PloomTECH

【レビュー】Ploom S(プルームエス)2.0 メンソール特化型デバイスを試してみた

  1. HOME >
  2. 加熱式タバコ >
  3. PloomTECH >

【レビュー】Ploom S(プルームエス)2.0 メンソール特化型デバイスを試してみた

2020年7月2日から全国発売が解禁されたプルームエスの新デバイス「Ploom S 2.0」

さっそく購入し試してみました。メンソール特化型デバイスという触れ込みで話題になった新商品です。

プルームエス2.0を実際に使用した感想をレビューします。

 

Ploom S(プルームエス) 2.0

JTから新しく発売された高温加熱型のデバイス。

メンソール特化型ということで前モデルのプルームエスからはいくつかの点が改良されています。

商品名 プルーム・エス2.0
価格 3,980円
発売日 2020年7月2日
販売場所 コンビニ
タバコ取り扱い店
プルームオンラインショップ
プルームストア
カラー(3色) アイス・シルバー(限定色)
ブラック
ホワイト

加熱式タバコ業界ではアイコスやグローなど他社製品がしのぎを削っていますが、メンソールに特化したデバイスは業界初。

2019年頃から市場のトレンドがメンソールに傾いてきたので、満を辞して市場に投入したということでしょうか。

 

Ploom Sの改良点

一番の改良点はメンソールの清涼感の持続・伸びが良いこと。タバコ葉の喫味も増しているので、吸いごたえもアップしています。

その他の細かい点として、バッテリーの改良が挙げられます。

以下で新型プルームエス2.0と現行のプルームエスを比較してみました。

新型プルームエス2.0 現行プルームエス
加熱待機時間 30秒 40秒
喫煙時間 4.5分 3.5分
充電時間 60分 / 20本喫煙可能
90分 / 22本喫煙可能
90分 / 10本喫煙可能
充電ケーブル Type-C マイクロケーブル

充電時間が大幅に短縮されており、連続喫煙本数も増えています。バッテリーの性能がかなりアップしていますね。

また充電ケーブルはType-Cにアップグレードされています。

 

喫煙時間も1分伸長されてているので、ゆったり喫煙することができます。個人的にはタバコはゆっくり吸いたい方なのでこの改良はありがたいです。

 

開封

さっそくプルームエス2.0をレビューしていきます。

箱を開封するとプルームエス2.0がお目見え。今回、ブラックを選びました。その他にホワイト・アイスシルバーの色があります。

内容物は、

  • 本体
  • 充電ケーブル一式
  • 説明書
  • 保証書

となります。

ちなみに購入した段階では充電されていないので、喫煙前に充電しておきましょう。

前モデルと充電口が異なり、本体底面にあります。

 

喫煙開始

充電も完了したので、さっそく使用開始。

蓋をスライドして開け、スティックを挿入。

今回、新しく発売されたキャメル・メンソール・レッドをチョイス。アップルフレーバーの銘柄となります。

加熱を開始していきます。

加熱待機時間も40秒→30秒に短縮されています。さっと取り出してさっと吸えるのも◯。

 

まず最初に感じたのはメンソールの輪郭がハッキリしていること。

清涼感をクリアに感じます。そして、伸びもいい。

なんでもメンソール を美味しく感じれる時間帯を増強したようで、確かに長くメンソール感を味わえます。タバコ葉の喫味もしっかり感じることができ、全体的に喫味・キック感が増したように感じます。

 

喫煙終了

喫煙終了前に本体が振動し、終了をお知らせしてくれます。

通しで使用をしてみて感じたのは思った以上にゆったり吸えること。

 

喫煙時間が1分伸長されていますが、この1分は大きいですね。

そして、吸い始めから吸い終わりまでタバコの旨味・メンソール感が持続していること。

他のデバイスでは吸い終わりになるとフィルターの焦げた感じがしていたのですが、プルームエス2.0は最後まで味が長続きします。

左が加熱前のスティック。右が加熱後のスティック。

しっかりタバコを加熱しているにも関わらずフィルターに焦げがあまり付いていません。吸い終わりでも焦げ臭くなく味わいがクリアなのも納得。

 

購入する人は下取りがおすすめ

冒頭でプルームエス2.0の本体価格は3980円(税込)と紹介しましたが、下取りのオプションを利用することで2500円オフの1480円で購入することができます。

プルームショップ 限定になりますが、もし使ってない加熱式タバコがあれば下取りに出すだけで1480円で購入できます。

アイコス、グロー、パルズ、プルームどの製品も下取りに出すことができます。正常品・故障品は問わずです!

なお、互換機は下取り対象外となるのでご注意ください。

 

【追記】

Twitterユーザーの方から情報頂きました。

一部のタバコ取り扱い店でも下取りに対応しているとのことで、もし近隣にプルームショップがない人はタバコ取り扱い店舗で下取りされているか問い合わせることをオススメします。(情報ありがとうございます!)

 

総評

プルームエス2の感想

結論から言うと、「買い」の判断。

プルームエス2.0おすすめです。

  • メンソールの清涼感がクリア
  • タバコ葉の喫味が味わえる
  • ゆったりとした喫煙時間
  • フル充電が連続20本喫煙

上記のようなメリットを感じました。デメリットに関しては...今のところ見つかりません笑

プルームエス専用銘柄も続々と販売されているので、好きな銘柄を探すのも1つの楽しみになると思います。

プルームエスのフレーバー全種類を比較!おすすめのフレーバーは?

 

JTから最新の加熱式タバコが販売開始

プルームエス2の感想

日本たばこ産業(JT)から最新の加熱式タバコが販売されました。

Ploom S 2.0という製品でメンソールに特化した最新モデル。

  • メンソールの清涼感とキック感がアップ
  • 長い喫煙時間でゆっくり楽しめる
  • 連続20本吸いが可能

アイコスよりも手頃な価格で販売されているのも◎。

乗り換えや2台目としてもオススメ!

関連記事 【レビュー】Ploom S(プルームエス)2.0 メンソール特化型デバイスを試してみた  

あなたにオススメ

×
  • この記事を書いた人
CAPNOS[カプノス]編集部

CAPNOS[カプノス]編集部

電子タバコの総合情報メディア「CAPNOS(カプノス)」編集部。 当メディアでは加熱式タバコや電子タバコに関する情報を毎日発信します。

特集

喫煙する男性 1

国内では様々な加熱式タバコが販売されています。 普段、紙巻きタバコを利用している人で以前から加熱式タバコが気になっていた人という人もいるでしょう。   当記事では、下記のようなユーザーに向け ...

テレワーク 2

コロナウイルスの影響で仕事がオフィスワークからテレワークに変わった人も多いのではないでしょうか。 新しい働き方として注目される一方で、在宅ワークゆえに喫煙に関する問題も浮上しています。 テレワーク環境 ...

ニコレスとアイコス 3

アイコスで使える互換スティック「ニコレス 」 ニコチンゼロで吸える製品ですが、ニコレスで禁煙生活は可能なのでしょうか? 実際に2週間試してみた感想を紹介します。   ニコレスで禁煙生活 ニコ ...

タバコ 4

年々、タバコ代は上がっておりタバコの出費も増えてきている昨今。 1箱1000円まで上げるという話しも政府内から出たりしています。喫煙者にとっては肩身が狭い状況ですが、毎月のタバコ代の出費もばかになりま ...

-PloomTECH

© 2020 CAPNOS[カプノス]