glo

【レビュー】グローセンス ネオ・ゼスティー・アップルを試してみた

  1. HOME >
  2. 加熱式タバコ >
  3. glo >

【レビュー】グローセンス ネオ・ゼスティー・アップルを試してみた

2019年11月14日から全国発売が解禁されたグローセンス 。

様々なフレーバーが用意されていますが、その中のアップル味のレビューとなります。

 

グローセンス  ネオ・ゼスティー・アップル・ポッド

青リンゴのようなフレッシュな香りが広がるメンソールフレーバーと、上質なたばこブレンドが融合して生まれた、清涼な満足感

公式サイトではこのように説明がされています。

グロー はフルーツ系のフレーバーが得意でもありますし、青リンゴ味はVAPEでも鉄板と言っていいほど人気のあるフレーバーなので期待が高まります。

 

いざ、開封

グローセンス フレーバー ゼスティーアップル

アップルフレーバーを開封してきます。

開封すると青リンゴの香りがほのかに香ってきます。

さっそく本体にセットして喫煙していきます。

 

・・・

 

なるほどなるほど。

吸った感想を一言で言うと、

「惜しい!」

の一言。

と言うのも、青リンゴの果実感というか香りがそこまで強くありません。

また、メンソールもプラスされているはずですが、清涼感もそこまで感じません。

同じフルーツフレーバーのアイスブルーベリーがブルーベリーとメンソールをしっかり感じれただけに青リンゴは少し物足りないように感じます。

 

まとめ

欲を言えば、青リンゴ感と清涼感をガッツリ感じたかった・・・

グロー のフルーツフレーバーは美味いと期待感が先行していただけに、もうひと押し欲しいと感じたフレーバーでした。

 

関連記事

グローセンス フレーバーの種類を総まとめ!おすすめフレーバーも紹介

【レビュー】glosens(グローセンス)の感想まとめ。味やプルームテックプラスとの違いは?

 

 

JTから最新の加熱式タバコが販売開始

プルームエス2の感想

日本たばこ産業(JT)から最新の加熱式タバコが販売されました。

Ploom S 2.0という製品でメンソールに特化した最新モデル。

  • メンソールの清涼感とキック感がアップ
  • 長い喫煙時間でゆっくり楽しめる
  • 連続20本吸いが可能

アイコスよりも手頃な価格で販売されているのも◎。

乗り換えや2台目としてもオススメ!

関連記事 【レビュー】Ploom S(プルームエス)2.0 メンソール特化型デバイスを試してみた  

あなたにオススメ

×
  • この記事を書いた人
CAPNOS[カプノス]編集部

CAPNOS[カプノス]編集部

電子タバコの総合情報メディア「CAPNOS(カプノス)」編集部。 当メディアでは加熱式タバコや電子タバコに関する情報を毎日発信します。

特集

喫煙する男性 1

国内では様々な加熱式タバコが販売されています。 普段、紙巻きタバコを利用している人で以前から加熱式タバコが気になっていた人という人もいるでしょう。   当記事では、下記のようなユーザーに向け ...

テレワーク 2

コロナウイルスの影響で仕事がオフィスワークからテレワークに変わった人も多いのではないでしょうか。 新しい働き方として注目される一方で、在宅ワークゆえに喫煙に関する問題も浮上しています。 テレワーク環境 ...

ニコレスとアイコス 3

アイコスで使える互換スティック「ニコレス 」 ニコチンゼロで吸える製品ですが、ニコレスで禁煙生活は可能なのでしょうか? 実際に2週間試してみた感想を紹介します。   ニコレスで禁煙生活 ニコ ...

タバコ 4

年々、タバコ代は上がっておりタバコの出費も増えてきている昨今。 1箱1000円まで上げるという話しも政府内から出たりしています。喫煙者にとっては肩身が狭い状況ですが、毎月のタバコ代の出費もばかになりま ...

-glo

© 2020 CAPNOS