Capnos

電子タバコ総合情報メディア「カプノス」

加熱式電子デバイスpulze(パルズ)の充電方法を紹介

福岡で先行発売されたパルズですが、これまでの電子デバイスと比べて充電方法は何か違うのか?

また、フル充電までの時間や注意点など、実際に使用してみた感想なども含めてご紹介していきます。

充電するための準備

f:id:mutant-tetsu:20190507141424j:plain

パルズを購入すると、「USBチャージャー」と「電源アダプタ」が一式セットで付属しています。

これまでの加熱式デバイスと同じく、パルズも充電式の電子デバイスとなるため、使用する前にまずは充電することから始めましょう。

パルズを充電するときには2通りのやり方があります。

  • PCなどにUSB接続して充電する方法
  • 電源コンセントに差し込み充電する方法

さっそくパルズの充電方法を見ていきましょう!

パルズを充電してみる

f:id:mutant-tetsu:20190529113415j:plain

それでは早速充電してみます!

下記に充電完了までの流れを3つの工程でまとめていますので確認していきましょう。

  1. 充電中は本体のLEDランプが点滅する
  2. 充電レベルが1段階上がるごとにランプが1つずつ点灯したままになる
  3. 上部のLEDランプが4つ全て点灯したら充電完了

充電完了までの流れはとてもシンプルでわかりやすいですね。最終的にランプが4つ点灯したらOKの合図。

では、充電完了するにはどれだけの時間がかかるのでしょうか?続いてご紹介していきます。

フル充電までの時間

パルズでフル充電までにかかる時間は70分ほどです。そして、フル充電から20本連続吸いが可能です。

他の電子デバイスと比べて、どの位の性能になるのでしょうか?

下記にパルズ、グロー 、iQOS3マルチの比較表を作ってみました。

  パルズ グロー アイコス3マルチ
フル充電の時間 70〜90分 約180分 約75分
次回の充電までの使用可能数 20本 20本 10本

70分〜90分ということは、iQOSやプルームテックと同じくらいですね。

ただ、同じく20本連続で使用可能なグローはフル充電までに約3時間もかかってしまいます。

iQOSマルチに関してはフル充電まで約75分と同じくらいの充電時間ですが、連続使用できる本数は10本しかありません。

こう考えると、フル充電まで70分ほどで20本連続使用できるデバイスは今のところパルズしかないので、優秀ではないでしょうか。

バッテリー残量のチェック

パルズでバッテリー残量を確認するのは非常に簡単です。

パルズ本体のLEDランプがいくつ点滅しているかで残量を見分けましょう。

  1. 電源ボタンを1回押す
  2. LEDランプが点滅し、現在の充電レベルが表示される
  3. 3秒したら自動的にランプは消える

上記の流れでバッテリー残量を確認することになりますが、1つのランプがおよそ25%を表しています。

f:id:mutant-tetsu:20190529113421j:plain

ここで1つ注意点ですが、あまり長時間の充電をしないようにしましょう。バッテリーの消耗が早まる恐れがありますのでご注意を。

パルズでアイコスやプルーム・テックの充電器も使えるか?

f:id:mutant-tetsu:20190529113423j:plain

結論から言うと、Type-CのUSBケーブルであれば使えます。

アイコス2.4plusはmicro USB Type-B(Androidスマホでも使えるやつ)になるのでパルズでは使えません。

しかし、アイコス3からはType-Cが採用されているので使えます。

f:id:mutant-tetsu:20190529113418j:plain

この微妙な違いだけ知っておけば大丈夫だと思います。

参考:パルズの充電方法 | パルズ公式サイト

まとめ

いかがでしたか?今回はpulze(パルズ)の充電方法をご紹介しました。

連続使用本数に比べて充電時間が短いのはありがたいですし、充電方法自体も至ってシンプルで分かりやすい作りですよね。

これからパルズの使用を考えている方は参考にしてみてくださいね。

加熱式タバコpulze(パルズ)の使い方を詳しく紹介するよ - Capnos