2019年1月29日から新型プルームテックプラスとプルームエスが発売されます。

同時に2種類発売となるわけですが、どこが違うのか?という点を掘り下げて紹介していきます。

 

新型プルームテックは2種類ある

新型プルームテックには2種類のデバイスが用意されています。

  • プルームテックプラス
  • プルームエス

形状も違いますが、そもそもの製品としての機能が大きく違います。

 

プルームテックプラスとプルームエスは何が違うのか?

それではこの2つのデバイスは何が違うのでしょうか?

下記に両者の違いを簡単にまとめると、プルームテックプラスは従来のカプセル型。プルームエスはIQOSと同じくスティック型となります。

プルームエスはスティックをデバイスに挿入して使用し、もはやIQOSと同じようなカテゴリとなります。

f:id:mutant-tetsu:20190118095653j:plain

ユーザーからするとどちらを購入すべきか悩むところだと思いますが、私は「臭い」と「吸い応え」のキーワードを意識すると良いと思います。詳しく紹介していきます。

 

プルームテックプラスをオススメしたいユーザー

f:id:mutant-tetsu:20190117133726p:plain

プルームテックプラスは従来のプルームテックのスタイルを継承しています。

カプセルを使い低温加熱で煙を極力抑えたモデル。

 

燃焼させないので灰もないし、煙も少ないので女性ユーザーを中心に支持されています。

旧型との違い、改善点は煙や臭いを抑えながらも吸い応えも改善している点です。

これらの理由からプルームテックプラスをオススメしたいユーザーは、

職場や家庭の環境で臭いを極力抑えたいユーザーにぴったりのデバイスではないでしょうか。

フレーバーもたくさんあり、自分好みのフレーバーを探すのも面白いですよ。

【全8種】プルームテックプラスのフレーバーの種類を総まとめ!おすすめフレーバーも紹介

 

プルームエスをオススメしたいユーザー

一方でプルームエスは高温加熱型のデバイスであり、カプセルではなくスティックを採用しています。

gloやIQOSを想像すると分かりやすいと思いますが、スティックを挿入して使用するスタイルになります。

プルームテックプラスに比べると煙や臭いが増加しますが、吸い応えが大幅に改善されています。

吸い応えを重視したいユーザーにオススメできるデバイスと言えます。

プルームの2台持ちも選択肢に

それぞれの特性がある新型プルームですが、あえての2台持ちも面白いかもと個人的には思っています。

職場などの事情で臭いが気になる人は日中はプルームテックプラスを。

 

帰宅してからは臭いを気にしなくて良いので吸い応えのあるプルームエスを、といたった具合です。

公式のオンラインショップで2台同時購入が可能なので、2台持ちの選択肢もいかがですか?

新型プルームテックプラスを購入する方法は?最新のプルームテックプラスを入手する方法を紹介

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

新型プルームテックプラスとプルームエスの違いをまとめました。それぞれのニーズに合ったものを選択してプルームライフを楽しみましょう!

 

【関連記事】

プルームテックプラスは互換カートリッジがおすすめ!賢くランニングコストを抑える

 

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonで本家のアイコスをおさえて人気なのがHiTaste P6 miniというアイコス互換機。

  • 連続23本吸いが可能
  • 液晶パネルで温度調整・残り時間確認可能
  • アイコス3DUOのおよそ1/3の低価格

アイコスマルチでも連続吸いは10本までですが、P6 miniは23本。さらに重量はアイコス3の1/4と最軽量です。

タバコスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!

実機レビューはこちらで紹介しています。

  【レビュー】アイコス互換機HiTaste P6 miniを使ってみた感想

【関連記事】

アイコス互換機のおすすめはこれ!2020年のおすすめモデルを紹介