[カプノス]たばこ情報サイト

【シャグレビュー】「エクセレント グレープ」をヴェポライザーと手巻きで吸ってみた感想

デンマーク発祥の名門たばこメーカー、マックバレン・タバコ・カンパニー。

パイプ用シャグ、手巻き用シャグ、スモークレスたばこなどを幅広く展開していますが、いずれも高品質のものばかりであり、特にヨーロッパでは支持の高いたばこメーカーとして知られています。

マックバレン・タバコ・カンパニーが展開する手巻き用シャグブランド全14種のうち、フレーバー系シャグを数多く展開するのが「エクセレント」シリーズです。

これまでに筆者が試したいくつかのフレーバーは、香料が控えめであくまでもたばこ葉本来の喫味を損なわない設計のものが多く、この点に好感を抱いています。

一方、やや複雑なフレーバーをモチーフにしたもの(『スイートプラム』など)は、どうしても香料が強めになる傾向があるという先入観も抱いています。

今回試す「エクセレント グレープ」は果たしてどのような喫味を楽しませてくれるのでしょうか。パッケージはグリーンを基調としたもので、青々しいぶどうを意識しているように思いますが、スイートプラムのように香料が強めでないことを願うばかりです。

というわけでさっそく「エクセレント グレープ」のスペック、開封、葉の感じから見ていきましょう。

「エクセレント グレープ」のスペック

・生産国 ドイツ
・価格 680円
・内容量 25g

開封

25gで680円のお手頃価格は「エクセレント」シリーズ共通のもの。

それでいて良質なたばこ葉をブレンドしている点、そして香料が控えめなフレーバーもある点に筆者は好感を抱いていましたが、「エクセレント グレープ」は「エクセレント」シリーズの中でも、香料がかなりキツめの部類に入るもの。

開封した際にいきなりグレープの、青く甘い香りが鼻腔をついてきました。なんとかしてたばこ葉本来の香りを嗅ごうと意識しても、あまり感じることができません。

本国の公式サイトを翻訳すると、アフリカ・南米などのバージニア葉、アフリカのバーレー葉、ヨーロッパのスパイシーなオリエント葉を採用しているようで、この点も「エクセレント」シリーズの他のフレーバーと同じですが、おそらく香料は強いものを使っているのではないかと思われます。

葉の感じ

開封時に感じた香料の強さと比例するかのように、たばこ葉を触ってみると、いかにも香料といった感じの強い粘度がありました。触ってみると、指先にベトっと香料がつく感じで、この点は筆者の好みと明らかに違う印象です。

もちろん、フレーバー系シャグなので「いやいや、この香料を楽しみたいんだ」という方には良いと思いますが、少なくともたばこ葉本来の喫味やパフォーマンスを損なわないように楽しませてくれることを願うばかりです。

というわけで、この「エクセレント グレープ」に火をつけて吸ってみたいと思います。まずはヴェポライザーから試していきたいと思います。

FENiX MINI PROで吸ってみた

毎度お馴染みの扱いやすくダイナミックな喫味を味わえるヴェポライザー、FENiX MINI PROで試すことにしました。190度から加熱をスタート。さっそく喫煙していきます。

ーーー

開封時に感じた香料の強さがそのまま喫味に反映されたような印象である一方、青く甘い香料の風合いが意外とまろやかに出ており、それほど違和感を感じる風合いではありませんでした。

むしろこの丸い喫味が優しく、「これはこれでアリかもな」とも思いました。

よく「たばこは覚醒と沈静の効果がある」なんて話を聞きますが、このうちの「沈静」を促すような喫味であり、マイルドにシャグを楽しみたい人にとっては良いような気もします。

この点、ヴェポライザーの温度を上げることで喫味にどんな変化をもたらすのでしょうか。次に試してみます。

温度を上げて吸ってみた

FENiX MINI PROを220度に設定。

190度よりもバランスが取れたような印象を抱く一方、キックは強めなのにボディが弱く、どことなくスカスカ感を感じます。この点、筆者は少々苦手な部類の喫味です。

「エクセレント」シリーズの中では「バニラ」や「パイナップル」のストイックな設計に好印象を抱いていましたが、このエクセレント グレープはその真逆。

ごく普通のフレーバー系シャグといった印象で、これ自体を好む人がいるのはわかりつつも、どうも「たばこ」としての物足りなさを感じてしまいました。

手巻きで吸うと、この印象はどう変わるのでしょうか。次に試してみます。

手巻きで吸ってみた

1パフ目、2パフ目ではヴェポライザー220度とよく似た喫味で、グレープの甘さが際立ったいかにも「フレーバー系シャグ」という印象です。

一方、3パフ目、4パフ目以降はたばこの「蒸し」が進むからなのか、次第にたばこ葉本来の苦味や辛味、スパイシーさが際立ってきて、この「味変」が面白いとも思いました。

ただし、やはりどうしても物足りなさを感じるのも正直なところで、筆者のようなヘビースモーカーには不向きのシャグのようにも感じました。

「エクセレント グレープ」の感想

バニラ」、「パイナップル」などの喫味設計に感動した「エクセレント」シリーズですが、「グレープ」は香料が強い一方、たばこ本来のマイルドさも手伝い、たばこというよりは「甘い空気」を吸っているような印象を抱きました。

この点は好みがはっきり分かれるとは思いますが、ただし、手巻きで吸った際に起こる「味変」はなかなか面白いとも思いました。個性的なシャグではあると思いますので、興味を持たれた方、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

ヴェポライザー評価:2/5

手巻き評価:3/5

 

【シャグ】エクセレントのおすすめは?味わいを比較してランキングで紹介

松田義人

松田義人(まつだ・よしひと)

ヘビースモーカーで「タバコなら加熱式、電子、紙巻きなんでも来い」の編集者・ライター。一番好きなタバコは台湾の「新楽園」という銘柄。


特集


ニュース


喫煙具を知る


20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。