Capnos

電子タバコ総合情報メディア「カプノス」

加熱式タバコの比較!アイコス、プルーム、グロー、パルズ 全てを比較検証

国内では加熱式タバコと名の付く製品は複数あります。

紙巻タバコから加熱式タバコに乗り換えようとする人にとっては、どの製品が自分に合っているのか分かりづらいですよね。

そこで今回は現在、国内で販売されている加熱式タバコを全て比較して、どのタイプがオススメなのかを紹介します。

あなたの加熱式タバコ選びをお手伝いします!

 

加熱式タバコは群雄割拠

f:id:mutant-tetsu:20190522104458j:plain

「加熱式タバコ(電子タバコ)」や「アイコス」のワードが出てきて、久しいですが現在加熱式タバコは様々なメーカーから販売されています。

国内の主要メーカーの加熱式タバコを紹介すると、

  1. アイコス
  2. プルームテック 
  3. グロー
  4. パルズ

これらの4社が販売に乗り出しています。紙巻タバコから加熱式タバコに乗り換えようと思っている人の参考になればと思い、加熱式タバコの使用感や価格などを比較しました。

 

加熱式タバコの比較表

機種 本体価格 スティック(カプセル) 連続吸い
IQOS2.4plus 7980円 500円 ×
IQOS3 10980円 500円 ×
IQOS3マルチ 8980円 500円
プルームテック 3000円 490円
プルームテックプラス 4980円 500円
プルームエス 7980円 480円
グロー 2980円 460円
パルズ 6980円 460円

各社キャンペーンを展開しており、表示価格より安い価格で入手できることもあります。

特にグローはキャンペーンを利用しないと定価8000円となります。オンラインやコンビんで購入する際にクーポンを使って割引後の値段で購入するようにしましょう。(常に開催されています笑)

 

国内ユーザーNo1のアイコス

f:id:mutant-tetsu:20190704170637j:plain

加熱式タバコ=アイコスと感じているユーザーは多いと思います。事実、加熱式タバコの国内シェアはアイコスがトップです。

多くのユーザーが使っている機種なので、選択肢として1番最初に来ると思います。

実際に私も長いことアイコスを利用していますが、これと言って不満もありませんし便利に使わせてもらっています。

 

あえて、デメリットを挙げるならば

  • ブレード折れの故障が多い
  • 本体価格が高い

などが挙げられます。特にアイコスのブレード折れは界隈でも有名なので、そこだけがネックですね。

ちなみにその他の加熱式タバコや非ブレード型であったり、折れにくいブレード構造をしているので、これらの問題はクリアにされています。

 

<アイコスのメリット・デメリット>

メリット

・国内ユーザーNo1

・吸いごたえあり

デメリット ・ブレード折れが多い
・価格が高い

IQOS3の使い方まとめ。さっそく試してレビューしてみる - Capnos

 

女性に人気のプルームテック 

f:id:mutant-tetsu:20190117133726p:plain

プルームテックは女性に人気のある製品です。(もちろん男性ユーザーも多いですが)

理由としてはタバコ葉を加熱する方式ではなく、リキッドを温めて気化した蒸気を吸い込むスタイルなので、アイコス製品よりも煙臭くありません。

 

フレーバーもフルーツ系の味を揃えているので、この辺も女性に人気がある理由ではないでしょうか。

煙の少なさやタバコ葉を加熱しないスタイルなのでアイコスに比べて煙や、タールが少ないのが売りの1つです。

しかし、人によっては吸い応えの少なさを指摘する声も少なくありません。

ただし、この点はプルーム側も把握しているようで新型のプルームテックプラスでは吸い応えが改善されています。

 

<プルームテックのメリット・デメリット>

メリット ・煙やタールが少ない
デメリット ・吸い応えは少なめ

【レビュー】新型プルームテックプラスの使い方まとめ - Capnos

 

割安で始めることができるグロー

f:id:mutant-tetsu:20190521101708j:plain

非ブレード方式を採用しているので、ブレード折れの心配がないグロー。

フレーバーもレギュラーからフルーツ系と幅広く揃っています。

故障も少なくとても使いやすいのですが、アイコスやプルームに比べると少しユーザーが少ない印象です。

しかし、本体価格や専用スティックの割安さは1番。現在、発売されている加熱式タバコの中でも最もコスパが良い商品と言えるでしょう。

 

<グローのメリット・デメリット>

メリット ・本体やランニングコストが安い
デメリット ・吸い応えは少なめ

glo(グロー)の使い方を徹底解説!グローの完全マニュアルを説明するよ - Capnos

 

加熱式タバコの新勢力、パルズ

f:id:mutant-tetsu:20190529113415j:plain

マイブルーというVAPE製品を発売した会社が送り出した第四の加熱式タバコです。

マイブルー は最近、TVCMも放送し出したので知っている人も多いのでは?

パルズはアイコスと同じくブレード方式を採用しています。

しかし、アイコスに比べて折れにくい構造を採用しているので、ブレード折れのリスクはアイコスより少なめです。

味もアイコスと比べても遜色ありません。

1つ注意したいのが、2019年7月現在福岡での限定販売であること。

まずは福岡でテストマーケティングを行ってから全国販売にシフトしていくようですが、全国販売解禁までもう少しですね。

 

<パルズのメリット・デメリット>

メリット ・ブレードが折れにくい
・吸い応えあり
デメリット ・(現在は)地域限定発売のため入手困難

【最速レビュー】加熱式タバコのpulze(パルズ)を使ってみた - Capnos

 

まとめ

国内では4社がしのぎを削っていますが、アイコスが第一候補に上がってくると思います。

私自身、紙巻きたばこから加熱式タバコに乗り換える人にはアイコスを勧めています。

知名度もありますし、吸い応えもあるからですね。

実際に父が加熱式たばこを始めてみたいと言った時はアイコスを勧めました。今ではアイコスマルチを愛用し、すっかりアイコスユーザーになっています笑

 

IQOS向きな人

最も知名度のある加熱式タバコを使いたい、吸い応えを楽しみたい

プルーム向きな人 タバコの匂いを軽減したい
グロー向きな人 ランニングコストを抑えたい

上記のような選択肢になると思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。