gloを販売するブリティッシュ・タバコ・ジャパン社が発売した「VELO」を試してみました。

従来のタバコとは異なる「かぎたばこ」と呼ばれるジャンルです。

VELOを実際に使用した感想を紹介します。

 

電子たばこ口コミサイトVape Hunt

VELOとは?

ブリティッシュ・タバコ・ジャパン社が新しく販売するかぎたばこと呼ばれる製品です。

タバコ葉が詰まったパウチを口に含み、口からニコチンを摂取するというもの。

当然ですが、ニコチンを含む製品なので未成年は購入することができません。

価格や内容量は以下の通りです。

製品名 VELO
価格 580円(税込)
内容量 20個

 

VELOを開封(開かない)

さっそく購入しVELOを開封!

と思いましたが、なかなか開きません。上蓋を左右に回すことで開くようになっていますが、そうと分かっていてもなかなか開きません。

これ、毎回取り出しににくいな・・・と思いましたが、ふと気付きました。

もしかして、開け辛いのはわざと設計しており子供の誤飲防止を防ぐためなのかなと。

ちなみに、同じかぎたばこでJTが発売するSNUS(スヌース)という製品がありますが、こちらも開け辛い構造になっています。

 

VELOを試してみた

さっそくVELOを試していきます。今回、試したのはRUBY BERRYというフルーツ系のフレーバーです。

開けるとイチゴガムのような良い匂いが漂ってきます。タバコ臭さというのは一切ないですね。

パウチを1つ手に取り口の中に。

歯茎と頬の内側に挟んで、そのまま口に含みます。

 

ニコチンが原因だと思いますが、途中ピリピリしてきます。パウチの場所を入れ替えて調整します。

 

最初、口に含んだ時はイチゴのほのかに甘い感じが漂ってきて、一切タバコ感というものはありません。

しかし、時間が経ってくるとイチゴのエキスがなくなるのか、タバコ葉特有の味が顔を出してきます。

 

ちなみに使用後はパッケージの中に捨てることもできます。上蓋にそのためのスペースがあります。

 

全く異なる喫煙体験

タバコと比較するというのがそもそも間違いかもしれません。

タバコの煙を吸ってニコチンを摂取するのとは全く異なる喫煙体験です。

煙が一切、発生しないので喫煙というのもおかしいのですが・・・

 

昨今、喫煙に対する規制はどんどん厳しくなっています。このタイミングでかぎたばこが投入されたのは自然な流れだと思いますが、今後かぎたばこは定着するのでしょうか。

タバコを吸えない環境になってしまったという人には面白い製品だと思います。ぜひ参考にしてみてください。

 

【関連記事】

かぎたばことは?煙なしのスヌースを試してみた

 

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonで本家のアイコスをおさえて人気なのがHiTaste P6 miniというアイコス互換機。

  • 連続23本吸いが可能
  • 液晶パネルで温度調整・残り時間確認可能
  • アイコス3DUOのおよそ1/3の低価格

アイコスマルチでも連続吸いは10本までですが、P6 miniは23本。さらに重量はアイコス3の1/4と最軽量です。

タバコスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!

実機レビューはこちらで紹介しています。

  【レビュー】アイコス互換機HiTaste P6 miniを使ってみた感想

【関連記事】

アイコス互換機のおすすめはこれ!2020年のおすすめモデルを紹介