アイコス_ドクタースティック3

アイコス銘柄のニコチン、タールは何ミリなのか?テリア、センティア、マールボロ、ヒーツで調査

著者画像

たばこの総合情報サイトを運営。最新製品の発売情報やプレゼント企画をツイートしています。
→公式Twitter

フィリップモリスジャパンが販売する加熱式たばこ「アイコス」最近では、紙巻きたばこからアイコスに乗り換えるユーザーも増えています。

そのアイコスですが、ニコチンやタールは何mg含まれているのでしょうか?本記事では、アイコスで使われるたばこスティックのニコチンやタール量を詳しく紹介します。

アイコスにニコチンやタールは含まれている?

結論から先に言うと、アイコスにはニコチンやタールが含まれています。

現在、アイコス本体はアイコス3とアイコスイルマが発売されており、以下の4タイプが発売されています。

  • テリア(アイコスイルマ専用)
  • センティア(アイコスイルマ専用)
  • マールボロ(アイコス3専用)
  • ヒーツ(アイコス3専用)

しかし、これらのパッケージにはニコチンやタールの量に関して明記されていないため、「よく分からない」という人が多いのではないでしょうか。

パッケージの表裏どこを見てもニコチンやタールの記載はありません。なぜ、加熱式たばこのアイコスにはニコチンやタールの記載がないのでしょうか?

これには法律が関係しています。

紙巻きたばこは、たばこ事業法によりタール、ニコチンの測定方法や表示が定められています。

一方、アイコスを含む加熱式たばこや葉巻、パイプなどでは国際的な標準測定法が定められていないことから、タール、ニコチンの値を記載していません。

マールボロ・ヒートスティックのニコチン、タール値

アイコス マールボロ・ヒートスティック・レギュラー

アイコスのパッケージにはニコチン、タール量の記載はありませんが、外部の情報である程度、ニコチン、タール量を把握することができます。

例えば、アイコスを販売するフィリップモリス社の公式サイトでは紙巻きたばこと比較したニコチン量が記載されています。

ニコチン(mg / 1本)
ヒートスティック

(レギュラー)

1.32
ヒートスティック

(メンソール)

1.21
紙巻きたばこ 1.89

こうして見ると、紙巻きたばこよりもニコチン量が少ないことが伺えます。

次に日本禁煙学会が発表したデータを見ていきましょう。

こちらでは、タールも計測しており紙巻きたばことの比較が紹介されています。

アイコス

(メンソール)

紙巻きたばこ
タール

mg/本

13.4 19.2
ニコチン

mg/本

1.2 1.0
一酸化炭素

mg/本

0.43 29.7
タバコ特異的
ニトロアソミンmg/本
81.4 557.1

ニコチンに関しては、アイコス公式で発表された値とほぼ一致していますね。

タールは、1本あたり13.4mgほどになります。

以上の結果をまとめると、1本当たりのアイコス(マールボロ・ヒートスティック)のニコチンは1.2mg、タールは13.4mgであると言えます。

アイコス・ヒーツのニコチン、タール量はいくら?

ヒーツトロピカルイエロー

次にアイコス・ヒーつシリーズのニコチン、タール量を調べてみました。

ですが、ニコチン、タール量が明記されているデータはありませんでした。

外部機関はアイコス・マールボロシリーズをベースに実験を行なっているので、ヒーツに関してのデータは少ないものと思われます。

一般的にヒーツシリーズの吸いごたえはマールボロシリーズに比べると若干、弱いと言われているのでニコチン12mg、タール13.4mgよりも少ない値である可能性が高いです。

アイコス・イルマ(テリア銘柄)のニコチン、タール量はいくら?

テリアリッチレギュラー

ヒーツシリーズに同じくアイコスイルマの専用銘柄「テリア」にも有意な情報は得られませんでした。

テリアは発売されてからまだ日が浅いので、十分な研究データが得られていないためと思われます。

テリア銘柄はマールボロ・シリーズとほぼ同じ味わい、吸いごたえのためニコチンやタールの量はほぼ同じ値と見ていいでしょう。(ニコチン12mg、タール13.4mg)

アイコス・イルマ(センティア銘柄)のニコチン、タール量はいくら?

センティア_フロストグリーン

センティア・フロストグリーン

アイコスイルマ版ヒーツとして、安い価格で提供されているセンティア銘柄。こちらも同じくニコチンやタール値の記載に関するデータはありませんでした。

センティアもテリアに比べると若干、喫味が弱いです。ニコチン12mg、タール13.4mgよりも少ない値である可能性が高いでしょう。

アメリカでは曝露低減たばこ製品として認可

少し前までアメリカではアイコスの販売はされていませんでした。しかし、2020年に米食品医薬品局(FDA)がアイコスを曝露低減たばこ製品として認可し販売を許可しました。

米国の政府機関がアイコスをリスク低減たばことして認可したわけです。

アイコスがアメリカでリスク低減たばことして認可される

紙巻きたばこよりリスクの低いたばこ製品として認められたおかげで、アイコスのアメリカ市場での躍進は一気に加速しました。

ただ、注意したいのは既存の紙巻きたばこよりもリスクが低いと言っても、リスクがゼロというわけではありません。

上述したように、紙巻きたばこに比べてタールの量が減っていますが、ゼロではないので、その点に注意して使用することをおすすめします。

よく読まれている記事

ニュースレターの詳細はコチラ

タバコをもっと知る
もっと楽しむ

CAPNOSでは、タバコのニュースレターを配信中。毎週1回、新製品情報や業界ニュースがあなたのメールに届きます。登録は無料でいつでも解約可能です。

無料で購読する
ニュースレター

Related Post

20歳以上ですか? 本サイトはタバコに関する情報を掲載しています。