glo

グローシリーズの重さ・サイズ早見表まとめ。nano / mini / PRO / sens(センス)を紹介

  1. HOME >
  2. 加熱式タバコ >
  3. glo >

グローシリーズの重さ・サイズ早見表まとめ。nano / mini / PRO / sens(センス)を紹介

グローはナノ、ミニ、プロなど様々なシリーズがあります。

最近ではグローセンスという初のリキッド式タイプも発売されました。

今回はグロー シリーズの重さやサイズを表にまとめて紹介します。

 

グロー シリーズの重さやサイズまとめ

各グロー シリーズの重さやサイズを表でまとめます。

重さ 奥行き 高さ
nano 61g 32mm 21mm 95mm
mini 85g 41mm 20mm 82mm
PRO 98g 43mm 21mm 82mm
Sens 34g 39.5mm 21.7mm 91mm

 

最も重いのはグロープロ

グロープロ

グロー シリーズで最も重いのはグロー プロ。

プロにはブースト機能など他のデバイスにはない機能があるので、若干の重量増は仕方ないかもしれませんね。

 

ただ、10g程度の増量なので実際に持ち比べてもその差はあまり変わりません。

ポケットやバックに入れていたら、なおさら分からないと思います。

新製品glo proとglo nanoが発売!発売日や価格、機能をまとめて紹介

 

グローセンスは素材が違うので軽い

グローセンス

グローセンス はぶっちぎりの34gですが、これは素材の違いによるものです。

グロー シリーズは全てアルミ製のボディですが、グローセンス だけプラスティックのような素材を採用しています。

 

このためサイズはあまり変わらないにも関わらず、本体の軽さを実現しています。

【レビュー】glo sens(グローセンス)を使ってみた。その実力やいかに?

 

【関連記事】

アイコスシリーズの重さ・サイズ早見表まとめ。2.4P/3/マルチ/DUOを紹介

プルームシリーズの重さ・サイズ早見表まとめ。プルームテック、プラス、プルームエスを紹介

 

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonで本家のアイコスをおさえて人気なのがUWOO Y1という最新のアイコス互換機。

  • 連続40本吸いが可能
  • 温度調整が可能
  • 最大13分の喫煙時間(アイコスは6分)

アイコスマルチでも連続吸いは10本ですが、UWOO Y1は驚異の40本。

ヒートスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!

   

関連記事

アイコス互換機のおすすめはこれ!2020年のおすすめモデルを紹介

あなたにオススメ

  • この記事を書いた人
CAPNOS[カプノス]編集部

CAPNOS[カプノス]編集部

電子タバコの総合情報メディア「CAPNOS(カプノス)」編集部。 当メディアでは加熱式タバコや電子タバコに関する情報を毎日発信します。

特集

喫煙する男性 1

国内では様々な加熱式タバコが販売されています。 普段、紙巻きタバコを利用している人で以前から加熱式タバコが気になっていた人という人もいるでしょう。   当記事では、下記のようなユーザーに向け ...

テレワーク 2

コロナウイルスの影響で仕事がオフィスワークからテレワークに変わった人も多いのではないでしょうか。 新しい働き方として注目される一方で、在宅ワークゆえに喫煙に関する問題も浮上しています。 テレワーク環境 ...

ニコレスとアイコス 3

アイコスで使える互換スティック「ニコレス 」 ニコチンゼロで吸える製品ですが、ニコレスで禁煙生活は可能なのでしょうか? 実際に2週間試してみた感想を紹介します。   ニコレスで禁煙生活 ニコ ...

タバコ 4

年々、タバコ代は上がっておりタバコの出費も増えてきている昨今。 1箱1000円まで上げるという話しも政府内から出たりしています。喫煙者にとっては肩身が狭い状況ですが、毎月のタバコ代の出費もばかになりま ...

-glo

© 2020 CAPNOS