タバコ代は年々上がっており、喫煙者にとっては財布にも厳しくなっています。

日本のタバコは世界と比べて高いのか安いのか?という点を海外のタバコ事情と比較して紹介します。

 

年々、高くなるタバコ代

タバコ増税によりタバコ代は年々高くなっています。

2000年頃には200円代だったタバコ代も現在では500円するように。

ほぼ、倍に値段は上がっています。

さらに受動喫煙防止条例により、喫煙者の肩身はますます狭く・・・

現在は煙の多い紙巻たばこから煙の少ないアイコスプルームテックに乗り換える人も多いですよね。

これからも、どんどんタバコは値上がりしていくことになるでしょう。

 

海外に目を向けると、日本のタバコは高いわけではない

「日本はなんてタバコが高い国なんだ!」と喫煙者から嘆き節が聞こえてきそうですが、世界に目を向けると日本は決してタバコが高い国ではありません。

海外には一箱2000円越えの国なんてあります。

f:id:mutant-tetsu:20190715133747j:plain

画像引用:Beer and cigarette city price charts – Business Insider

これは2015年をベースにしたタバコの統計ですが、トップはオーストラリア。

現在の為替で換算すると1500円ほど。

 

さらにオーストラリアは2020年まで毎年タバコ税を引き上げていくと発表しているので2000円越えはほぼ確定ですね。

日本はどちらかと言うと、下位に位置しています。

このチャートからも分かるように、決して日本のタバコは(世界的に見ると)高くないと言えます。

 

タバコの代替品になる製品は?

f:id:mutant-tetsu:20190625102551j:plain

とは言っても高いですよね笑

タバコの値上がり、健康リスクの懸念など様々な要因で国内の喫煙者は減少傾向にあります。

 

しかし、それとは別に成長市場として期待されているのは電子タバコ業界。

電子タバコには大きく分けて、アイコスなどの加熱式タバコとVAPEなどの電子タバコに分けれますが、どちらも好調なようです。

 

特に国内で販売されているベイプは法律の関係上、ノンニコチンの製品のみなので健康リスクを考える人にも人気なようですね。

そして、ベイプ はタバコに比べてランニングコストが圧倒的に安いので増税されればされるほど、VAPEにユーザーが流れていくのではと予想しています。

電子たばことは?アイコス との違いを絡めて紹介 – Capnos

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回、日本のタバコ代が高いのか安いのか?について紹介しました。

まあ、日本人としては年々高くなっているので決して安いとは言えませんね。

しかし、世界的に見ると安い方。これをラッキーとするかは本人次第ということでしょうか。

記事中で紹介したようにベイプ など紙巻タバコ以外の選択肢も検討してみてはいかがでしょうか?

VAPEとは?ベイプを使うことのメリットやデメリットもあわせて紹介 – Capnos

 

加熱式タバコユーザーにオススメのデバイス

Amazonで本家のアイコスをおさえて人気なのがHiTaste P6 miniというアイコス互換機。

  • 連続23本吸いが可能
  • 液晶パネルで温度調整・残り時間確認可能
  • アイコス3DUOのおよそ1/3の低価格

アイコスマルチでも連続吸いは10本までですが、P6 miniは23本。さらに重量はアイコス3の1/4と最軽量です。

タバコスティックがそのまま使えるので、乗り換えや2台目としてオススメ!

実機レビューはこちらで紹介しています。

  【レビュー】アイコス互換機HiTaste P6 miniを使ってみた感想

【関連記事】

アイコス互換機のおすすめはこれ!2019年のおすすめモデルを紹介