加熱式タバコで日本で1番シェアを取っているのはアイコスで間違いありません。

そのアイコスブランドの中でも現在4つの製品が販売されています。

アイコス製品の中でも1番どれがオススメなのか?それぞれの特徴や価格は?といった点を徹底検証しました。

 

アイコス全機種比較。1番おすすめの機種は?

先に結論から。アイコスで1番おすすめの機種はアイコス3マルチです。

アイコスは2.4シリーズから発売されてずっと言われてきたことは「連続吸い」ができないことでした。

別に1本吸い終わった後に、そのまま2本3本と吸いたいわけじゃないんですよね。

 

しかし、毎回ホルダーをチャージャーにセットして充電を完了させる手間が面倒だと感じる人は多いのではないでしょうか。

その点、アイコス3マルチは10本連続吸いができます!

チャージャー・ホルダーが一体型なので持ち運びしやすいのもおすすめに選んだ理由の1つです。

以下ではアイコスが今まで発売してきた機種、

  1. アイコス2.4
  2. アイコス2.4plus
  3. アイコス3
  4. アイコス3マルチ

全ての価格や機能を詳しく紹介します。

 

アイコス2.4

f:id:mutant-tetsu:20190704170620j:plain

初期型アイコスと呼ばれ、アイコスが加熱式タバコとして売り出した最初のモデルです。

逆に見かける機会も少なくなってきましたが、新型モデルに比べて安いからと言って購入してはいけないモデルです。

連続吸いができないのはもちろん、バイブレーション機能もなくバッテリーの持ちも悪いです。

アイコス2.4を購入する位ならアイコスの互換品か最新モデルを購入することをおすすめします。

 

アイコス2.4plus

f:id:mutant-tetsu:20190704170625j:plain

初期型アイコスの次に発売されたモデルです。

バッテリーの持ちが長くなったことと、吸い始め・吸い終わりにお知らせするバイブレーションが追加されました。

初期型と外見が非常に似ていますが、見分け方は簡単。

  • ランプが緑→初期型
  • ランプが白→2.4plus

こちらもアイコス3シリーズが発売されている今、出来れば3を購入することをおすすめします。

しかし、アイコス3への移行組が今まで使っていたアイコス2.4plusを格安で手放しているのでメルカリなどのフリマアプリでお得に入手できる機種でもあります。

 

アイコス3

f:id:mutant-tetsu:20190704170622j:plain

2.4plusの後に発売された最新モデルで、外見が大きく変わっています。

初めて3を見た時にはスタイリッシュになったな、と感じました。

バッテリーの容量も改善されており、ホルダーとチャージャーの接合部分にマグネットが採用されるなど細かい部分が改善されています。

後ほど紹介する3マルチもそうですが、価格は軒並み高いですね。

同じ加熱式タバコではグロープルームテックプラスなどの商品がありますが、それらよりも高く設定されています。

IQOS3の使い方まとめ。さっそく試してレビューしてみる – Capnos

アイコス3マルチ

f:id:mutant-tetsu:20190704170628j:plain

冒頭でも紹介したアイコス3マルチ。

  • アイコスシリーズで唯一、連続吸いができるモデル
  • アイコスシリーズで唯一、ホルダー・チャージャー一体型

これらの点からアイコスシリーズの中で、アイコス3マルチが1番使いやすいなと感じるわけです。

ネットではアイコス3マルチはアイコス3に比べてブレードが折れやすいという意見が散見されます。

 

私自身、友人も含めて周囲で6台ほど使っている人間がいますが、ブレード折れの経験はありません。

ただ、ネット上では3マルチは折れやすいという認識があるようです。

あえて、アイコス3マルチのデメリットを挙げるとすればそのような点でしょうか。

IQOS3マルチの使い方まとめ。さっそく試してレビューしてみる – Capnos

アイコス3DUO

アイコス3の後に発売されたのが、DUOという製品。

要は2回連続で吸うことができるアイコス3です。見た目やデザインもアイコス3とほぼ同じで、電源ボタンが1個から2個に増えただけなので見分けづらいです。

アイコス3を連続で使用したい、という人にオススメしたいところですが、連続吸いも2回までで価格も高いのでマルチをおすすめします。

新型IQOS3 DUO(デュオ)が発売開始!アイコス3との違いは?

 

機種によって味の違いはある?

f:id:mutant-tetsu:20190704170633j:plain

アイコス初期型やアイコス3の最新モデルの間で味に違いはあるのか?という点ですが、全てのモデルを体験した上で言えるのはモデルによって味の変化はないと感じています。

タバコ葉で味の変化が出るのは、加熱温度に変化があった時です。

低温で加熱すれば煙も少なくライトな味に。

高温で加熱すればキック感のある味に、といった具合です。

現在、発売されているアイコスは温度調整が出来ないので機種によって味に違いがあるということはありません。

 

ヒートスティックは全て互換OK

それぞれの機種が特長を持っていますが、ヒートスティックは互換性があるのでしょうか?

答えはイエス。

全てのモデルで同じヒートスティックを使用することができます。

ホルダーのスティックを差し込む部分の形状が一緒なので、互換性があるわけですね。

 

充電ケーブルは2.4⇄3で互換性なし

ヒートスティックは全てのモデルで使えますが、充電ケーブルにおいては2.4(2.4plus含む)とアイコス3では互換性があります。

これはアイコス3からUSB Type-Cが採用されたためです。

シンメトリーの形状なので、どの向きで挿しても合致するので以前のType-Bに比べると使いやすいので大歓迎なのですが。

ただ、公式ショップで購入した場合などコネクタが付いてくるのでこちらを利用しましょう。

 

まとめ

アイコスシリーズの全機種について比較しました。

実際に全て使用した経験から、現状はアイコス3マルチがオススメですね。

ぜひ参考にしてみてください。

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonで本家のアイコスをおさえて人気なのがHiTaste P6 miniというアイコス互換機。

  • 連続23本吸いが可能
  • 液晶パネルで温度調整・残り時間確認可能
  • アイコス3DUOのおよそ1/3の低価格

アイコスマルチでも連続吸いは10本までですが、P6 miniは23本。さらに重量はアイコス3の1/4と最軽量です。

タバコスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!

実機レビューはこちらで紹介しています。

  【レビュー】アイコス互換機HiTaste P6 miniを使ってみた感想

【関連記事】

アイコス互換機のおすすめはこれ!2019年のおすすめモデルを紹介