Capnos

電子タバコ総合情報メディア「カプノス」

myblu(マイブルー )の評判はどうなの?ネット上の悪い口コミと実際に使ってみた結果を比べる

マイブルーの評判について、ネット上では賛否両論のようです。

ただ、ネット上の評判というのは色々な思惑があったりと実際には正確なレビューを知ることが出来ないこともしばしば。

そこで今回は実際にマイブルーを1ヶ月使用してみた感想を交えてマイブルーの評判について深掘りして紹介します。

 

マイブルー とは?

f:id:mutant-tetsu:20190527121748j:plain

マイブルー はインペリアルタバコジャパン(本社:イギリス)が展開する電子タバコです。

電子タバコとは従来の紙巻きたばこと違い、火を使わず使用するデバイスの総称でリキッドを加熱し水蒸気を吸引します。

アイコスやグローなどはリキッド加熱式ではなく、紙巻きたばこのようなスティックを加熱し使用します。これは電子タバコに対して、加熱式たばこと言われます。

 

マイブルー はリキッドを加熱し、その水蒸気を吸引しますがニコチンは含まれていません。

タールなし、ニコチンなしの電子タバコなので禁煙目的の人やタバコの匂いが気になる人などじわじわとユーザーを増やしています。

 

マイブルーの評判まとめ

f:id:mutant-tetsu:20190730085829j:plain

国内で販売が開始されてから、最初は福岡県のみの販売でした。テストマーケティングが終わった後に全国発売→CM開始と認知度を広めていくわけですが、認知の広がりと共にネット上ではマイブルーに関する手厳しい口コミも広がってきました。

  • リキッドが漏れてベタベタする
  • 味が薄く吸い応えがない

以下ではネット上のマイブルー の評判について1つずつ検証します。

 

検証1)リキッド漏れが起こりやすい?

f:id:mutant-tetsu:20190730090152j:plain

ネット上で1番多かったのがマイブルーはリキッド漏れしやすく、手がベタつくというもの。

これについて、実際にマイブルー を使用した感想としては概ね同意です。

ドバッと出る感じではなく、じわっと滲み出るような感じで中からリキッドが出てきます。

一箱の中にフレーバーポッドが2個入っているのですが、だいたい4個のうち1個くらいリキッド漏れが起こるポッドに遭遇します。

 

リキッドの逆流も起こる場合がある

リキッド漏れ以外にも、吸引している時にリキッドが逆流することがあり、口の中に甘いリキッドが入って少し気持ち悪くなることがあります。

私の友人もリキッド漏れが多いと言っていたので、おそらく個人の吸い方に左右されるというものではなく、リキッド漏れが起こりやすい設計だと思います。

この点は至急、改善してほしい点ですね。

 

検証2)味が薄い?

f:id:mutant-tetsu:20190730090805j:plain

マイブルーの評判として次に聞くのが、「味が薄い」というもの。タバコに比べると、吸いごたえが少ないというものですね。

こちらに関しても同意な意見ですが、タバコよりも味が薄い=マイブルーは良くないと考えるのは安易な考えです。

なぜなら、マイブルー は非点火式の電子タバコのため、

  • タール0
  • 嫌な匂い0
  • ニコチン0

を実現しています。紙巻タバコに比べると、味が薄いという感想は否定できませんが、それにより得られるメリットを考えると十分なのではないでしょうか。

 

結論:マイブルーはユーザーを選ぶデバイス

f:id:mutant-tetsu:20180607150919j:plain

検証2でも触れましたが、味の薄さをマイブルー のデメリットと感じている人は電子タバコ自体が向いてない人かもしれません。

国内で販売されている電子タバコは法律の関係上、すべてニコチンなしのリキッドになります。(リキッドに自分でニコチンを添加する人もいます)

 

なので、マイブルーにニコチンや吸い応えを求める人はマイブルーよりもアイコスやプルームテックが合っているでしょう。

  • 禁煙したいけど口寂しい
  • タバコの匂いが気になる
  • 電子タバコに挑戦したいけど、気軽に始めてみたい

こういった人がマイブルーに向いているユーザーと言えます。

 

電子タバコ導入を検討している人は導入機としてオススメ

f:id:mutant-tetsu:20180607150907j:plain

特に電子タバコを始めたいけど、よく分からないという人にはオススメのデバイスと言えます。

電子タバコ(VAPE)を始めようとした場合、オンラインショップや専門店で電子タバコ本体とリキッドを購入しないといけません。

購入後は自分で組み立てて( 組み立ては簡単ですが)リキッドを注入する作業も必要になります。

操作も初めての人には戸惑いもあると思います。

そうした、電子タバコデビューユーザー向けのエントリーモデルとしてはコンビニで本体もリキッドも気軽に購入できて、難しい操作も不要なマイブルー はオススメです。

 

マイブルー を購入するには?

マイブルー は現在、コンビニやネットショップ上で購入が可能です。

アマゾンや、楽天、ヤフーショッピングで公式ストアが開設されているので、ネット上でも簡単に購入することができます。

新製品のmyblu(マイブルー)はどこで購入できるのか? - Capnos

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。マイブルーの評判を実際に使用してみた感想を交えて紹介しました。

液漏れがよくある、というのは実際に使用している身としてはあるあるですね。

味が薄いという評判に関しては、そもそも紙巻タバコではないのでタバコと同列に考えるのは疑問を感じます。

禁煙したい人やタバコの匂いを軽減させたい人にはオススメのデバイスなので、この機会に検討してみてはいかがでしょうか?

 

マイブルー はフレーバーポッドで簡単に味を変えることができます。気分や好みによって変えられるのもマイブルー の魅力の1つですね。

フレーバーポッドについては、こちらの記事を参考にしてみてください。

myblu(マイブルー)のフレーバーのおすすめは?8種類のフレーバーをレビュー - Capnos