Capnos

電子タバコ総合情報メディア「カプノス」

プルームテックの種類を比較!3製品の違いを詳しく紹介します

2016年3月に初期型プルームテックが発売されて約3年経ちましたが、新登場の商品も登場していますね!

これからプルームテックを使ってみようと思っている方は、結局どれが一番使いやすいのか知りたいですよね?

勿論好みもありますが、当記事ではそれぞれを比較し、また人気商品を探っていきます。

プルームテックは3種類

f:id:nepiawwf:20190603150517j:plain

プルームテックには2019年現在、3種類の商品が用意されています。

  • プルームテック
  • プルームテックプラス
  • プルームエス

この中でもプルームエスだけがアイコスやグローと同じく、スティックを差して加熱させて使用するタイプになります。

そして、プルームテックとプルームテックプラスは、「カプセル」型の電子デバイスです。

ひとまずプルーム製品には3種類の製品があることが分かりましたね。

でも、個別の特徴や違いはまだピンと来ないですよね?

以下では、具体的にはそれぞれどのような違いがあるのか順番に説明していきます。

初期型のプルームテック

f:id:nepiawwf:20190603150709j:plain

2016年3月にJTが販売を開始した初期型プルームテックで、3つの中でも一番古いものですね。

下記が商品の特徴になります。

  • タバコ由来の成分(ニコチン)を含む水蒸気を吸い込むもの
  • 使用するまでに待ち時間がない
  • 匂いがほぼ無臭
  • 途中で中断できる

ニコチンまじりの水蒸気を吸い込む機械ということになります。

匂いはほとんどないですし、加熱式たばこのアイコスやグローのように「スティックを差して待つ」時間がありません。

また、いつでも使用を中断することができますし、逆に言えばずっと使用し続けることもできちゃいます笑

ただ、使用し続けていると感じるのは、やたらカプセルが手元に残るということです。カートリッジ単品では販売されていないため困りました。

さらに進化させたプルームテックプラス

f:id:nepiawwf:20190603151027p:plain

プルームテックプラスは、初期型のプルームテックの改良版ということになります。

大きな違いとしては、以前より断然「吸いごたえが良くなった!」ということです。

それでは具体的にはどのような点が変わったのでしょうか?

  • たばこカプセルの葉の量が増えた
  • 加熱温度を10℃上げている(温度上昇により吸いごたえアップ)
  • リキッドタンク方式にすることでたっぷりの水蒸気が出せるようになった
  • リキッドタンクに小窓がついており、残量確認が明確になった

以前のモデルよりも大きいですし重くなってはいますが、その分全ての性能が大幅に改良されています。

【レビュー】新型プルームテックプラスの使い方まとめ - Capnos

初の加熱式タバコ、プルームエス

f:id:nepiawwf:20190603151201j:plain

最後に紹介するのが、プルームエス です。

これは先ほどの2つとは全く作りが異なります。

カプセル式ではなく、専用ヒートススティックを高温で加熱して使用するタイプで、プルームテックから初の高温加熱式デバイスの登場となります。

アイコスやグローと比較すると、温度が少し低めに設定されているからか、吸いごたえが弱いところがあります。

ただ、個人的に加熱式たばこ特有の匂いは少し軽減されているように感じました。また、連続吸いが10本までできるところもメリットです!

デザインも、ラバータイプで持ちやすいですしおしゃれですよ。

【レビュー】新型プルームエスの使い方まとめ - Capnos

それぞれの比較

f:id:nepiawwf:20190603151407j:plain

それぞれの商品の特徴が何となく分かってきましたね!ここで、またさらにこの3つの商品の比較をしていこうと思います。

機能的な部分や金額、使用時間など含めて表にまとめてみました。

  プルームテック プルームテックプラス プルームエス
本体の金額 3000円(税込) 4980円(税込) 7980円(税込)
カプセル/スティックの金額 490円(税込) 500円(税込) 480円
使用時間 時間は関係ない 時間は関係ない 3分30秒
使用回数(パフ数) フル充電で250パフ/1カプセル50パフ フル充電で250パフ/1カプセル50パフ 14パフ
重さ 17g 41g 95g
充電時間 90分 90分 90分

金額面では初期型が一番安いですが、進化したプルームテックプラスは性能が優秀なうえ金額も手が出しやすいのではないでしょうか。

フル充電までの時間は全て90分ということで変わりませんでしたね。

気になったところは、プルームエスの使用時間が3分30秒というところが、iQOSなどに比べると約半分の時間なので残念かなと感じました。

一番人気のプルーム製品は?

f:id:nepiawwf:20190603151756j:plain

これまで3つの特徴や比較をしてきましたが、最終的にはどれが一番人気なのでしょうか?

プルームテックプラスが一番人気の商品!

そうなんです、プルームテックプラスが売れ筋商品となっています。

プルームエスも初の高温加熱式たばことして期待されていましたが、公式ショップの店員さんに聞いてみたところ、プルームテックプラスが一番人気ということです。

まとめ

いかがでしたか?今回はプルームテック商品の比較をさせていただきました!

プルーム製品の購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

【関連記事】

プルームテックプラスは互換カートリッジがおすすめ!賢くランニングコストを抑える - Capnos