関連記事】

アイコス互換機のおすすめはこれ!2019年のおすすめモデルを紹介
電子たばこ口コミサイトVape Hunt